• 小林音楽教室 新宿教室
  • スタインウェイ
  • ストラディバリウス

東京(新宿・麻布・船堀)の音楽教室なら小林音楽教室トップ > コラム > 作曲講師の求人に応募するまで

作曲講師の求人に応募するまで

曲を作るということ



音楽というものは人の心をとらえます。さまざまな分野がありますが、そのどれもが人の心を揺れ動かすでしょう。そんな音楽を作るということもかなり身近なものになってきました。パソコンの普及により大きく様変わりしたといえますが、現在ではDTMという言葉も生まれたほどです。パソコンと電子楽器をつなぎ演奏する方法であり、だれでも素晴らしい音を出すことができます。作曲をするにあたって、音楽の知識がなかったとしてもパソコンがサポートしてくれるため、素人でも作れるようになったのは画期的なことでしょう。

ですが、音楽に触れれば触れるほど「しっかりとした知識があれば、どうなるのだろうか」と思うはずです。その先に待っているのは、さらに奥深い世界ということもあるでしょう。

そこで、作曲講師という仕事があります。作曲講師の中には、DTMから職業にした人もいるほど様変わりもしてきました。実際には、非常に幅広く、ジャンルごとに異なる部分も持っています。サポートするということもあり、また基礎から教えるという部分もあるでしょう。さらに、クラシック系もあればポップスもあるため分野によっても異なり、必要となる素養も変わってくるため、募集を見てみても多様であるといえるでしょう。

作曲講師を目指すというのであれば、一番近いのは音楽系大学で学ぶことです。これが最も確実な方法で、多くの求人が条件にしています。音楽にはさまざまな理論があり楽器によっても特徴が異なりますので、知識を身につけなければいけません。

そのため、専門課程で学ぶことは大いに意味があることです。その反面、クラシックなどに偏ることも多くはなりますが、基礎理論をしっかりと持つことは作曲講師にとって重要であることは間違いありません。しかし、幅が広いことから求人もそれだけではなくなってきており、特に経験が豊富な場合は採用されることもあるのです。



非音大卒で講師になるためには



作曲講師になることでは、作曲ができなければ話にはならないでしょう。アマチュアとして趣味で行っていくのか、プロとしておこなうのかによっても違いがあります。現在は、さまざまな音楽が作られており、ゲームやアニメなどでも活用されるようになりました。活躍している人の中にはフリーランスでおこなっている人も多く、全員が全員音大卒でもありません。ですが、音大卒でもなければ、まずどこも雇ってくれないというのが現状です。

そこで、コンクールやオーディションを活用する方法が挙げられます。さまざまなコンクールやオーディションがありますので、合格できるだけの能力を身につけることが必要でしょう。合格することに関して言えば、学歴はそこまで意味を持つものではありません。その結果採用されてしまえば、プロとして働くことができ、多くの経験を積むことができるようになります。作曲を仕事とすることによって、作曲講師という仕事も見えてくることは間違いないでしょう。ただし、この道もかなりの難関です。相当勉強して、自分で実力をつけていかなければいけません。

また、自分のバンドなどで活動してみるのも一つの方法です。その結果、作曲講師になった人もたくさんいます。すべてではありませんが、求人でポップス系の経験者募集となっている場合、こうしたバンド活動で自分たちの曲を作っていたという人も含まれるからです。バンド活動だけではなく、シンガーソングライターもいいでしょう。スタジオミュージシャンとして演奏している間に力を付ける人もいます。「どんなジャンルにでも対応できるのか」それとも「スペシャリストになるのか」によっても違いますが、どんどんチャレンジして行けば実力はつくでしょう。



音大卒なら講師の道は近い



音大卒の場合、求人を含めさまざまな道があるでしょう。クラシック音楽の作曲講師になるという方法も見えてきます。もちろん数多くの楽器の知識を持たなければならず、各楽器のパートを作ることにもなるため相当な勉強が必要です。

一般的な募集を見ても、ピアノで1曲は演奏することが求められます。もちろん、作曲講師ともなれば理論的にもチェックされることになるでしょう。それでも音大で経験を積んでいれば、そこまで特別なことではないはずです。自作曲を求められることも多いため、用意しておくことも必要でしょう。

要求レベルに関しては、講師として勤める学校のレベルに比例します。内容のレベルが高いほど、講師として要求されるレベルも高まりますので、自作曲のレベルもあげていかなければいけません。それとともに、教える力があるかどうかも重要でしょう。

音大にいるうちに楽器講師などのアルバイトでも経験があれば、大きな差をつけることができます。ですが、自分ではできても教えることが得意でなければ務まる仕事ではありませんので、多角的に考え力をつけていくことが必要だといえるでしょう。

作曲講師の求人に応募するまで|東京(新宿・麻布・船堀)の音楽教室なら小林音楽教室