• 小林音楽教室 新宿教室
  • スタインウェイ
  • ストラディバリウス

東京(新宿・麻布・船堀)の音楽教室なら小林音楽教室トップ > コラム > ヴァイオリン講師についてと求人について

ヴァイオリン講師についてと求人について

ヴァイオリン講師として働くメリットとは?


ヴァイオリン講師とは、これからヴァイオリンの技術を身に付けたいと考えている人たちのために技術を教える職業です。講師になることに憧れを持っている人たちも多いのではないでしょうか。講師になるためには、ある程度の条件が必要になります。今回はヴァイオリン講師として働くことのメリットについて紹介します。
まず、講師として働くことでやりがいを感じるでしょう。どの職業にもやりがいを感じることはありますが、ヴァイオリン講師の場合は指導することによって、教わった生徒が上達していく過程を見ることができます。生徒がどんどん上達をすれば、その分やりがいに繋がり、他の職業にはない感動を味わえるでしょう。人に指導するということは、誰しもができるわけではありません。講師になるための条件を見事にクリアし、はじめて講師として指導できるやりがいのある職業です。
続いてのメリットとしては、コミュニケーション能力が向上することです。人に何かを教えるということは相手にとって分かりやすく伝えなければなりません。その為にはコミュニケーション能力が必須となります。素人から上級者まで指導するため、コミュニケーション能力は自ずと向上するでしょう。
また、教わる側の技術が向上するだけでなく、教える側の技術も向上することから、自身の技能アップをしたいと思っている人にも向いている職業です。ヴァイオリンを習う生徒の技術はそれぞれ異なりますが、初級から、上級の難しい技術まで幅広く担当し指導します。これを繰り返し行うことによって、教える側である講師の技術も向上します。今は講師として働いているが、将来的にはプロのヴァイオリニストとして活躍したい方にとっては練習しながら目指せる仕事でしょう。
その他に働くメリットとしては、比較的年齢は気にせずに講師として働き続けられる点です。例えば企業によっては若い層が希望のため、年齢制限が30歳以下までという求人が多くあります。30歳以上では、雇用が少なくなる傾向にありますが、ヴァイオリン講師の場合は専門的知識や技術が必要になることが多いことから、30歳を過ぎても条件をクリアすることで働けるチャンスは数多くでも存在します。30歳は過ぎているけどまだまだ挑戦したいという場合であっても、求人情報を出している会社は多く見られます。思い切って応募してみてはいかがでしょうか。
このように、講師として働くメリットはたくさん存在しています。将来的には音楽に携わった職業に就きたいと思っている人は、講師としての道も頭の中に入れておくと良いでしょう。

ヴァイオリン講師として働くための試験


ヴァイオリン講師に憧れている人たちは少なくないでしょう。求人を出している会社もたくさん存在しています。その為、条件を満たしていれば誰でも気軽に応募することができますが、実際に講師として働くためにはどのような試験があるのかということを知っておきたい人も多いのではないでしょうか。少しでも不安をなくすためにも、予め試験の内容について理解しておくと良いでしょう。今回は採用までの流れについて紹介します。
まず、試験を受けることを決めたら応募用紙を用意しましょう。基本的には個人情報を記入し、学歴や志望動機、顔写真などが必要になります。応募用紙で書類審査を行う会社が多いため、審査を通過するためにも書類の記入ミスや、志望動機などはしっかりと書くようにしましょう。応募が完了して、書類審査が通過したら続いて筆記試験と実技試験です。試験終了後には面接をし、それぞれの審査で合格が出た場合には仮採用となり、使用期間が終了すると正式に採用が決定します。通常の企業と違う点は実技試験がある点です。しっかりと練習をしておきましょう。その他にはそれほど大きく変わる点はありません。試験当日に焦らないためにも、事前に準備をしておくことをおすすめします。

ヴァイオリン講師として働くための求人の探し方


ヴァイオリン講師になるためには、求人に応募して合格をしなければなりません。実際に求人を募集している音楽教室はたくさん存在しています。自分に合った教室を選ぶことは、長く講師を務めるためにも重要になります。今回は、教室の選び方を紹介します。
まず、大切なポイントとしては音楽教室の雰囲気です。音楽教室が働きやすい雰囲気でないと続けていくことも難しいでしょう。どのような雰囲気でレッスンをするのかという点もあらかじめ調べた上で求人に応募するようにしましょう。
また、休日が確保できるかどうかという点も重要なポイントです。伸び伸びと働くためには休日にリフレッシュをすることも大切です。ハード過ぎてしまうと体力的にも続きません。毎月の休日数や有給休暇についても確認しておきましょう。
このように、自分に合った求人を探す際には働きやすさは重要になります。諦めることなくこだわって選ぶようにしましょう。

ヴァイオリン講師についてと求人について|東京(新宿・麻布・船堀)の音楽教室なら小林音楽教室