• 小林音楽教室 新宿教室
  • スタインウェイ
  • ストラディバリウス

東京(新宿・麻布・船堀)の音楽教室なら小林音楽教室トップ > コラム > ピアノの教員試験対策について

ピアノの教員試験対策について

教員試験対策として音楽教室を利用しよう


ピアノはさまざまな人が習う楽器の一つです。例えば日本では世界でも活躍する有名なアーティストがいるので、その演奏やテレビ等で視聴したお子さまの中には、そのアーティストに憧れを抱き自分もこのような演奏を大勢の人の前でしたいと考える子もいるでしょう。また、夢を実現するために通うだけでなく、大人の中には趣味として演奏をしている人がいます。小さい頃から習っており、大人になっても継続をしている人は珍しくありません。このように夢を実現するため、趣味として音楽教室に通って演奏している人もいますが、教員試験対策として音楽教室に通いたいと思われている人もいるのではないでしょうか。教員試験対策に必要なのかと疑問を抱く人も少なくありませんが、実際に小学校等の教員試験対策では実技としてピアノ演奏を求められます。実際に小学校の授業の記憶がある人も少なくありませんが、小学校では担任の先生が殆どの授業を一人で行うケースが多いです。中学校や高校ではそれぞれの教科担当の先生がおり、授業予定に合わせて他のクラスの授業もその先生が行います。
一方で、小学校の先生は国語や算数等はもちろんのこと、音楽も教えなければなりません。音楽は歌を歌ったりリコーダーを演奏したりする時もありますが、音楽の授業の時はピアノを演奏しながら生徒が歌を歌ったり、リコーダーを演奏したりすることもあります。基本的に地域によって実技内容が変わることもありますが、教員試験に合格するために音楽教室に通われてみてはいかがでしょうか。

教員試験対策として音楽教室に通うメリットとは


教員試験対策として音楽教室に通うメリットとして上げられるのが、分からない箇所を直接先生にお伺いをすることができる点です。教員になることを検討している人全てがピアノ演奏ができるというケースは少ないです。確かに子供の頃から習い事としてピアノ教室などに通っていた方もいるでしょう。そのような方は音楽教室に通わなくても課題曲を容易に弾くことができる人もいます。一方で教員試験対策を検討している方の中には今まで演奏する機会が少ない人も少なくありません。音楽は義務教育課程でも受ける授業ですが、ピアノ演奏の授業が行われるケースは少なく、基本的に歌を歌ったりすることが多いです。そのため、子供の頃に習ったことがないという人も珍しくありません。もしあまり演奏したことがない人が独学でピアノを学ぶと効率的にスキルを習得することができない可能性もあります。確かに今では本屋さんなどが各地に点在しており、書籍の中にはピアノ演奏に関する内容の本を扱っている書店も多いので、本を見ながら演奏の練習をすることができますが、わからない箇所などに遭遇した時、インターネットで検索をしてその度に調べなければなりません。そのため、練習効率が下がる可能性があります。もし音楽教室に通えば直接スキルの高い先生が教えてくれるので効率的に技術の習得をすることができます。
また、教員試験対策であるという旨をお伝えすれば必要な技術だけを集中的に教えてくれる可能性があるので、必要でないスキルを学ばずに試験に必要な部分だけのスキルや知識を習得できる可能性があります。

音楽教室に通おう


教員試験対策をするために音楽教室に通いたいと考えている人はまず、体験レッスンの申し込みをされてみてはいかがでしょうか。体験レッスンとは音楽教室選びに迷っている人のために音楽教室側が実施してくれるサービスの一つで、申し込みをした方は無償でレッスンを受けることができます。契約をする前にレッスンを受けることでどのぐらいのレベルの授業が展開されているのかを知ることができます。もしレベルが高いレッスンが行われているところを選択すると、そのレッスン内容についていくことができない人もいます。ピアノの演奏があまりできない人が高度なレッスンを受けても技術向上ができない可能性があります。体験レッスンに申し込みをしてレッスンを受けることで自分でも理解できる内容のレッスンが展開されているのかを知ることができるので、メリットを感じることができる人もいるのではないでしょうか。その他の体験レッスンの魅力はその音楽教室の通いやすさなどを把握することができます。例えば教員試験対策のためにピアノの技術を高める人でもある程度継続して通わなければスキルアップをすることができない可能性があります。もし通いにくいところを選択すれば通うことに不便さを感じるケースもあります。
そのため、自分でも通うことができそうかを考えて選択をするようにしましょう。体験レッスンに申し込みをして実際にレッスンを受けることで音楽教室にはどのような設備があるのかを把握することができます。また、清潔さなども契約をする前に事前に確認をすることができるので、一度申し込みの検討をされてみてはいかがでしょうか。

ピアノの教員試験対策について|東京(新宿・麻布・船堀)の音楽教室なら小林音楽教室