• 小林音楽教室 新宿教室
  • スタインウェイ
  • ストラディバリウス

東京(新宿・麻布・船堀)の音楽教室なら小林音楽教室トップ > コラム > 好きなことを仕事にしたい、音楽関係の就職を希望するなら

好きなことを仕事にしたい、音楽関係の就職を希望するなら

音楽業界にはどんな仕事がある?


音楽に関わる仕事と言うと、バンドマンや歌手などテレビなどで活躍しているアーティストや、ピアニストやオペラ歌手といった専門で楽器や歌を習って極めた人たちなどが思い浮かぶかと思います。学生さんで、この先楽器や歌で食べていきたいと考える人も、既に社会人として働いているけれども好きなことで生活したいと考える人にも非常に魅力のあるジャンルではないでしょうか。
しかし、実際にはどうしたらその職業に携わる事ができるのか、具体的にどんな仕事があるのか、案外ぼんやりとしていてわかりにくい業界でもあります。もちろん、プロのピアニストや声楽家になるにはしっかりとした基礎を身に付け、音大に通って有名な先生に師事したりコンクールで賞を受賞したりといった実績が必要になります。しかし、仕事はそれだけでなく、もっと広いところにまで及んでいるため、努力次第では夢を実現することも不可能ではありません。
例えば、ライブやイベントなどでは演奏するアーティストだけでなく、そのステージを作るための裏方が必要です。アーティストが奏でた音を客席に届ける音響スタッフ、舞台を照らすライトを調節する照明や録音・録画を行うスタッフなど、たくさんの人たちの手があってステージが完成されます。コンサートやイベントの企画、アーティストの出演依頼やギャラ交渉などを行う、イベンターやプロモーターといった職業も音楽業界の仕事と言えるでしょう。
楽器を演奏したいという人には、学歴や職歴不問、資格がなくても楽器の演奏さえうまければスタジオミュージシャンを目指すという方向性もあります。スタジオミュージシャンはレコード会社などに所属している人やフリーランスで活動している人もいますが、資格不要とはいえ、高い技術力や経験が要求されます。

プロになるには


音楽で食べていこうと思ったら、なりたい職業によって、まず何をすべきかを見つめ直す必要があります。例えば、ピアニストを目指す場合、ほとんどの人が小さい頃からピアノを習い、音大への進学を目指します。音大に入学するためには専門の先生に師事し、演奏の技術を磨くだけでなく、ソルフェージュや楽典を学ぶことが必須です。音大進学という難関を突破した後もレッスンは続き、コンクールに出場したり海外留学をするなどして技術を磨きます。その中でもプロのピアニストとして活躍できる人は世界的なコンクールで入賞できるようなわずかな人だけです。
それを考えると、プロになるのは厳しい道なのかと悲観してしまいそうになります。しかし、ピアノで生計を立てる方法としては、教員免許を取得して中学校や高校の音楽教師になる方法や、講師として生徒にレッスンをする方法、ライブハウスなどの専属ミュージシャンやスタジオミュージシャンとして活躍する道もあります。
いずれの道を選ぶにしても、教員を目指す以外であれば、特に資格が必要ではないですが、高い技術が必要とされる業界なので自分のスキルを磨く努力を続けることが大切です。既にスタートの時点で出遅れてしまったという人でも、楽器演奏だけでなく演奏家を支える様々な職業や作曲などで活躍する方法もあります。どのような場合でも基礎知識があり、楽器の演奏ができればその経験を活かすことは可能です。どういった仕事があるのか、自分のスキルはどれくらいのものなのか、この先専門学校や大学で学ぶ必要があるのかなど調べるところから始めてみましょう。

基礎を学ぶ事は必須


楽器の演奏でプロを目指す場合も、その他の仕事を目指す場合でも、音楽に関わる職業に就きたいと考えるのであれば、最低限の基礎を習得しておく事はとても重要です。現代ではインターネットが普及しているので、動画サイトをのぞくと自分で作曲した曲をアップしている人たちも多く見かけます。趣味で動画サイトへの投稿を始めたことが、やがて仕事に繋がって有名になった人もいますが、曲を作るのにもある程度、作曲の知識や楽譜を読んだり書いたりする基礎力が必要です。
また、業界の中には楽器の演奏ができない人もいますが、できれば何か1つでも楽器が演奏できたほうが、プレイヤーとしての視点を持つことができるため視野が広がります。音楽をやる上で楽器が演奏できることは決して損にはなりませんので、興味があるものに取り掛かってみましょう。
その他のアドバイスとして、学生さんであれば、たくさんライブやコンサートに足を運んでステージを観察してみたり、音楽だけでなく良い映像作品などに触れる機会を多く設けましょう。様々な刺激を受け、興味の幅も広がります。1つの職業にこだわらず、多くのものに触れて自分に合う進路を見つけてみることも大切です。
音楽業界と一口に言っても、関わっている職業は多岐にわたるので様々な見方をできるようにしておくと良いでしょう。転職を希望している人も、転職サイトに登録することで様々な会社や職業での求人を見ることができます。音楽業界での求人も掲載されているので、条件や自分の性格との適性などを考えながら準備を進めていくことをお勧めします。

好きなことを仕事にしたい、音楽関係の就職を希望するなら|東京(新宿・麻布・船堀)の音楽教室なら小林音楽教室