• 小林音楽教室 新宿教室
  • スタインウェイ
  • ストラディバリウス

東京(新宿・麻布・船堀)の音楽教室なら小林音楽教室トップ > コラム > フルートの選び方や初心者の音楽教室の活用について

フルートの選び方や初心者の音楽教室の活用について

フルートの選び方を知ろう


日本では音楽に触れる機会が多く、例えば義務教育課程においては音楽の授業があるので、楽器を演奏したり歌を歌ったりする機会が多くあります。基本的に義務教育課程ではピアノなどの楽器に触れる機会はありますが、フルートを演奏する学校は珍しく、大人の中には演奏をした経験のないまま、社会に出て働いている人も多いです。これから趣味を始める方や子供に習わせたいと考えている人もいるのではないでしょうか。まず、演奏をする前にはフルートを準備して音楽教室や自宅や専用施設で演奏するケースが多いです。そのためフルートの選び方を知りたいと考えている初心者の人も少なくないでしょう。
まず選ぶ際には管体素材を選択します。上級者向けの簡単素材には金や木があります。一方で初心者に向いている素材には白銅や洋銀、銀を挙げることができます。白銅の特徴は耐久性が高いことです。特に初めて持ち運びをする時は普段の生活の中で慣れていないので、落下させてしまうことも考えられますし、扱い方についての知識に不安があることもあって、耐久性の高いものを選ぶ人が多いです。更に管体素材の中でも白銅は価格が安いので、初心者に向いている素材であるとされています。
それから、フルートを購入する人の中には自分にこの楽器が合っているのかわからない人もいます。もし初めの段階から高額な製品を購入すると万が一続けることができなくなってしまった時に後悔をする人も少なくないでしょう。初心者の段階においてはまず安い白銅を選択する人も少なくありません。洋銀は銅とニッケルに亜鉛が加えられた管体素材で、音域のバランスが安定しているという特徴があります。銀は初心者だけでなく中級者にも選ばれることが多い素材で、音色に深みを付けることができたり表現の幅が広がったりするというメリットが存在しています。
管体素材だけでなくキイタイプも検討します。キイタイプにはカバードキイとリングキイがあります。カバードキイは息の漏れを防ぎやすいという特徴があります。一方でリングキイは響きのニュアンスを操作しやすいという利点が存在しており、取り入れたい特徴を吟味して選択キイタイプを選択される人も多いです。選択する時は足部管の検討もします。足部管にはC足部管とH足部管があります。C足部管は一番低い音がドまでになります。一方でH足部管はドよりも低いシまでの音を出すことができます。このような選び方を参考にして自分に合ったものを選択しましょう。

初心者の人は音楽教室に通おう


初心者から中級者になるためにはまず、演奏に関する知識や技術を習得しなければなりません。習得の仕方は限られていません。例えば趣味程度に行う人であればインターネットを活用して自分の知りたいフルートに関する知識や技術などを調べてそれを参考にして学び続けることができます。実際に独学から初めて知識を高める人も珍しくありません。
しかし、初心者の人の中には独学で学習にはハードルが高いと感じる人も少なくありません。初心者の多くは全く知識のない状態から始める人もいます。少しの知識があれば独学でもやる気を保ちながら学習を継続できる可能性がありますが、全く知識がない人は何から初めていいのかわからない人や、分からない点が複数カ所遭遇するので、調べる時間に大半を使用してしまい効率的に学習をすることができない人も少なくありません。
演奏の知識を学ぶために初心者の方の中には音楽教室で学ぶ人もいます。音楽教室と聞くとピアノを習うことをイメージする人もいますが、フルートやチェロなど音楽に関わりが薄い人が、触れる機会が少ない楽器においても技術を教えてくれるところもあります。当然ではありますが音楽教室で教えてくれる人はフルートに関する知識や技術を豊富に持っているのでわからないことに対してしっかりとアドバイスをくれます。また、技術の習得の仕方や学び方に関しても教えてくれるので、上達させるためのハードルを低くできる可能性があります。

フルートを学ぶために音楽教室の選び方を知ろう


フルートを学ぶために音楽教室に通いたいという方も少なくないでしょう。特に日本の主要都市においては点在しており、複数の候補の中から選択しなければならない人もいるので、選び方を紹介します。
選ぶ時はまず体験ができるといいでしょう。音楽教室の中にはレッスンの体験ができるサービスを提供してくれるところもあります。もし体験をすればどのような先生が教えてくれるのかや、施設内の設備や雰囲気はどのような感じなのかを知ることができるので、教室選びに活用することができます。
体験レッスンの申し込みに関しては音楽教室のホームページから行うことができます。選ぶ時にはアクセスの仕方などを調べて自分が通いやすい音楽教室を選択しましょう。また、イベントなどに参加をしたいという方はどのようなコンクールが行われているのかも確認します。また、料金に関しても入会をする前に事前に確認を行いましょう。

フルートの選び方や初心者の音楽教室の活用について|東京(新宿・麻布・船堀)の音楽教室なら小林音楽教室