• 小林音楽教室 新宿教室
  • スタインウェイ
  • ストラディバリウス

東京(新宿、麻布、代々木、船堀)の音楽教室なら小林音楽教室トップ > コラム > 声量を上げるためのボイストレーニング

声量を上げるためのボイストレーニング

声量アップのために取り入れたいトレーニング法



ボイストレーニングと聞くと難しいイメージがありますが、自宅でも簡単にできる方法がいくつもあります。声量アップのためのトレーニングを実践するなら、まずは呼吸法を見直してみましょう。

普段何気なく過ごしていると呼吸を意識することはほとんどありませんが、声量アップのために呼吸はとても重要なカギを握ることが分かっています。特に意識をしないまま息を吸ったり吐いたりしていると、胸が開いたり閉じたりしていることが分かります。

この状態では声量を大きくすることが難しいので、腹式呼吸を意識します。歌うときは胸ではなくおなかを意識して行います。腹式呼吸をすると、おなかで空気が出たり入ったりするために、腹の底から声を出すことをそのまま体現することができます。


そのほか、肺活量を鍛えることも声の量をアップさせるために効果的なトレーニング法です。肺活量が多いということは、それだけたくさんの空気を取り入れることができるので、たくさん息を吐き出すことが可能となります。吐き出す息の量が多ければ多いほど大きな声を出すことができるようになり、なおかつ安定した力強い声量で歌を歌うことができます。

肺活量と聞くと運動選手のイメージが強いですが、実は歌うときにも非常に大切な要素となっています。歌うときだけでなく、日ごろから深呼吸をしてみたり、息を止めるなどのトレーニングを続けていきましょう。


そのほか腹筋も鍛えるといいです。腹式呼吸の効率を上げるためには、しっかりと腹筋が鍛えられていることが条件のひとつになります。鍛えられた腹筋によっておなかに自然と力が入るようになるので、声量がアップするだけでなくハリのある声を出すことができます。

安定した声量のために、毎日腹筋を鍛えるためのトレーニングを取り入れてみてください。



自宅でできる簡単トレーニング



声量を鍛えるために自宅でできる簡単なボイストレーニングがあります。貸しスタジオを借りたり、レッスンに通わなくてもできる簡単な方法です。


例えばロングブレスというトレーニング法があります。息を長く吐き出すトレーニングです。このトレーニングで鍛えられるのは肺活量だけでなく、喉の周りにある筋肉にも効果が現れます。

やり方は、最初に口を軽く開けてください。少しずつ息が漏れるぐらいです。この状態のまま、歯と歯の間から息を吐き出していきましょう。吐き出す息の量は一定に保ちます。肺の中の空気をすべて吐き出したあとは、腹式呼吸で空気を体内に取り入れていきます。息を吸い込んだあとは数秒間息を止めます。
そして再び歯と歯の間から息を一定量ずつ吐き出します。これを何回か繰り返すことで、特に意識せずとも息を吐いたり吸ったりするときにコントロールがしやすくなりますし、声量アップにつながります。


空のペットボトルで行えるトレーニング法もあります。ペットボトルによる肺活量の訓練法はお金もかかりませんし、やり方もシンプルです。空になったベットボトルの飲み口に、口を付けます。空気が漏れないように隙間を作らないのがコツです。そのままの状態で息を吸い込むと吸い込んだ勢いでペットボトルがへこみます。

容器の大きさが大きければ大きいほど、効果が期待できます。これを何度か繰り返して行います。回数は少なくても高い効果を得られることでしょう。



毎日継続できる簡単トレーニング



何気なく過ごしていると、表情筋の多くはあまり使われていません。声量アップのために、この表情筋を鍛えるボイストレーニングもぜひ取り入れてみてください。

大きく口を開けると、顔全体の表情筋がアップすることが分かります。この状態は声量が上がりやすい状態なので、何度も口を開けて口角を上げる表情を作ってみましょう。

そのほか、割りばしなどを口にくわえることで表情筋を鍛えるトレーニング法もあります。
また、発音や滑舌のトレーニングもぜひ同時進行で行ってください。どんなに声量がアップしても、発音や滑舌がよくなければ上手に歌うことは難しいでしょう。

発音や滑舌のトレーニング方法は、学校で演劇部などが部活動でやっているようなイメージです。1音ずつしっかりと発音、発声していきます。毎日繰り返して続けていくと、以前に比べて1音1音が聞き取りやすくなるでしょう。


滑舌のいいアーティストの歌を真似るのもひとつの方法です。いきなり上手に真似るのは難しいですが、何度も繰り返しトレーニングすることでコツをつかめるようになり、声量アップも滑舌、発音の改善も見込めるでしょう。

歌を真似るレッスンは近所迷惑になる可能性もあるので、カラオケボックスなどがおすすめです。
声量が上がると歌唱力もおのずと上がります。今よりももっと歌うことが楽しく感じられるでしょう。

自宅でのトレーニングと並行して、専門の教室でレッスンを受けるのも効果的なので検討してみましょう。

声量を上げるためのボイストレーニング|東京(新宿・麻布・船堀)の音楽教室なら小林音楽教室