• 小林音楽教室 新宿教室
  • スタインウェイ
  • ストラディバリウス

東京(新宿、麻布、代々木、船堀)の音楽教室なら小林音楽教室トップ > コラム > ボイストレーニングの方法とその魅力

ボイストレーニングの方法とその魅力

ボイストレーニングとは



音楽の楽しみ方は人それぞれです。
静かにクラシックを聴いて楽しみたいという人もいますし、自分で大きな声で歌を歌ったり、カラオケで発散させたいという人もいます。
合唱のように、みんなで歌うときのために練習したいという場合もあります。


歌を歌うときには、のどを痛めないようにすることが大切です。
また、歌いたい曲を音程をずらさずに歌えると、曲の魅力を引き出すことができ歌の楽しみが広がります。
高い音や低い音を上手に出して、歌を思うままに歌いたいと思う人は多くいます。
ボイストレーニングは、こうした悩みに応えてくれます。


ボイストレーニングと聞くと、何か専門的なことを行うのかと心配になるかもしれませんが、いろいろな方法があります。
簡単な方法を学んで次第にステップアップしていくので、初心者から始められます。
練習することで、自分の声の魅力を引き出し、無理なく歌が歌えるようになります。


ボイストレーニングを始める前には、自分の目標を明確にしておかなければいけません。
例えば、声楽をならって将来プロになりたいと思っている学生と、カラオケで楽しく今より上手に歌いたいと思っている大人では、レッスンメニューが異なります。
クラシック声楽を本格的に行いたい人と、ポップスを歌いたい人も練習内容が違います。
自分が一番したい、改善したいと思っている目標をはっきりさせ、それに合った練習メニューを組みましょう。
年齢と目標に合ったもの、無理なく続けられる目標が良いです。





順番に練習する



ボイストレーニングは、いきなり歌うのではなくまず基礎をしっかり理解し、意識しなくても行えるように基本を身につけることから始めます。
最初に行うのが、呼吸法の練習です。
腹式呼吸と呼ばれる方法で、発声を行います。
のどだけを使うのではなく、身体全体を使って声を出します。
正しい姿勢を覚えるのも大切です。
良い姿勢でバランスよく立ち発声練習を続けていくと、お腹から声を出せるようになり、声の幅が広がります。


ストレッチを行ったり身体をほぐしてから練習を始めると、歌うときにどの筋肉を使えば良いか、意識できるようになります。
最初はあまり使っていない筋肉を使うので、筋肉痛になる人もいます。
ストレッチをしっかり行って身体全体を使うと、自然に出したい音が出せるようになります。


腹式呼吸ができるようになったら、実際のボイストレーニングです。
自分の声で出しやすい曲や音を選び、トレーニングします。
技術的に学ぶのも大切ですが、気持ちをこめて歌うように意識します。
こうしてさまざまな角度からボイストレーニングを行うと、魅力ある歌声を身につけていくことができます。


最後にステージ力を磨きます。
せっかくレッスンを行ったのですから、発表会やカラオケ大会などで、練習した成果を出せるようにしましょう。
歌は上手なのに、舞台で自信がなさそうに歌っていると魅力が出ません。
上手に歌うだけでなく、舞台で自分らしさを出しつつ堂々と歌えるように、気持ちを整えることも大切です。
自信をもって、心をこめて歌えるように、舞台での動き方や姿勢も意識するといいでしょう。





音楽教室を選ぶ



ボイストレーニングを自己流で行うと、悪いクセがついてしまったり、自分の得意な曲だけは歌えるけれどそれ以外は歌えない、ということになる可能性もあります。
どんな声で歌っているのかは、自分自身ではわかりにくいので客観的に見て、指導してくれる人が必要です。
自分のクセなども指摘してもらえると改善しやすくなります。
そのためには、音楽教室やボイストレーニングを行っている教室に行くのがおすすめです。


週に1度ほど定期的に指導を受けながら、少しずつ自分の声をトレーニングしていくので、教室はできれば自宅や職場から近く、通いやすいところを選びましょう。
音楽教室のホームページを見て、どんなクラスがあるのか、どういった指導を受けられるかをチェックします。
実際に通っている人の感想や、先生の写真が掲載されている場合もあります。
情報を見て、自分がしたい練習ができるかどうか考えます。


多くの音楽教室が体験レッスンを申し込めるようになっています。
実際に行ってみてレッスンを受けると、より具体的なことがわかります。
教室の雰囲気のほか、一緒に練習する人の年齢層やレベルが把握できると、緊張せずに教室に申し込めます。
指導してくれる先生の魅力や、自分との相性をチェックすることも可能なので、自分に合いそうな教室を見つけたら、体験レッスンを受けてみましょう。


ボイストレーニングを受けた成果を発表できる場があった方がいい場合は、定期的な発表会があるか、グループで歌を披露できるかといったこともチェックします。
教室によっては年齢や授業のスピードに合わせて、いくつかの発表会や演奏会があります。
大きな舞台を目標にすると、モチベーションアップにもつながります。

ボイストレーニングの方法とその魅力|東京(新宿・麻布・船堀)の音楽教室なら小林音楽教室