ピアノレッスン(選曲編)

選曲

ピアノレッスン(選曲)

テクニックを発展させ、表現力を身につけられる様々なタイプの作品に取り組んでもらいます。クラシック音楽は、いろいろな時代や国の膨大な数の作品を含んでおりますが、これまでのピアノレッスンでは、伝統的に使用されてきたごく一部の作品を取り上げることに留まってきました。

クラシック音楽の作品の時代区分について、一般的に「バロック時代」、「古典派時代」、「ロマン派時代」、「近現代」の4期に分けることができます。当教室では、なるべく早い時期から4期の各時代の偉大な作曲家の作品にバランスよく取り組めるような指導方針をとっています。バッハやシューマン、チャイコフスキー、バルトーク・・・偉大な作曲家たちは自分の子どもたちや弟子たちに沢山の愛情のこもった作品を残しました。こうした作品は、学習者の想像力を膨らませ、無理なく成長していけるような作品になっていると言われています。

また、それぞれの時代背景、作品の特徴や様式なども勉強していきます。様々なタイプの作品に出会うことは、音楽に対する柔軟で幅広い感性を養います。また、クラシック音楽の楽しさ、素晴らしさを発見していくことにもつながります。