• 小林音楽教室 新宿教室
  • スタインウェイ
  • ストラディバリウス

東京(新宿・麻布・船堀)の音楽教室なら小林音楽教室トップ > コラム > 大事なバイオリンの顎当ての正しい使い方

大事なバイオリンの顎当ての正しい使い方

バイオリンの顎当ては、構える際に顎を乗せるためのパーツです。形状や素材には様々なものがあり、自分に合ったものを利用することが大切です。使用方法によっては、変えることで肩こりを解消できたり、演奏感にも大きな影響を与えます。
その役割とは、弓の動きに合わせてグラグラ揺れるのを防ぐこととが目的です。
現在使っているものが自分に合っていないと感じていても、取り付けかたなどによって、そういった問題が解消されることがあります。
登場した当時はなかったので、胸に当てて演奏していましたが、より演奏しやすくするために後から開発されたパーツです。
バイオリンの顎当てには、基本的に木材が使用されていて、エボニーやツゲ、ローズウッドなどがあります。一般的には糸巻やテールピースなどの素材と統一します。
安価なものだと、ABS樹脂製のものもあり、音響特性や見た目で木製のものには劣りますが、清掃しやすいというメリットがあります。
また、金属アレルギーや木材アレルギーの人のためにアレルギー対策が施されているものもあります。
顎当ては本体に金具で挟み込まれるように固定します。使用していくうちに固定が緩んで外れてしまうこともあるので、常にメンテナンスをしておくことが大切です。
バイオリンに顎当てを装着する際には、顎当ての金具には縦長状のねじ式で、縦長の金具の小さな穴に細い棒を差し込み、金具を回して緩めたり締めたりしますが、穴に差し込みすぎるとボディに傷がついてしまいます。最悪の場合には割れてしまうこともあるので、締めすぎないようにしなければいけません。
基準としては、手で触ってみてがたつかない程度が目安となります。
交換作業を行う際に、薄いコルクが挟んであることが多くあります。コルクが壊れたり劣化するボロボロになってしまうので、文房具屋やホームセンターなどで購入することができるコルクシートを切り交換できます。
古いコルクがボディに付着した場合は、ニスを傷めないようにコルクを削り取ります。
顎当てとテールピースが接触してしまっている場合は、特定の音の響きを止めてしまうことがあり、使用している間にずれてそうなってしまうこともあるので、位置は常にチェックをしておく必要があります。
バイオリンを利用する際に、案外大事な部分なので、自分の体のためにも、バイオリンのためにもきちんといた使い方で、自分に合ったものを利用することがとても大切です。

大事なバイオリンの顎当ての正しい使い方|東京(新宿・麻布・船堀)の音楽教室なら小林音楽教室