• 小林音楽教室 新宿教室
  • スタインウェイ
  • ストラディバリウス

東京(新宿・麻布・船堀)の音楽教室なら小林音楽教室トップ > コラム > フルート講師になるための条件や音楽の教室に通うメリット

フルート講師になるための条件や音楽の教室に通うメリット

音楽教室でフルート講師になるための条件について



音楽を日頃から親しんでいる方は日本各地にいます。例えば小学校や中学校においては音楽の授業があるので、合唱などをして音楽を学ぶこともあるでしょう。また、テレビでは音楽の演奏をした映像が放送されることもあるので、幅広い方が日本の音楽に触れています。大学では音楽を専門に取り扱うところもあるので、音楽大学に通って音楽の知識を高めて音楽を教える講師になられる方もいます。また、身近なところには音楽教室があるため、子供から大人までフルートやピアノなどを習うことが可能です。音楽の指導経験がある方や音楽を教えたいと思われている方の中には音楽教室への転職を希望されている方もいるのではないでしょうか。

小林音楽教室ではピアノだけでなく、フルート講師も募集しています。授業では幼児から大人に向けてクラシック音楽のフルート指導を行うことになります。応募条件に関しては複数ありますが、まず挙げられるのが理念に共感できる方になります。理念があることによって講師は一丸となって生徒に指導をすることができます。また、理念に沿って教えることで生徒の満足度が向上するでしょう。年齢制限を設けているところも多くなっており、フルートの講師においては45歳以下の方を採用条件にしています。しかし、原則となっているため例外も起こる可能性はあります。そして、応募できる方の特徴は3つあります。一つ目は音楽大学を卒業している方になります。二つ目はフルート講師としての経験がある方、三つ目は講師を目指している方です。音楽大学を本年度に卒業される方は講師になるチャンスがあるでしょう。また、講師を目指している方も応募することが可能です。フルート講師の業務とは一般的に生徒に技術や知識を教えることになりますが、その他にもパソコンを操作して書類や入力を行うこともあります。そのため、最低限のパソコンの操作や知識が求められることもあるでしょう。音楽大学を卒業している方であれば論文をパソコンで打ち込んで作成したり、音楽の曲を作るために専用ソフトで制作経験がある方も多いため最低限の操作ができる方も多くいるかもしれません。採用においては高度なパソコンの技術は必要ないため、パソコンが苦手な方でも応募することが可能です。そして、教室によっても異なりますが、フルート講師は正社員ではなく個人事業主として業務委託契約を締結することになるので、契約後に生徒を教える役割を任されることになります。報酬に関しては一律ではありません。能力や技術によって変動するため、それに応じた報酬を受け取ることができます。また、試用期間中に関しては別途規定に基づいて報酬が算出されます。個人事業主として契約されてますが、交通費なども支給してくれるため、電車やバスで通勤することが可能です。応募をする際には履歴書や学業成績証明書、健康診断書などを提出することになります。実技試験ではフルート演奏、ピアノ演奏、それぞれ一曲ずつと新曲視唱になります。フルート講師であってもピアノの演奏は必要になるため、ピアノの技術は必要です。



音楽教室に通うメリットとは!?



音楽の教室を開催しているところでは講師の募集だけでなく、生徒の募集も行っています。基本的には子供から大人まで通うことができますが、実際に通うことによってどのようなメリットを得ることができるのでしょうか。最大のメリットとして挙げられるのが知識や技術が身につくことになります。現在では音楽の知識を得るために大人の方が教室に通われることも多くなりました。楽譜の読み方など初歩的な指導から技術に合わせて応用も教えてくれるため、幅広い方が多くの知識を習得することができるでしょう。その他のメリットとしては友達が増えることです。個人レッスンを行うところもありますが、他の生徒と出くわしたりする機会が多くなるでしょう。実際に同じフルートを練習している友達と出会うことができたら楽器が共通しているということも要因となり会話が弾むことも少なくありません。もしフルートに興味がある方や音楽の知識や技術を高めたい方は教室に通うことを検討されてみてはいかがでしょうか。



音楽教室を選ぶ際には体験レッスンを利用しよう



音楽教室では多くのところで体験レッスンを実施しています。体験レッスンに参加することによって教室選びの参考になることもあります。体験レッスンに参加すれば実際にその教室へ足を運ぶことになります。そのため、実際に電車を利用したりバスに乗って行くことになります。入会する前に事前にアクセスの利便性を知ることができるので、アクセスの良い場所などを選択できます。実際にレッスンを受けることになるので教室内の設備も把握できます。どのような楽器があるのか、設備は整っているかなどを事前に見ることもできます。また、先生に指導を受けることになるため先生との相性も事前に知ることができます。もし音楽教室の入会を考えている方は一度体験レッスンに参加されてみてはいかがでしょうか。

フルート講師になるための条件や音楽の教室に通うメリット|東京(新宿・麻布・船堀)の音楽教室なら小林音楽教室