講師プロフィール(作曲)

林 達也 Hayashi Tatsuya 作曲マスタークラス講師

林 達也 Hayashi Tatsuya
作曲マスタークラス講師

作曲家、ピアニスト。東京藝術大学音楽学部ソルフェージュ科准教授を経て、現在同大学音楽学部作曲科准教授。

東京藝術大学音楽学部作曲科在学中に日仏現代音楽コンクールで第1位。その他、朝日作曲賞、神戸フルート作品国際コンクールなど多くのコンクールに入賞、入選。故アンリエット・ピュイグ=ロジェ女史の薫陶を受け、フランス政府給費留学生として、パリ国立高等音楽院において、エクリチュール(和声、対位法、フーガ)、作曲、ピアノ伴奏、歌曲伴奏、クラヴサン、通奏低音、管弦楽法のクラスに学ぶ。同音楽院を1等賞で卒業、パリ エコール・ノルマル音楽院ピアノ科最高課程を首席で卒業。マルメゾン市立音楽院でプリ・ヴィルトゥオーゾ賞。 フランス各地でリサイタルや室内楽活動をおこない、帰国後もリサイタル、器楽、声楽の伴奏および現代音楽の演奏などをおこなう。

CDにヴァイオリニスト戸田弥生との共演による『子供の夢』(オクタヴィア)、著書に『バッハ様式によるコラール技法』(共著、音楽之友社)、『あなたがピアノを続けるべき11の理由』(共著、ヤマハミュージックメディア)などがある。

日本ソルフェージュ研究協議会前理事、翼の会(NHK邦楽技能者育成会49期卒業生有志による)音楽監督、浜松国際ピアノアカデミー(音楽監督:中村紘子)コンクール ピアノ伴奏者。平成25年に『新しい和声』 を出版、東京藝術大学及び附属高校の教科書として新規に使用されている。

渡辺 愛 Watanabe Ai 作曲・ソルフェージュ講師

渡辺 愛 Watanabe Ai
作曲・ソルフェージュ講師

東京音楽大学作曲専攻卒業、同大学院作曲専攻修了。パリ国立地方音楽院 電子音響音楽作曲科およびエクリチュール科卒業。現在、東京芸術大学大学院音楽文化学専攻・音楽音響創造博士後期課程に在籍。

2台のヴァイオリンとチェロそしてピアノの作品が第一回学長賞、ピアノとオーディオの混合作品がTEM主催・JAPAN 2011(イタリア)受賞。器楽作曲・サウンドデザイン・即興・空間音響とその手段は多岐に渡り、ダンス・映画音楽にも作品を提供。入江悠監督作品「JAPONICA VIRUS」はDVDリリースされている。移動式音楽喫茶『秋福音』やフレンチ・ノイズユニットBOLITZなどにも度々参加。Trio HaikuとしてCD「empreintes irregulieres」リリース。

教育分野においては、大学時代より個人指導を開始しており、これまでに初心者から受験生まで幅広いレッスンの実績がある。

皆様へのメッセージ
「作曲って大変そう」「理論って難しそう」いいえ、そんなことはありません。音楽を聴き、感じ、表現してみたいという気持ちさえあれば始められます。音楽はいろんな気分にさせてくれます。楽しい気分、切ない気分、踊りたい気分、癒しの気分…それには全て理由があり、基礎的な理論をおさえながら曲を読みこんでいくことで、その謎がみるみる解けていきます。思いや気分を音にして、自分を表現してみませんか?作曲の楽しさを、一緒にわかちあいましょう。

蛯子 浩二郎 Ebiko Kojiro 作曲・ソルフェージュ講師

蛯子 浩二郎 Ebiko Kojiro
作曲・ソルフェージュ講師

幼少よりヴァイオリンを学ぶ。桐朋学園大学音楽学部作曲理論学科卒、同大学研究科修了。

作曲を西岡龍彦、金子仁美の各氏に、和声、対位法、学習フーガ等を鈴木静哉氏に、ピアノを金澤希伊子氏に師事する。

2011年、及川音楽事務所オーディションに合格。第17回東京国際室内楽作曲コンクール入賞。調性音楽、無調音楽、共に作曲する。

現在、桐朋学園大学音楽学部/桐朋女子高等学校音楽科 非常勤講師。

皆様へのメッセージ
作曲はどのように始めるのか?と考える方もいるでしょう。しかし、きっかけや適切な勉強法に出会えば、出来るものです。「個性」は音楽の軸でしょう。しかし、それらは元々皆様それぞれ持っているものと思います。私のレッスンでは、むしろ、「アイデアがある事を自覚しているが曲という形にする方法が分からない。」「作曲してみたい、しかし自分にアイデアはあるのだろうか?(この場合、アイデアは潜在的に持っている方々だと思います)。」といった方々に、まずは、「曲という形にする事」の手助けからさせていただきたいと思っています。「個性」は自ずと現れてくるものであると信じています。和声や形式的考え方等は重視し、楽曲分析しつつ作曲していきます。作曲のレッスンにおいても必要に応じレッスン内でソルフェージュも行います。経験者の方々にも、「基礎を見直してさらに力をつける」事の手助けを行っていきたい、と思っております。

河田理奈 Kawada Rina 作曲・ソルフェージュ講師

河田 理奈 Kawada Rina
作曲・ソルフェージュ講師

東京芸術大学音楽学部作曲科卒業、同大学大学院音楽研究科修士課程作曲専攻修了。

6歳より作曲を始める。ヤマハ・ジュニアオリジナルコンサート及びシティコンサート等に数多く出演。 2004年 CD「ヤマハ・ジュニアオリジナルコンサート作品集」に作品が収録される。2013年 及川音楽事務所第27回新人オーディション・最優秀新人賞(第3位)受賞。2013年 東京国際藝術協会主催・TIAA第14回全日本作曲家コンクール・室内楽部門第3位受賞(1位、2位は該当者なし)。

これまでに作曲を、川井學、野平一郎、土田英介、西村朗の各氏に、ピアノを中尾純、佐藤俊の各氏に師事。現在、東京と名古屋を中心に活動中。

皆様へのメッセージ
美しい音楽を美しいと思える感性を磨きながら、一緒に音楽を楽しんでいきましょう。確実な基礎を身につけ、技術を磨きながら、自分だけにできる音楽表現を開花させていけるようにサポートしたいと思います。

神田 晋一郎 Kanda Shinichiro 作曲・ソルフェージュ講師

神田 晋一郎 Kanda Shinichiro
作曲・ソルフェージュ講師

作曲家・ピアニスト・モジュラーシンセサイザー奏者。『音樂美學』主宰、即興演奏を制御するための作曲と演奏を試みている。ジャズ・ポップスからアヴァンギャルドなスタイルまで、幅広く演奏・作曲している。

学生時代は東京学芸大学ジャズ研究会で腕を磨き、在学中からジャズピアニストとして活動。2001年から 5年間、東京ディズニーシー「S.S.コロンビア号ダイニングルーム」にてレギュラーピアニストを勤める。演劇・バレエ・ミュージカル・映像作品等の音楽も数多く手がけ、UmpTempカンパニーでは2009年からの4年間に8本の音楽劇を作曲。舞踏やパフォーマンス、美術などとのコラボレーションも積極的に行っている。 Bishop RecordsからリリースしたCDが4タイトルある。2010年の『種子の破片』(Bishop Records, EXFV003)ではヒグチケイコ(vo)と共演、ジャズにおける「歌」の解体と再構築を試みている。

皆様へのメッセージ
どんな音楽がやりたいのかは人によって違いますから、作曲や演奏に必要となるスキルもそれぞれです。 まずは、何がやりたいのかを相談しながら明確にしていきましょう。その音楽を身につけて作曲できるようになる近道を考え、お手伝いをさせていただきたいと思います。

村上 玲子 Murakami Reiko 作曲・ソルフェージュ講師

村上 玲子 Murakami Reiko
作曲・ソルフェージュ講師

東京芸術大学音楽学部作曲科卒業、同大学大学院音楽院音楽研究科修士課程作曲専攻修了。中学校教諭一種免許状(教科「音楽」)、高等学校一種免許状(教科「音楽」)取得。

第14回現音作曲新人賞、第20回現音作曲新人賞にいずれも入選。これまでに作曲を小島佳男、故北村昭、松本日之春、野田暉行の各氏に師事。代表作は『風籟』『Puzzlement for Flute solo』『尺八と二十弦箏のためのふたつの小品』『春の断章』など。

音楽大学付属高等学校での理論・ソルフェージュ講師や個人レッスンなど、近年は教育活動に力を入れ、初心者から受験生まで幅広い指導経験を持つ。 生徒ひとりひとりに合わせた自作の教材を取り入れるなど、きめ細かな指導に定評がある。

皆様へのメッセージ
「どうしたら作曲が出来るの?」と、よく尋ねられます。作曲はとても難しく不思議なことのようにとられわれがちですが、決してそうではありません。それは例えるなら文章を書くことに似ていると思います。単語を知り、文字が書き、文法を身につけ…とひとつひとつの積み重ねを経て文章が書けるようになるのと同じように、音楽もソルフェージュ、和声学、対位法など、丁寧に段階を踏んで学ぶことで、作品として作り上げる力がおのずと身についていきます。 思いを音に託し表現できる喜びは何にも代えがたいものです。音楽に親しんでいて良かったと心から感じられますよう、優しくご指導いたします。