• 小林音楽教室 新宿教室
  • スタインウェイ
  • ストラディバリウス

東京(新宿、麻布、代々木、船堀)の音楽教室なら小林音楽教室トップ > コラム > 何歳から子供にピアノを習わせるのが良いのか

何歳から子供にピアノを習わせるのが良いのか

何歳から始めるのがいいのか


ピアノを何歳から習わせたらいいのか迷っている親御さんは、とても多いのではないでしょうか。子供がピアノを楽しく習うのであればどのタイミングでもいいという考え方もありますが、何か目的があって習わせたい場合にはタイミングがあります。
例えば、絶対音感です。絶対音感を身に着けるタイミングとしておすすめされている年齢は、1歳から5歳にかけての幼児期です。この時期にレッスンをすると、絶対音感が身に付くと言われています。過去に音楽家を対象に絶対音感に関するアンケートを採った結果によると、絶対音感がある人の多くは5歳までに音楽のレッスンを始めたと答えています。絶対音感がない人の多くは6歳から7歳に始めたという結果もあります。ほんの少しのタイミングの違いで絶対音感が身に付くかどうかの分かれ目になります。
また、ピアノは脳を発達させる効果がある、と言う専門家は少なくありません。もしも脳の働きを発達させるために習わせるなら、4歳から6歳が適している年齢です。脳の発育度から見ると4歳の時点ですでに80%に達していて、6歳位なると90%まで発達していることが分かっているためです。その後は、遅いスピードで大人になるまで発達していきます。これを踏まえて考えると、両手を使って右脳と左脳の両方を使うピアノは4歳までに始めさせるといい効果が現れる可能性が高くなります。
身体的な観点から見ると、ピアノはオルガンや電子オルガンなどに比べると鍵盤に重さがあるため、指に負担がかかりやすいと言われています。そのため、まだまだ成長段階でピアノを習わせるのは心配という声が多いのも正直なところです。実際に人間の骨が安定する時期は6歳前後であることが分かっているので、もしも体に負担をかけずにピアノを習わせたいと言う場合は、6歳を過ぎてから習わせるのが良いでしょう。体の成長は個人差があるので、目安としては小学校に入ってからなら大丈夫です。

習うとこんなメリットがある


ピアノを習うと色んなメリットがあると言われており、例えば学校で習う音楽の成績が良くなる傾向が非常に高いです。学校の授業以外で音楽に触れる機会があるので、音楽の授業が苦にならないと言います。むしろ大好きな授業のひとつとなるでしょう。
ピアノの発表会で大勢の人の前で演奏するので、度胸がつきます。そのため学校の演奏会などで伴奏役に抜てきされることもあり、人前で何かをすることに対して恐怖心がなくなります。大人になるにつれ人前で何かをする機会は増えていきますから、仕事でもプライベートでも度胸が据わった態度で堂々とできることでしょう。
そのほか、色んな楽器に対する関心も高くなり、それぞれを演奏することも苦になることは少ないです。リズム感も音感もいいので、ますます音楽が好きになるという人もいます。
ピアノを弾くことが、精神的な支えになるという人もいます。例えば、料理が好きな人は気持ち的に落ち込んだりイライラしたりするとき、料理をすると気持ちが落ち着くということがあります。ピアノも同じで、自分にとって何かマイナスなことがあったとき、ピアノを弾くと落ち着くと答える人は案外多いです。イライラしたまま過ごせば精神的によくありませんから、鍵盤を弾いて精神統一ができるようになれば、大人になっても自分の気持ちを上手にコントロールできるようになるのではないでしょうか。

買うならどのタイミングがいいのか


ピアノを購入することは、価格の面でも音の面でもハードルが高いという家庭もあるでしょう。今まさに習いたてと言う場合は、まだまだ子供の様子が分かりません。初めての体験なので好奇心がくすぐられている状態だけなのかもしれませんし、もしかしたら才能が開花して夢中になるかもしれません。習いたての頃はまだ購入のタイミングではないでしょう。
最初はキーボードや電子オルガンのようなものでも十分ではないでしょうか。それでしばらく様子を見てみましょう。音を鳴らすことが楽しいという状況ならそのままでも十分でしょう。
まだ子供本人が本腰を入れていないのにもかかわらず、おじいちゃんおばあちゃん、パパママが先に手を回してあれもこれも準備してあげてしまうと、子供自身は自分が欲しいと言ったわけではないのだから練習しなくても悪くないと受け身のまま逃げてしまいがちになりかねません。
教室に通うのが楽しくて楽しくて仕方がないとか、通うことを嫌がらず続けているとか、もっと上手になりたいと口にするようになったなど前向きな姿勢が見られるようになったら、手軽に購入できる電子ピアノを買ってみるタイミングです。自宅にピアノがある方が、毎日練習ができるので上達は早いです。本格的なピアノでしっかり習わせたいと言う場合は狭い部屋でも場所をとらないコンパクトタイプや、隣近所に迷惑をかけないように消音機能が付いたタイプなどを用意すると良いです。購入に適した時期は、大人目線ではなく子供目線で見てあげることが一番いい方法です。

何歳から子供にピアノを習わせるのが良いのか|東京(新宿・麻布・船堀)の音楽教室なら小林音楽教室