• 小林音楽教室 新宿教室
  • スタインウェイ
  • ストラディバリウス

東京(新宿・麻布・船堀)の音楽教室なら小林音楽教室トップ > コラム > ボイトレ講師になるための条件や求人について

ボイトレ講師になるための条件や求人について

ボイトレ講師になるための条件について



現在、転職や就職を考えている方の中には音楽関係の仕事に就きたいと考えている方もいるのではないでしょうか。いつの時代においても音楽を趣味にしている方は数多く存在します。そのため、音楽を趣味にしている方の中には本格的に習ってみようと考える方も少なくないでしょう。

基本的に教室に通う際には、自宅から近いところを選択する方が多く見られます。何故なら通いにくいところを選択すると習い続けることが難しくなるからです。最近では、各地に音楽教室が点在しており習いやすい環境が整っています。しかし、音楽教室の中には肝心の講師不足に陥っているところが多くあります。生徒が増えると講師を補充しなければなりません。習いやすい環境を生徒に提供するのが音楽教室の役割です。そのため、人材を求めている音楽教室では教室のホームページなどで求人を掲載しています。もし音楽に関する仕事に就きたいと考えているのであれば、音楽教室のボイトレ講師を検討してみてはいかがでしょう。ボイトレ講師になるためには、教室側が提示する募集条件をクリアされた方が面接へ応募するのが一般的です。では、求人の募集条件にはどのようなものが提示されているのでしょうか。

例えば、教室の理念に共感できるかどうかです。学校に教育理念があるのと同じく音楽教室にも理念を掲げています。理念に従うことが難しいようであれば、教室が提供したい教育を指導することが出来ないため、各講師が力を合わせて教室を運営していくことが困難となるでしょう。応募する際にはホームページなどから理念を確認し、共感できるかどうか自問自答されてみてはいかがでしょうか。

その他の条件としては、音楽大学を卒業してボイトレ講師などの経験がある方、又は目指したい方です。生徒に教える際には実際に音楽の知識が求められるため、音楽大学などの教育機関を卒業している方が対象となります。また、ボイトレ講師の経験がある方は、率先力となるためスムーズに教室で生徒に指導することが出来るでしょう。また、目指したい方であれば意欲が高いと想定されます。意欲があれば教えたことに対して自分で吸収し早い期間で生徒に適切な音楽に関する知識を指導出来るようになるでしょう。

また、ボイトレ講師は生徒に指導することだけが仕事ではありません。例えば事務作業をしなければならないこともあるでしょう。事務作業をする際にはパソコンを使用してエクセルやワードなどのソフトを立ち上げて入力することになります。現代の社会においては多くの企業がパソコンでの操作を必要としています。それは音楽教室も同様になります。

募集条件に関しては週二回以上働けるかなどといった勤務日数における条件もあります。出来るだけ幅広いシフトに対応できる方を採用することによって人手不足を補うことが可能となるため勤務日数を指定している音楽教室は数多く存在します。



ボイトレ講師の業務や報酬、募集の仕方について



ボイトレ講師になるためには事前に業務内容について理解しておくことで、採用された後の参考となることもあるでしょう。基本的な業務として当然ではありますがボイストレーニングを生徒が理解できるように教えることが重要となります。様々な年齢層やレベルの生徒に対して指導することになるため、事前に確認しておくことをお勧めします。

また、音楽教室によっては正社員としてではなく個人事業主として業務委託契約を交わす教室もあります。これによって生徒を教える役割を音楽教室側から一任されることになります。

報酬に関しては担当するクラスや専門的知識、音楽の能力によって異なります。そのため報酬は音楽教室側が決定することが多いです。試用期間中については報酬の規定が異なるため、予め教室の運営者に相談しておきましょう。交通費に関しては支給がある音楽教室が多くなっています。

求人の応募方法は教室によって異なりますが、現代ではメールでやり取りをする教室もあります。ホームページに記載されているメールから必要事項を添えて送信します。書類選考、筆記試験、実技試験などに合格すれば仮採用が決定します。



ボイトレ講師の求人について



ボイトレ講師の求人に関しては、音楽教室のホームページから直接探して応募をすることが多いでしょう。募集状況に関しては同じく音楽教室のホームページから確認することが可能です。例えば緊急募集をしている場合は急募などの記載がされています。採用人数や募集職種なども確認できます。ボイトレ講師だけでなく、ヴァイオリン講師やフルート講師なども募集しているので、元ヴァイオリニストやフルート講師の経験がある方も応募して転職することができるでしょう。

ボイトレ講師の実技試験においては声楽演奏、ピアノ演奏、新曲視唱です。一次試験までに演奏曲リストを提出します。暗譜は必要ない音楽教室もありますので事前に確認することをお勧めします。

ボイトレ講師になるための条件や求人について|東京(新宿・麻布・船堀)の音楽教室なら小林音楽教室