絶対音感レッスン

絶対音感クラス」で実施する絶対音感レッスンに関して、絶対音感の解説と絶対音感の目指すもの、絶対音感の学習効果について説明します。

絶対音感とは?

絶対音感

絶対音感とは、事前に基準音が提示されるなどの助けを借りずに音の高さを即座に音名で把握することのできる感覚のことです。ある程度音楽経験のある人は、2音間の音の高さの違いや基準音が提示されたときに音名を把握することができる場合がありますが、それは「相対音感」といいます。相対音感はある音と比べて別の音がどの程度高いか低いかという相対的な音感ですが、絶対音感の場合は任意の音の音高を直接的に認識します。絶対音感保有者は、譜例のようなランダムな音列を高精度で言い当てることができます。

絶対音感の習得のために

絶対音感のレッスンは「絶対音感」の習得が目的の特別なレッスンです。絶対音感の習得のためにはいくつか条件があります。

  • できるだけ年齢が低いうちに訓練を開始する
    ⇒ 習得の確率が高まる
  • 自宅で毎日数回(1回数分)の練習を継続する
    ⇒ 親が練習を見てあげる必要がある
  • 自宅にピアノまたは電子ピアノを用意する
  • 絶対音感学習の妨げになる状況の排除
    ⇒ 相対音感の練習等、調性感を意識させるような状況をさける

絶対音感レッスンの方法

絶対音感

前記のとおり、絶対音感習得にはいくつかの条件や注意点がありますが、それらをクリアすることで着実に身に着けることが可能です。具体的なレッスン方法としては、広く実績のある方法として知られる「和音判別の訓練方法」による「個人レッスン」で実施します。この方法のレッスンプロセスの概要は右図のとおりです。個人レッスンで行う理由は、音に集中する環境が必要であることと個別の学習状況に対応するためです。

絶対音感習得のためには、自宅での練習が一番大切です。レッスンは練習の状況のチェックとサポート、次のステップへの移行のタイミングの判断を行っていきます。

絶対音感の効果と可能性

絶対音感のある人の能力は、絶対音感がない人からみると驚異的ともいえます。ランダムに鳴った音をすぐに言い当てたり、楽譜がなくても聴いただけで音を楽譜に書けたり曲が弾けたり・・・。絶対音感は音楽をする上で強力なツールであることは間違いありません。

絶対音感は様々な可能性につながる能力であることは確かですが、絶対音感の有無は音楽能力全体のごく一部です。音楽家として一流になるために必須の能力であるということでもありません。音感に限っても、絶対音感よりむしろその後の相対音感の勉強の方が音楽的には重要になりますし、さらには音感に限らずソルフェージュ全般の能力が重要です。

ただ、相対音感やソルフェージュについてはある程度の年齢になってからでも身につけていくことはできますが、絶対音感を身につけることのできるチャンスは幼児期に限られています。以前は、絶対音感は才能のある一部の人のみが持つ能力とみなされていましたが、現在では正しい訓練によって身につけることのできる能力であることが分かってきています。

※(補足)絶対音感を訓練で身につけるためには、一般的に幼児期の訓練が必須といわれていますが、それ以上の年齢だと絶対に身につかないと証明されているわけではありません。

体験レッスンについて

レッスンの内容や教室の雰囲気などを実際に体験していただけます。体験レッスンは、15分コース(2000円・税抜)、30分コース(4000円・税抜)のいずれかをご選択いただくことができます。以下のフォームから約3分で簡単に安全にお申込いただけます。

入会に関するご質問・ご相談等についても承っております。レッスン料金等については、レッスン料金等の体系についてをご覧ください。ご不明点などについては、まずは、よくある質問(FAQ)をご覧いただき、解決しない場合は、お問い合わせフォームからお問い合わせください。

体験レッスン申込はこちら