• 小林音楽教室 新宿教室
  • スタインウェイ
  • ストラディバリウス

東京(新宿・麻布・船堀)の音楽教室なら小林音楽教室トップ > コラム > 専門性が高い作曲への道を進むには

専門性が高い作曲への道を進むには

音楽勉強するにもいろいろあります



小さな頃から音楽の道に進みたいと思って習い事をしている人はそんなにはいないと思います。音楽と言ってもいろいろな道があります。楽器を習いたいという人もいれば、歌を歌いたい人もいますし作曲をしたい人もいます。小さいころの音楽といえば、ピアノを習うことが一番の音楽とのつながりではないでしょうか。ピアノを習うことで音感が育っていき、それ以上の歌や作曲へと繋がっていく人が大勢います。音楽にもただ単に楽器が弾ければいいというのではなく、音楽に対する基礎を学んでから次へのチャレンジとして楽器を習ったり作曲を学んだり、歌を歌う練習をしたりすることが可能です。基本の音楽について学ぶことが音楽への道を開くこととなります。

小さい頃はピアノを習ってもいいのですが、プロの音楽活動をしていきたいと思っている人には、最低限音楽の基礎を勉強してから進みたい道へ軌道修正することで一番の早道となります。楽器は体で覚えるものですが、その前に基本としては音符の勉強をしなければいけません。音符がまずは読めなければ、それ以降の音楽活動ができません。プロの作曲家や歌手などは、そういった基礎をしっかりと学んでから大きく成長するわけで、音楽の基礎を教えてくれる場所を見つけなければならないのです。何も音楽の勉強をせず、歌が上手いからと言って直ぐに歌手デビューできるわけではありません。その基礎となる音程や声の出し方など重要な部分はたくさんあります。

そんな重要な部分を教えてくれるのが音楽学校です。さらに進んで、音楽の構造や仕組みを知ることで様々な選択をすることができます。そこまで勉強して、初めて自分が進みたい道が楽器の演奏なのか歌手なのか、作曲なのかが見えてくるものです。音楽に対する情熱がどのくらいあるのかで上達も変わってきます。今後、音楽を仕事としてやっていきたいのであれば成長しますし、そうでなければ成長しません。



音楽家になりたい人は



音楽に対する情熱と基本の勉強ができたからといって簡単に作曲家になれるわけではありません。作曲家になるには、努力だけではなく、天性の才能も大きく影響してきます。人が聞いて楽しくなければ作曲家としては仕事が来ないのが当たり前です。人が聞いてからまた、聞きたくなるような曲であれば、何もしなくてもファンは付きます。

そこで必要なのはやはり、小さな時から作曲のための勉強が一番重要です。小さい頃は吸収も早く思わぬ才能を発揮することがあります。そんな才能を開花させるには、専門の学校でしっかりとした講師に習っておかなければいけません。そうすることで、才能を早い段階で開花させることができます。中には天才と呼ばれるような人もいますが、天才ではなくても、しっかりと勉強して努力を怠らなければ、一人前の作曲家になることはできます。同じ作曲でもポップとクラシック音楽では全く勉強する内容は違います。

特にクラシックとなると違った勉強が必要になるので、できれば専門の先生に習ってから学んで行かなければ作曲家にはなれません。独自のクラシック音楽になるので、ほかとは違った勉強法を専門家に習ってから取得していく必要があります。独学で勉強できるものではないので優秀な講師に教えてもらうことが重要になります。作曲家になるために必要なものとして和声法・体位法などいくつかクリアしなければいけないこともあり、この方法を習得することでクラシック音楽の音楽家へ近づいていきます。



音楽家になるための手法について



和声法というものを知っておく必要があります。和声法というものは、声にはバス・テノール・ソプラノ・アルトという4つの整体が基本となります。この和声法の4つの声帯と対立法は深く関わっています。対立法は、複数の旋律を、不快をもたれないようにうまく調和させてから音楽を作り出していくことです。この辺が通常のポップスの作曲とは大きく違っていて、なかなかむつかしい部分ですが、クラシックの作曲家が現在あまり出てきていないのはそういった勉強ができる環境が少なくなってきていることも大きく影響しています。

実際に、そういった作曲を学べる学校というのが少なくて、優秀な講師を抱えている学校も少なくなっています。その中でも優秀な講師を抱えている学校もあるので、できるだけ優秀な講師陣営でいろいろと勉強できたほうが音楽家への道は開けてきます。待っていてはいけません。自分がなりたい音楽の道を切り開くためにも自分から進んで行動を起こさなければその先はないのです。

同じ音楽の道でも芸能界のような舞台では歌が上手ければなれたりしますが、クラシックの世界ですと基本を忠実に勉強しなければいけません。そうする事で音楽家への道が開かれてきます。クラシックの音楽家を目指そうと考えている人は、専門性の高い教室もありますので、そこでしっかりと基礎を学んで道を開いてみてください。

専門性が高い作曲への道を進むには|東京(新宿・麻布・船堀)の音楽教室なら小林音楽教室