講師プロフィール(ピアノ)

横山 幸雄 Yokoyama Yukio ピアノマスタークラス講師

横山 幸雄 Yokoyama Yukio
ピアノマスタークラス講師

日本を代表する若き巨匠。90年パリ国立高等音楽院卒業。同年、ショパン国際コンクールにおいて、歴代の日本人として最年少入賞を果たす。以来、人気実力ともに常に音楽界をリードするトップアーティストとして、確実に自己の道を歩みつづけている。

活動は、古典から近現代まで圧倒的な幅の広さを誇り、内外の一流オーケストラや著名アーティストとの共演も多数。これまでソニーより18タイトルのCDがリリースされており、文化庁芸術祭レコード部門優秀賞、国際F.リスト賞レコードグランプリ最優秀賞など栄えある賞を受賞。また、作曲家としても魅力ある作品を発表し、楽譜の校訂や単行本の出版など、執筆の分野においても示唆にとんだ著作を残している。

上野学園大学教授、エリザベト音楽大学客員教授として、後進の指導にも意欲的にあたっている。

当教室主催公演「横山幸雄ピアノ・リサイタル~様々な時代をめぐって」に出演

大井 和郎 Ohi Kazuro ピアノマスタークラス講師

大井 和郎 Ohi Kazuro
ピアノマスタークラス講師

東京生まれ。米国シンシナティ大学音楽院にて修士、学士取得。

ユージン・プリドノフに師事。エリザベスハーパーコンクール第1位、McElroyコンクール第1位、イレーヌティントナーコンクール奨励賞、オスカーフィリップスティール賞など受賞。現在、ソリストとして各地でコンサート活動を行っている。

CD録音は、東芝EMIより“ダンテを読んで”、徳間ジャパンより“クーラウソナチネ集”、“ハチャトリアン小品集(仮面舞踏会他)”をリリース。2001年の1月には、“パガニーニエチュード完全盤”をリリースし、レコード芸術誌特選盤、文化庁芸術祭ノミネート作品となった。2003年6月に、“乙女の祈り名曲集”をリリース。同年の12月21日には、”リスト・超絶技巧練習曲集 初版、第2版、第3版”をリリース。そして、2004年10月には「リスト 巡礼の年」をリリース。2007.アニメ盤「のだめカンタービレ」「のだめオーケストラ」STORY!(ソニー)に、リストの「メフィストワルツ」などを収録。2009年、カメラータトウキョウより「ヴェルディのオペラによるパラフレーズ集」をリリース。このCDはイギリスのラジオステーションOttavaで放送された。「ヴィルトゥオーゾ(超絶的な演奏技巧を持った名演奏家)本来の意味を感じさせる演奏」と、各誌で高い評価を得ている。また、2005年より月刊誌「レッスンの友」に、ポリフォニーについて7年間連載。現在カナダのラジオステーション「カームレディオ・フランツリスト」においてCDをオンエアー中。2015年10月14日より、「知られざるロシアのピアノ曲」をハイレゾ音源で配信開始。2016年7月「知られざるロシアのピアノ曲」CDをアマゾンレコードよりリリース。

PTNA(全日本ピアノ指導者協会)正会員。

松尾 建瑠 Matsuo Takeru[主任講師]ピアノ・ソルフェージュ講師

松尾 建瑠 Matsuo Takeru
[主任講師]ピアノ・ソルフェージュ講師

東京芸術大学音楽学部附属音楽高等学校卒業

東京芸術大学音楽学部器楽科ピアノ専攻卒業

学内にてピアノ専攻最優秀学生に贈られる「アリアドネ・ムジカ賞」受賞。芸大モーニングコンサートに出演。卒業時に同声会新人賞受賞。第16回宝塚ベガ音楽コンクール第2位、第5回かずさアカデミア音楽コンクール第2位、第1回野島稔・よこすかピアノコンクール第2位。

これまでに、片岡みどり、杉本安子、田辺緑、石井克典、播本枝未子の各氏にピアノを師事。現在、後進の指導にもつとめている。

皆様へのメッセージ
音楽という字は、「音」を「楽しむ」と書きます。その字の通り、楽しくピアノが上手になれる様に、みなさんそれぞれの個性に合わせて分かりやすいレッスンをしていきます。ピアノの上達と共に音楽の楽しさ、すばらしさを感じられるように一緒にがんばっていきましょう!

浅野 未麗 Asano Mirei ピアノ・ソルフェージュ講師

浅野 未麗 Asano Mirei
ピアノ・ソルフェージュ講師

京都市立芸術大学音楽学部ピアノ専攻卒業後、同大学大学院を修了。その後渡独し、財団法人ロームミュージックファンデーションの奨学金を得て、ドイツ国立ミュンヘン音楽演劇大学大学院を修了。さらにザルツブルク・モーツァルテウム音楽大学大学院で研鑽を積むかたわら、ソリスト・伴奏者としての活動を広げる。

堺国際ピアノコンクール一般部門第5位。飯塚新人音楽コンクール第2位並びに飯塚市教育委員会賞を受賞。

京都芸術祭でのジョイントリサイタルの成果に対し、音楽祭奨励賞受賞。ドイツ・オーストリア各地でも多くのコンサートに出演。ソロ活動に限らず、'Grandi Voci' 国際声楽コンクール(ザルツブルク)公式伴奏者をはじめ 'Kulturwald'音楽祭(ミュンヘン郊外)ほかドイツ国内のオペラプロジェクトでコレペティトールとしての経験を積むなど、多彩な演奏活動を行っている。

これまでにピアノを神西敦子、土居知子、岡田敦子、松田康子、M.Hoehenrieder, M.Trifan, C.Hoefer-Teutschの各氏に師事。ドイツ歌曲解釈をT.Truniger氏に、室内楽をH.Wiese氏に学ぶ。

皆様へのメッセージ
レッスンを始めるとわからないことが沢山出てきますが、根気よく向き合えば必ず出来るようになりますから、一緒に楽しみながら学んでいきましょう。心をこめて演奏出来ると、周りの人も優しい気持ちになります。一人一人の方が音楽を通して豊かな時間を積み重ねられますように。

石川 武蔵 Ishikawa Musashi ピアノ・ソルフェージュ講師

石川 武蔵 Ishikawa Musashi
ピアノ・ソルフェージュ講師

桐朋女子高等学校音楽科(男女共学)卒業
桐朋学園大学ソリストディプロマコース修了
パリ国立高等音楽院ピアノ科修士課程首席修了、室内楽科修了
スコラ・カントルム(パリ)研究課程修了

第1回大阪国際音楽コンクールピアノ部門中学生の部第1位。第56回全日本学生音楽コンクールピアノ部門中学生の部東京大会第2位。クールシュヴェール国際音楽アカデミーinかさまにて音楽賞受賞。2008年より4年間ローム・ミュージックファンデーション奨学生。2011年ブリュートナー賞。2015年ABC新人音楽賞。

室内楽奏者としては、これまでにサル・プレイエルやサル・コルトーなどで演奏会を行うなど積極的に活動している。また現代音楽作品の初演や邦人作品のフランス初演も多数行っている。現代音楽演奏団体Ensemble vivo 2012メンバー。

これまでにピアノを岡本美智子、J・ルヴィエ、G・プリューデルマシェールの各氏に師事。室内楽をP・ベルノルド、M・モラゲス、E・ル・サージュの各氏に師事。マスタークラス等でP.ドヴァイヨン、M.ヴォスクレセンスキー、S.ドレンスキー、A.ピサレフ、P.ネルセシアン、W.ブロンズ、T.パラスキヴェスコ、玉置善巳、青柳晋、野島稔の各氏より薫陶を受ける。現在は東京を中心にコンサートに数多く出演し好評を博している。

皆様へのメッセージ
音楽は自分を表現するための最高の道具です。思い通りの音が出せた時の喜びは他のどんな瞬間にも代えがたいものです。そのような体験を得るためにはとても長い道のりが必要ですが、音楽と楽しく触れ合い続けて行けばきっと辿り着けるはずです。一緒に楽しんでいきましょう!

家富 有希 Ietomi Yuki ピアノ・ソルフェージュ講師

家富 有希 Ietomi Yuki
ピアノ・ソルフェージュ講師

桐朋女子高等学校音楽科、桐朋学園大学音楽学部を経て、同大学研究科修了。オーストリア、アントンブルックナー私立音楽大学の修士課程を修了。Jan Gottlieb Jiracek、Einar Steen-Nökleberg、Krassimira Jordan、Dmitri Bashkirov各氏のマスタークラスを受講。

第58回全日本音楽コンクール東京大会高校の部で入賞、第39回新潟県音楽コンクールで県知事賞受賞。これまでに菅又淑子、玉置善己、Reinhold Puri-Jobiの各氏に師事。日本、ウィーン、リンツにて多数のソロ、室内楽のコンサートに出演。現在ピアノ講師をするほか、演奏活動も行っている。

皆様へのメッセージ
音楽は人の心を豊かにし、人生を豊かにしてくれます。自分自身の思いや気持ちをピアノで表現してみませんか?一人ひとりの個性を生かし、ピアノ上達のお手伝いいたします。音楽の素晴らしさ、ピアノを演奏することの楽しさを一緒に感じていきましょう。

太田 涼子 Ota Suzuko ピアノ・ソルフェージュ・幼児リトミック講師

太田 涼子 Ota Suzuko
ピアノ・ソルフェージュ・幼児リトミック講師

武蔵野音楽大学音楽音楽学部器楽学科有鍵楽器専修ピアノ卒業。

高等学校教諭一種免許状(教科「音楽」)および中学校教諭一種免許状(教科「音楽」)取得。

これまでにピアノを大澤恵子、庄子みどり、橋本路子、オペラ伴奏法を横山修司の各氏に師事。在学中よりソロ、伴奏者として多数の演奏会に出演。

現在、首都圏や福島県を中心にソロ、伴奏、稽古ピアノ等幅広く音楽活動を行っている。また、ピアノ講師として後進の指導にもあたっており、楽しくかつ着実な基礎力の定着、それを表現に結び付ける力を育てるレッスンを展開している。

皆様へのメッセージ
音楽を深く理解し演奏するには、しっかりとした読譜力が必要です。小さなお子さん も楽しみながらしっかりと身に付くレッスンを致します。学校の担任の先生とは違い、 ピアノ講師は5年、10年…はたまたそれ以上と、大変長いお付き合いです。生徒さん一人一人との出会いを大切に、長く楽しく音楽と付き合っていただけるようサポート していきたいと考えております。

楠 絵里奈 Kusunoki Erina ピアノ・ソルフェージュ講師

楠 絵里奈 Kusunoki Erina
ピアノ・ソルフェージュ講師

3歳よりピアノを始める。桐朋女子高等学校音楽科を経て、桐朋学園大学音楽学部音楽学科ピアノ専攻を卒業。桐朋学園大学ピアノ専攻卒業演奏会に出演、および室内楽演奏会に出演。中学校・高等学校第一種教員免許(音楽)取得。

第39回 全国町田ピアノコンクール F部門 第3位、およびヤマハ賞受賞。第7回 東京ピアノコンクール 2台ピアノ部門 第2位。第63回 東京国際芸術協会主催の新人オーディションにて審査員賞受賞、新人演奏会に出演。第26回 日本クラシック音楽コンクール全国大会 第5位。第2回 KPianoコンクール(大学・一般の部) 第3位。ウクライナ オデッサ春期ミュージックフェスティバル およびポルトガルコインブラ国際ピアノセミナーにてStudent's Concertに出演。

これまでに、オリヴィエ・ギャルドン、フランク・ヴィヴォー、パスカル・ドヴァイヨン、アキレス・ディッレヴィーネの各氏の公開レッスンを受講。室内楽を藤井一興、加藤真一郎、ピアノを故髙井恵子、白根薫、ナターシャ・フィリフォバ、須田眞美子の各氏に師事。

現在はピアノ講師として後進の指導にあたるほか、 ソロ・室内楽・伴奏など様々な分野で演奏を行い、活動の場を広げている。

皆様へのメッセージ
ピアノはさまざまな響き、音色を作り出せる楽器です。音楽を学ぶ上で一番大切なことは「豊かな耳を養うこと」だと思っています。多彩な音色の変化を感じ取れる耳を養うことを心がけ、テクニックにとらわれず、ピアノを弾く喜びを感じることのできる指導を行っています。ピアノを通じて豊かな感受性や音楽性を育むことはもちろん『継続して努力する力』『自ら考え挑戦する力』を身につけていきましょう。

菅原 紗友里 Sugawara Sayuri ピアノ・ソルフェージュ・幼児リトミック講師

菅原 紗友里 Sugawara Sayuri
ピアノ・ソルフェージュ・幼児リトミック講師

東京音楽大学音楽学部音楽学科器楽専攻ピアノ卒業。高等学校教諭一種免許状(教科「音楽」)および中学校教諭一種免許状(教科「音楽」)取得

桐朋学園大学音楽学部附属「子供のための音楽教室」仙台教室で学び、 ピアノを菅原豊子、川上昌裕の各氏に、ピアノ・ソルフェージュ(リトミック)の指導法を澤口遊雲子氏に師事。

ピアノ・ソルフェージュの指導に関して、主に子どもたちを対象に、実践的な教育手法に基づく指導を、積極的に行っている。

皆様へのメッセージ
音楽は、「楽しむ」こと、そして「感じる」ことがとても大切です。レッスンでは、「できる」を積み重ねることで、生徒さんが安心して楽しみながら、自ら学び、考え、成長できるように指導いたします。そして、個性を最大限に生かせるように、生徒さん一人ひとりと向き合います。一緒に、たくさんの音楽と出会い「感動する気持ち」をたくさん体験しましょう♪

鈴木 杏梨 Suzuki Anri ピアノ・ソルフェージュ講師

鈴木 杏梨 Suzuki Anri
ピアノ・ソルフェージュ講師

国立音楽大学音楽学部鍵盤楽器専修(ピアノ)卒業。同大学アンサンブル・ピアノコース修了。第24回日本クラシックコンクール大学生の部全国大会入選。

ウィーン国立音楽大学教授 ステファン・モラーの公開レッスンを受講、ディプロマ取得。 ピアノを菊地真美、山田富士子の各氏に伴奏法を蓼沼明美、星野明子、花岡千春の各氏に師事。

現在ソロだけでなく、伴奏ピアニストとして、歌曲から器楽の様々なジャンルの作品に取り組む。またロビーコンサートの出演やラウンジピアニストとしても積極的に活動している。

皆様へのメッセージ
音楽で一番大切な才能は素敵なだと感じる感性、音楽が好きという気持ちだと思っています。音楽を勉強していくことはとても努力が必要で、続けていくのが大変なことです。しかし、一度音楽の楽しさに気づけば、その困難をいつも支えてくれるでしょう。レッスンでは、『楽しい』 『できた』をたくさん経験して音楽を一生のパートナーにしていきましょう!

関 ゆふ子 Seki Yufuko ピアノ・ソルフェージュ講師

関 ゆふ子 Seki Yufuko
ピアノ・ソルフェージュ講師

東京音楽大学音楽学部器楽専攻ピアノ科卒業後、ウィーンにてプライナーコンセルヴァトリウムを最優秀で卒業。これまでに、上田京、小林出、レオニード・ブルンベルクの各氏に師事。

在学中、学内演奏会に多数出演。また、ウィーン国立音楽大学指揮科准教授湯浅勇治氏の授業にピアノ伴奏として参加、薫陶をうける。 帰国後各地で多数の室内楽等コンサートに出演。後進の指導にもつとめている。

皆様へのメッセージ
音楽には、向き合った時間の分だけ見えてくる真実があります。音楽を通じて知る喜び、感じたことを表現する喜びを一緒に体験しましょう。

西原 侑里 Nishihara Yuri ピアノ・ソルフェージュ講師

西原 侑里 Nishihara Yuri
ピアノ・ソルフェージュ講師

桐朋女子高等学校音楽科、桐朋学園大学ピアノ専攻卒業。
東京芸術大学大学院修士課程室内楽専攻修了。大学院アカンサス音楽賞受賞。サントリーホール室内楽アカデミー第1期研修生。
パリ地方音楽院ピアノ科演奏家課程ディプロム、また同音楽院伴奏科にて審査員満場 一致の賞賛付で専門課程ディプロムを取得。ルエイユ・マルメゾン音楽院ピアノ科上級過程修了。

第22回埼玉ピアノ・コンクール一般部門銅賞。第19回ブレスト国際音楽コンクール( 仏)室内楽部門第1位。第47回クロード・カーン・ピアノコンクール(仏)第2位、 サル・ガヴォーでの受賞者演奏会に出演。

2014年度パリ近郊のエルブレ市立音楽院・モンモランシ―市立音楽院にてピアノ講師 と器楽・声楽伴奏員を務め、同年フランス東部ナンシー夏期国際アカデミー公式伴奏 者、また同音楽祭内でソロ・リサイタル。2015年度はパリ市第8区カミーユ・サン= サーンス音楽院にて器楽伴奏員を務める。

ピアノを三上桂子、日置寿美子、若林顕、東誠三、イヴ・アンリ、ユーグ・ルクレー ル、レナ・シェレシェフスカヤ、室内楽を松原勝也、甲斐摩耶、伴奏法をアリアンヌ・ ジャコブ、フィリップ・ビロスの各氏に師事。

現在は日本にて、演奏活動と後進の指導にあたる。

皆様へのメッセージ
私たちは自分自身について全てを知っているわけではありません。しかし音楽と向き合う時間は、自身の新たな一面を写し出す「鏡」の1つとなってくれる のではないでしょうか。上達する喜び、作品を通して作曲家の時空を超えた想いに触れる喜び、そして新しい自分に出会う喜び、、、たくさんの豊かな感情を音楽と共に味わっていきましょう。

長谷川 琴美 Hasegawa Kotomi ピアノ・ソルフェージュ講師

長谷川 琴美 Hasegawa Kotomi
ピアノ・ソルフェージュ講師

武蔵野音楽大学附属高等学校卒業。武蔵野音楽大学音楽学部器楽学科ピアノ専攻卒業。同大学院音楽研究科博士前期課程ピアノ専攻修了。中学校教諭専修免許状(音楽)取得。高等学校教諭専修免許状(音楽)取得。

第23回ヤングアーチストピアノコンクール奨励賞受賞。受賞者コンサート出演。第24回ヤングアーチストピアノコンクール優秀奨励賞受賞。第1回パン・パシフィック現代音楽コンクール入賞受賞。

白寿ホールにて開催された第14、16回ヤングアーチストリサイタルに出演。ルーテル市ヶ谷にて開催された「ピアノ協奏曲の源流を訪ねて」にて、ピアノソリストとして出演。その他、在学中よりソロ、伴奏として多数の演奏会に出演。

これまでにピアノを、櫻井美佐子氏、櫻井香奈氏、コンスタンティン・ガネフ氏、サルヴァトーレ・スパノ氏、澤田勝行氏に師事。ソルフェージュを河野泰子氏、林達也氏に師事。

皆様へのメッセージ
私達は生来一人一人異なった個性や感性を持っています。それらを、民族や国等の境界線を越えた形で、場所を選ばず自由に、又ある時は楽しく、音を通じて表現出来る芸術の一つが、音楽だと私は思います。そんな音楽が私は大好きです。その楽しさを、この教室の学習活動を通して、生徒の皆さんと共有しながら、誰にでも、底知れないパワーや可能性が備わっているのだと言う事を実感して頂けるような授業展開を目指して行きたいと思います!

藤井 美佳 Fujii Mika ピアノ・ソルフェージュ講師

藤井 美佳 Fujii Mika
ピアノ・ソルフェージュ講師

東京音楽大学ピアノ演奏家コース卒業後、同大学大学院音楽研究科器楽専攻鍵盤楽器研究領域修士修了。高等学校教諭専修免許状(音楽)取得。

2013年、Music Fest Pergia(イタリア)に参加し、Ashdod Symphony Orchestraと共演。第24回日本クラシック音楽コンクール大学女子の部第5位。第2回東京国際ピアノコンクール一般の部第4位。第9回エレーナ・リヒテル国際ピアノコンクール大学・一般の部第3位。第17回大阪国際音楽コンクールAge‐Gの部第3位。

これまでにピアノを西村順子、下田幸二、武田真理、松尾奈々の各氏に師事。室内楽を山洞智氏に学ぶ。

皆様へのメッセージ
ピアノを通して共に音楽と向き合いながら、音楽を心から楽しみ、喜びを感じていただけるような指導をしていきたいと考えています。

松本 佐紀 Matsumoto Saki ピアノ・ソルフェージュ講師

松本 佐紀 Matsumoto Saki
ピアノ・ソルフェージュ講師

東京音楽大学卒業後渡英し、トリニティカレッジ奨学生としてトリニティ・ラバン・コンセルヴァトワールにてアーティストディプロマ及びFTCL (Fellow Trinity College London Performance Diploma)を取得する。2015年、大学よりByram jeejeebhoy Prize for Violin and Pianoを授与される。

イギリス、ロンドン市内の主要な教会やコンサートホール、また香港・オーストリア・マルタ共和国など様々な国での演奏会に出演。これまでに三村則子、小林出、セルジオ・デシモネに師事し、パスカル・ロジェ、マルティモ・ティリモなど著名なピアニストのマスタークラスを受講する。

高等学校教諭一種免許状(音楽)及び中学校教諭一種免許状(音楽)取得。

Leonard Smith & Felicity Young Competition 2015 第1位、Grand Prize Virtuoso International Music Competition 2016 (室内楽部門) 第1位

皆様へのメッセージ
音楽の楽しさや面白さはとても奥深く、知れば知るほど音楽を好きになってしまいます。そういった魅力を伝える事を大切にしながら、しっかりと成長を感じていただけるような指導を心がけています。

宮野 志織 Miyano Shiori ピアノ・ソルフェージュ講師

宮野 志織 Miyano Shiori
ピアノ・ソルフェージュ講師

東京都立芸術高校音楽科を卒業し渡仏、パリ国立地方音楽院ピアノ科を満場一致の首席で卒業、また同時に同音楽院伴奏科・室内楽科及びブローニュ国立地方音楽院室内楽科を卒業。

ラニーシュールメルヌ国際ピアノコンクール金メダル受賞。 第1回 Theatre du Passage les etoiles 音楽コンクール及び第88回レオポルドベラン国際音楽コンクール室内楽部門第1位。第 13 回マルコフィオリンド国際音楽コンクール室内楽部門第2位。またトゥールーズ近郊で行われた第4回Chambre avec vue音楽祭内のコンクールで入賞及び聴衆賞を受賞し第5回音楽祭で招待アーティストとしてリサイタルを開催。

ショパンミュージックアカデミー(ワルシャワ音楽大学)、及びニース国際音楽アカデミーに参加し、修了時に教授推薦を受けワルシャワ音楽大学、ニース国立地方音楽院でのコンサートに出演。 ショパン生誕 200 年を記念しパリ・ポーランド図書館で行われた国際交流演奏会に出演、ウィーン放送交響楽団メンバーによる弦楽四重奏団と共演、在日フランス大使公邸にて招待演奏するなど多方面で精力的に活動している。

第7回ルーマニア国際音楽コンクールにおいて初の優秀伴奏者賞を受賞。共演者、伴奏者としての評価も高い。

皆様へのメッセージ
音楽を学ぶ事で様々な場所で聞こえている音楽や音により自然と耳を傾けられるようになり、今まで以上に色彩に溢れた新しい世界へと足を踏み入れられるのではないかと思います。曲をただ演奏出来るようになるだけではなくその曲の背景、音楽知識や歴史等、沢山の事を一緒に学んで行きたい思います。

山岸 麻悠美 Yamagishi Mayumi ピアノ・ソルフェージュ講師

山岸 麻悠美 Yamagishi Mayumi
ピアノ・ソルフェージュ講師

桐朋学園子供のための音楽教室で学び、桐朋学園大学卒業後、同大学院修士課程修了。

ニース、霧島などの国際音楽祭に参加し、ディプロム取得。2009年、故郷長野県上田市においてリサイタルを開催。県内のオーケストラと、モーツァルト、バッハ、ブラームスなどのピアノ協奏曲を協演。その他ソロ、室内楽などの演奏会に多数出演。ピアノ、室内楽を廻由美子、中井恒仁、野島稔、若林顕、岩崎淑、岩崎洸、藤原浜雄の各氏に、フィンガートレーニングを本村久子氏に師事。

皆様へのメッセージ
音楽を学ぶにはある程度の時間をかけ、努力する事が必要になります。でもその時間を楽しく過ごせることが上達への近道だと考えています。特に小さなお子様は、「先生と一緒に遊ぶようにレッスンしていたら、いつの間にか知識が増えて上手になっていた!」というのが一番の理想です。大人の方もお子様も、一人一人の性格をよく見て、長所は思い切り伸ばし、短所は徐々に良くしていく。そしてその中で誰もが持っている「楽しい!悲しい!もっとやりたい!」というような、素直な感情を引き出していけるようなレッスンを行っています。