• 小林音楽教室 新宿教室
  • スタインウェイ
  • ストラディバリウス

東京(新宿・麻布・船堀)の音楽教室なら小林音楽教室トップ > コラム > 麻布でヴァイオリンレッスン。あんさんぶるも学べます。

麻布でヴァイオリンレッスン。あんさんぶるも学べます。

麻布でヴァイオリンレッスンを…。 クラシック音楽では常に主役のヴァイオリン。ヴァイオリンは年齢に関係なく楽しめる楽器です。いつか奏でてみたかった、という大人の初心者の方でも、構え方、弓の持ち方、ボウイング、左手の使い方などの基礎から十分に学ぶことができます。麻布のヴァイオリンレッスンでは大人の初心者でも曲が弾けるようになりますので安心してください。 ヴァイオリンを習うと頭が良くなるということが昔から言われています。音楽は幼い子供達の脳の発達に影響する、という研究結果も発表されています。 研究者達によると、音楽のレッスンを受けた、 4歳~6歳の年齢の子供達は、音楽に対する敏感さだけでなく、読み書きの能力や、話し言葉の記憶、空間の把握、数学、IQというような、一般的に知能と関連する分野の記憶テストでより良い成績をおさめるのだそうです。 また、子供に見本となる音楽を聞かせ、それをそっくりそのまま再現できるようになるまで、何度も演奏を繰り返させるという訓練法があります。子供に、バイオリン演奏の完全なコピーが要求されるのですが、聴音の際の集中、捉えた音の細部の把握、それを再現する為の演奏に要求される技法の習得、といったものが必要とされるのです。 これらを行うことによって、子供がお手本とそっくり同じ演奏を「学ぶ」事が、実際に脳に良い変化をもたらしているのです。 ドイツの大学での研究によると5歳または10歳までにヴァイオリンを始めた人は大脳皮質の感覚情報を処理する領域が広くなり、14歳以降に始めた人の大脳皮質のその領域はそれほど広がりはなく、ヴァイオリンを開始する時期が早ければ早い程、練習の繰り返しによって脳が刺激されるのです。これはヴァイオリンに限らずピアノもヴァイオリンと同じように左手小指を使いますから、練習の繰り返しで脳が刺激される点は、同じ事が言えます。 麻布のヴァイオリンレッスンでは専門志向の方にも、豊かな表現力とワンランク上の演奏技術を身につけて頂けます。そしてせっかく曲が弾けるようになったら、ぜひヴァイオリン同士でのあんさんぶるの醍醐味を味わいましょう! あんさんぶるはヴァイオリン同士で行うものだけではなく、ヴィオラ、チェロを中心とした弦楽あんさんぶるを弾ける曲も多数あります。あんさんぶるは初めは難しいと思われるかもしれませんが、お互いに上手く合わせて弾けたときは感動もひとしおです。

麻布でヴァイオリンレッスン。あんさんぶるも学べます。|東京(新宿・麻布・船堀)の音楽教室なら小林音楽教室