• 小林音楽教室 新宿教室
  • スタインウェイ
  • ストラディバリウス

東京(新宿・麻布・船堀)の音楽教室なら小林音楽教室トップ > コラム > 初心者のピアノレッスンについて

初心者のピアノレッスンについて

ピアノという楽器は近年の日本においては最も身近な楽器の一つです。
電子ピアノの登場により価格の低価格化が進み、夜間の騒音問題も解決されるようになりましたので一般家庭でも問題なく導入することが出来るようにもなってきました。
そんなピアノですが、かつては小さな子供が習うというのが一般的でしたが、大人になってからピアノレッスンを受けたいと言う人が増えてきているため、全国のピアノ教室では大人の受け入れに対応するようになってきています。
ピアノは指を細かく動かす必要がある楽器ですのでボケ防止にもなると評判です。

子供のピアノレッスンの場合には全員が初心者ですので音楽の基礎的なトレーニングから入ります。
絶対音感と呼ばれる感覚が身につくかどうかは個人の資質次第ですが、子供の内に適切な音楽教育を施さなければ決して身につくことのない感覚であると言われています。
そのような音階の感覚を鍛え、音楽への興味を高めて行くというのが初心者の子供向けのピアノレッスンです。
小さい子供の場合には子供自身が教育を受けたいと考えるよりも親の意向が強く反映されているケースが多くなっています。
そのためレッスンの方向性も子供自身が興味を持って楽しいと感じられるように向けて行くということが求められています。
子供には無限の可能性がありますので、もし音楽の才覚が突出しているのであればプロも視野に入れた教育も可能でしょう。
そのためどのような方向性で習わせるのかについては親の立場で色々と考えなければなりません。

一方で大人になってからピアノレッスンを受けたいと言う人も最近では増えてきています。
大人の場合にはわざわざ時間を割いて自分のお金を使ってレッスンを受けようとする人ばかりですので動機づけの方はばっちりです。
しかし基礎から勉強をしても中々身に付かないという特徴もあります。
何よりも基礎だけで楽しいと感じることは難しく、大人の初心者の場合には何かしら好きな曲を一曲身につけるなどの具体的な目標に向かって努力をするのが良いでしょう。
大人の場合のピアノレッスンの場合はこの様な流れでピアノレッスンを行うことになります。
大人の場合には将来的にピアノで生計を立てるなどの可能性はほぼありません。
そのため楽しいという気持ちを高めることが出来れば成功であると言えるでしょう。
ピアノは何歳になっても楽しめますし、お金のかからないよい趣味であると言えるでしょう。

初心者のピアノレッスンについて|東京(新宿・麻布・船堀)の音楽教室なら小林音楽教室