• 小林音楽教室 新宿教室
  • スタインウェイ
  • ストラディバリウス

東京(新宿・麻布・船堀)の音楽教室なら小林音楽教室トップ > コラム > 初心者におすすめのヴァイオリンについて

初心者におすすめのヴァイオリンについて

楽器を趣味にするメリット


ピアノやヴァイオリンなどの楽器を趣味にする人がいます。これは、楽器が楽しいという以外にも様々なメリットがあることが理由です。そこで、今回は楽器を趣味にするメリットを紹介します。
まず、楽器の種類には、打楽器・弦楽器・管楽器などがあり、それらの中から自分に合ったものを選ぶことができます。また、楽器に対して演奏が難しそうなどの理由で、敷居の高いイメージを持つ人がいますが、多くの楽器は音を出すことは簡単です。練習次第で簡単な曲なら早い段階で演奏出来るので、初心者の方でも手軽に取り組めます。それに、選択肢が豊富にあることで、途中で諦めたり、飽きたりしてしまった場合にも別の楽器を楽しむことが可能です。また、楽器は一人でも複数でも楽しむことができるのです。一人の場合は、練習を重ねることで上達する実感がわいてきたり、演奏する曲のレパートリーが増えたりすることにより、楽しさが増します。複数の場合は、グループに参加することで共通の趣味を持つ人に知り合うことが出来ます。グループで演奏する楽しさや他の楽器の演奏を聴くことにより新たな楽器を発見することも出来ます。
このように、楽器は趣味として大きなメリットがありますので、興味のある方は長く続けていくためにも、楽器ショップで色々な楽器を試してみたり、コンサートやイベントなど楽器を演奏する場所に足を運んだりして、自分に合う楽器を見つけてみましょう。

独学とレッスンの違いについて


ヴァイオリンやピアノなどに憧れを持ち、聞くだけではなく、演奏してみたいと思っている人も多いのではないでしょうか。楽器を演奏するにあたり、学習方法には大きく分けて二つの選択肢があります。それは、自分で本・動画・サイトなどを利用して独自に学習する独学と、音楽教室などで専門の人から指導してもらえるレッスンの二つです。この二つには、それぞれメリットとデメリットがあります。よって、選ぶ時に目的を明確にしないと、時間を有効的に使うことができません。そこで、この章では独学とレッスンについてお話します。
まず、独学です。独学の大きなメリットは手軽にできることです。最近は、動画やサイトで練習方法を見ることが出来ますし、本などを参考に自宅で気軽に学ぶことも可能です。しかし、デメリットもあります。それは、一度難しいところで詰まったらなかなか抜け出せないことです。ある程度楽器の知識があれば良いですが、まったくの初心者となると、分からない所で止まってしまい、なかなか抜け出せなくなってしまうことがあります。また、学習方法も問題で、正しい方法で練習していれば問題はありませんが、間違った知識のまま続けていると変な癖がついてしまい、直すために大幅な時間を取られることもあります。ですから、独学の場合はよく調べてから行いましょう。
次にレッスンです。レッスンの最大のメリットは、疑問点を質問出来ることにあります。独学とは違い、分からないところがあれば質問出来るので、大幅に時間を短縮することが出来ます。また、プロの方に教えてもらえるので、基礎から実用的なことまで正しく教えてもらうことが可能です。他にも、設備面について自宅で独学をしていると騒音などを気にして、思うように練習ができないということも出てくるかもしれません。しかし、音楽教室であれば防音設備が整っているので、気兼ねなく練習が出来るうえ、機材を借りることも出来るので、楽器を所持していない場合でもレッスンを受けることが可能なのです。
以上のように、独学とレッスンには違いがありますので、選ぶ際には動画やサイトなどを参考に、どちらが自分に向いているかを考えましょう。音楽教室には費用も掛かりますので、体験レッスンなどを活用して、検討することをおすすめします。

ヴァイオリンについて


音の表現幅が広く、多彩な音を奏でることができる楽器、それがヴァイオリンです。ヴァイオリンは、楽器としての難易度が高く、音を出すことができても、初心者の人が演奏をするとなると、数年以上掛かることもあります。しかし、演奏できるようになると達成感もありますし、一つの大きなスキルになります。
ヴァイオリンの特徴は音です。音の大きさでいうと、ギターの2倍も音が響きわたります。その作りは中が空洞で、弦を弓で引いた振動が駒を通って表面や裏面に伝わり、空洞内で音が共鳴して音を出しています。カーブの角度や素材の厚み、駒の状態などで音色が変わるので、ヴァイオリンによって音が違うわけなのです。また、いろいろな人の演奏を聴くとよくわかるのですが、弾く人によって違った音色を楽しむことができます。価値も様々で数万から手に入る物もあれば、貴重で高価なものなどは数億にもなるほど、楽器としての価値だけでなく美術品としての価値もあります。
以上がヴァイオリンです。敷居は高いですが、とても良い楽器ですので一度挑戦してみてはいかがでしょうか。

初心者におすすめのヴァイオリンについて|東京(新宿・麻布・船堀)の音楽教室なら小林音楽教室