• 小林音楽教室 新宿教室
  • スタインウェイ
  • ストラディバリウス

東京(新宿・麻布・船堀)の音楽教室なら小林音楽教室トップ > コラム > ヴァイオリン講師の募集についての豆知識

ヴァイオリン講師の募集についての豆知識

ヴァイオリン講師になる利点にはどのようなものがあるの?


音楽は世界中の方に愛されている文化です。日本でも当然ではありますが、音楽を聴いたり、演奏を楽しんだりしている方もいるのではないのでしょうか。そのため、様々な地域で音楽教室を運営しているところもあるので、レッスン生として学んでいる方も多くいます。しかし中には、音楽教室で働いてみたいと思っている方もいるのではないでしょうか。ピアノ講師はもちろんのこと、ヴァイオリン講師を募集しているところもあります。では、ヴァイオリン講師として音楽教室で働くことによってどのような利点を得ることができるのでしょうか。
まず初めに挙げる利点の一つにやりがいがあります。お仕事をする上で給料などは重要な要素の一つになりますが、その他にも継続的に働き続けるためには、やりがいを感じる職業に就きたいと考えている人もいるでしょう。音楽教室では幅広い年齢層のレッスン生が教室に足を運び、レッスンを受けることになります。レッスン生の中には親しみを持って接してくれたり、熱心に指導を仰いでくる生徒もいるので、やりがいを持ってヴァイオリンの技術などを教えてあげることができるのです。
その他に挙げられるヴァイオリン講師になる利点には、音楽業界に携わって仕事をしていくことができる点です。音楽業界で長く仕事をしていくためには、才能や技術が当然必要になります。それは、ヴァイオリン講師も同様です。生徒にヴァイオリンの技術を教えこむので技術の習得などは求められます。しかし、技術がしっかりと備わっていれば働くことができる可能性が高くなります。音楽教室によってはヴァイオリン講師を募集しているところもあるので、そのような募集に応募して書類選考や面接に臨むことで念願のヴァイオリン講師になり、夢の音楽業界で働くこととなるのです。
その他に挙げられる利点には、専門性が高い点です。専門性の高い職業はどなたでも就職できるかというと、職業によっては難しい場合があります。しかし、ヴァイオリン講師であれば、ヴァイオリンに関する知識は必要ですが、相手にわかりやすく教えることができる技術も求められます。逆に、それらの知識を持っていれば、ヴァイオリン講師になれる可能性があるのです。さらに、若い世代だけでなく、年を重ねた方でも今まで習得してきた技術を若い世代の方に教えていくこともできます。そのため、ヴァイオリニストが現役を退いてヴァイオリン講師になる方もいるのです。
このように、ヴァイオリン講師には多くの利点があるので、今までの技術や経験を次の世代に伝えるために講師として就職される方は少なくないのです。

ヴァイオリン講師の募集の際に見ておくべき点について


音楽教室によっても異なりますが、応募する前に見ておくべき点については募集条件があります。募集条件には様々なものがありますが、多くの音楽教室の募集要項に含まれる条件を2つ選んで紹介します。
一つ目の条件としては、募集している教室の教育理念に賛同できるかどうかです。学校に教育理念があるように、音楽教室においても理念をしっかりと持って指導にあたっているところもあります。理念は音楽教室でも異なりますが、基本的に難しいことはなく人間が成長していくうえでの必要な言葉な場合が多いです。実際に就職をするとその教室の理念をベースにして教えていくことになりますから、応募する前に事前に理念を把握しておくようにしましょう。
二つ目の条件は、音楽大学に卒業している若しくは、卒業見込みがあるかどうかです。確かに音楽学校を卒業していない方でも音楽の技術に詳しい方もいますが、多くの教室では音楽大学卒業という学歴が必要なところがあります。さらに卒業している又は、卒業見込みがある方の中でヴァイオリン講師として働きたい方を求めている教室が多くなっています。
このように、音楽教室によっては応募条件を明確にしているところもあるので、ホームページや電話などで確認をしてから応募するようにしましょう。

ヴァイオリンのレッスンで展開される授業に関して


ヴァイオリン講師として採用されると実際にレッスンを進めることになります。レッスンの中にはテクニックがあります。テクニックでは、ヴァイオリンの正しい持ち方などを教えることになります。ヴァイオリン経験者であればヴァイオリンの持ち方は重要であると認識している方は多くいます。基本的なレッスンになりますが、テクニックではこのような初歩的なレッスンから発展的に展開していきます。
その他にも選曲があります。テクニックを発展させるためには実際に曲を取り入れて弾いていくことが求められます。選曲では様々な曲を取り入れて技術発展のために行うレッスンになります。その他にもアンサンブルがあります。アンサンブルではヴァイオリンだけでなく、ピアノ等のアンサンブルを取り入れてレッスンをすることになります。
ヴァイオリン講師を志望している方は、このようなレッスンの内容を理解しておくことによって就職した後の負担を軽減できることがあります。

ヴァイオリン講師の募集についての豆知識|東京(新宿・麻布・船堀)の音楽教室なら小林音楽教室