• 小林音楽教室 新宿教室
  • スタインウェイ
  • ストラディバリウス

東京(新宿・麻布・船堀)の音楽教室なら小林音楽教室トップ > コラム > 教員試験のために音楽教室でピアノを習おう

教員試験のために音楽教室でピアノを習おう

教員試験について


教員試験を受けることを検討している大学生は少なくないでしょう。日本の大学には教育学部がある学校は多く、実際に学校の先生を目指す人は多く存在しています。教員試験の種類によっても異なりますが合格をすれば小学校や中学校の教員になることができます。今では昔に比べて教育制度が充実しており各地域に小学校や中学校が設置されています。大学生の人も昔は通っていた人が多く、憧れの先生がいた人の中には教員になることを夢見て大学生活を送っている人も多いです。もし担任などになればクラスの生徒を管理できるので、やりがいなどを抱く人も少なくありません。しかし、実際になるためには教員採用試験に合格しなければなりません。教員試験を想像する人の多くは基礎的な学力を確かめるための筆記試験をイメージする人も多いですが、小学校では全教科の指導にあたるため音楽のピアノ弾き語りなど実技試験もあります。そのため、合格するためには実技試験をパスする必要があります。
しかし、5教科などの学力に関しては小学校の頃から塾などに通っていたので得意な人は少なくないですが、ピアノを弾くことできない人は多いのではないでしょうか。小学校などの義務教育課程で基礎的な音楽を習うことはありますが、実際にピアノを弾く機会はそう多くありません。小学校の時は鍵盤ハーモニカを使用する学校もありますが、小学校高学年や中学生になれば使用する機会は減るので忘れてしまう人は多いです。あまりピアノが得意でない人でも弾かなくてはなりませんから合格に高いハードルを感じている人は多いでしょう。
都道府県によって違いがありますが、音楽の実技試験では課題曲が教科書から一つ選ばれます。楽譜は持ち込みが可能なケースもあります。過去に出題された課題曲の多くは日本を代表する曲なので、昔からピアノを習っている人であれば容易に弾ける人も多いですが、教員を目指している人の中には日本の名曲でも楽譜すらしっかりと読むことができないので弾くことに難しさを感じている人も多いです。試験会場によっても異なりますが、実際に試験をする時はグランドピアノを使用するところが多いそうです。あまり音楽に携わってきたことがない人の中には一度もグランドピアノで弾いたことがない人もいるのではないでしょうか。

教員試験に合格するためにピアノを学ぼう


このように教員試験に合格するためにはピアノは避けられない実技の一つです。そのため、大学生の方や教員試験を受けることを検討している人の中にはどのような対策をすればいいのか知りたいと感じる人もいるでしょう。
まず技術を高めるためには練習をする環境を準備します。例えば独学ができる体制を整える人もいますが、実際にピアノは音楽の中でも比較的価格が高い楽器になります。そのため、お金に余裕がある人の中には準備できる人もいますが、そうでない人が多いので音楽教室に通う人が多いです。音楽教室は今では日本のあらゆるところに設けられており、お子さまから大人まで利用することができます。音楽教室ではチェロやバイオリンなども扱うたくさんの楽器を学ぶことができる教室もあります。音楽教室では生徒のスキルに合わせて指導してくれるので、音楽が得意ではない人でも利用しやすいです。
また、独学よりもスキルアップの効率が高いことを期待できます。疑問点があれば直接指導してもらえるので、調べる時間などを短縮することができたり、わかりやすい説明を行ってくれたりするので短い時間で理解することができます。また、通うことができれば同じ悩みを抱えている人と出会うことができる可能性があります。実際に通っている人の中には教員試験のためにスキルアップを図っている人も少なくありません。もし同じ教室に通うことができれば友達になってお互い励ましあいながら教員試験に向けての音楽実務の対策ができる可能性があります。

教員試験対策のための音楽教室の選び方のコツ


音楽教室を選択する時は、今まで教員試験の合格者がいるかどうかを把握します。音楽教室によって取り扱う分野はそれぞれ異なります。
例えばお子さまを中心に教える教室や、趣味を楽しむために大人に教えてくれる教室があります。このように種類が豊富なので、もし今まで教員試験の合格実績がないところを選ぶことに不安を感じる人は少なくないでしょう。まずはホームページなどを確認して実績の有無を確認します。
その他のコツは体験レッスンを活用することです。体験レッスンは実際に指導を受けることになるので、レッスン料が必要になる場合がありますが、音楽教室選びに活用することができます。例えば先生の指導の仕方や教室までの通いやすさ、さらには施設内の設備を契約する前に知ることができます。そのため、音楽教室を通う人の中にはまずは体験レッスンから参加して選ぶ人も多いです。体験レッスンの申し込みはホームページから行うことができます。もし音楽教室選びに迷っている方は体験レッスンを活用してみてはいかがでしょうか。このようなコツがあるので参考にして自分に合ったところを選択しましょう。

教員試験のために音楽教室でピアノを習おう|東京(新宿・麻布・船堀)の音楽教室なら小林音楽教室