ソルフェージュレッスン

視唱

ソルフェージュ

視唱とは、楽譜を見て音程やリズム等を正しく階名(ドレミ)で歌えるようになるための勉強です。視唱は音楽を学ぶ上で一番の基礎ということになります。声楽を学ぶ人だけでなく、すべての楽器、作曲を学ぶ人にも大切な勉強です。

視唱の勉強を通じて、自分の声と耳で正しい音程やリズム等を感じることができるようになります。演奏をする上でも、表現力を身につけるために必要な勉強です。当教室では、視唱の勉強を初歩の段階から継続して勉強していきます。

聴音

聴音とは良い音感を身につけるための勉強です。「演奏」が楽譜を見て音にするのに対して、「聴音」は音を聴いて楽譜にするということになり、演奏と聴音はちょうど逆の関係になります。耳だけで拍子、音程、音価などを正確に判断できなければ五線紙に書きとることはできません。そのため、聴音の勉強を通じて、実際の音と楽譜との関係を理解できるようになっていきます。

聴音には、大きく分けて旋律聴音と和声聴音があります。旋律聴音はピアノで弾いた旋律を聴いて五線紙に書き取ります。1つの旋律を聴き分ける聴音を単旋律聴音、同時に演奏される複数の旋律を聴き分ける聴音を複旋律聴音といいます。和声聴音は、ピアノで弾いた和音(例えばドミソ、シレソ等)を聴いて、音を当ててもらったり五線紙に書き取ってもらったりします。さまざまな和声の響きを聴き分ける訓練ということになります。

聴音の経験が全くない方でも、訓練を重ねることによって徐々に音の高低や和音のパターンを正しく聴き分けられるようになってきます。旋律聴音と和声聴音の両方を学習することで、音楽全体を聴き分け、音の構造を理解する力が身に付いていきます。こうした力は、演奏する上でも音を聴く集中力や音をしっかりイメージすることにもつながり、表現力の上で大きな効果をもたらします。

聴音の力を身につけるためには継続した訓練が必要です。当教室のレッスンでは、聴音の勉強を初歩の段階から継続して勉強していきます。

体験レッスンについて

レッスンの内容や教室の雰囲気などを実際に体験していただけます。体験レッスンは、15分コース(2000円・税抜)、30分コース(4000円・税抜)のいずれかをご選択いただくことができます。以下のフォームから約3分で簡単に安全にお申込いただけます。

入会に関するご質問・ご相談等についても承っております。レッスン料金等については、レッスン料金等の体系についてをご覧ください。ご不明点などについては、まずは、よくある質問(FAQ)をご覧いただき、解決しない場合は、お問い合わせフォームからお問い合わせください。

体験レッスン申込はこちら