• 小林音楽教室 新宿教室
  • スタインウェイ
  • ストラディバリウス

東京(新宿・麻布・船堀)の音楽教室なら小林音楽教室トップ > コラム > 東京で自分に合ったヴァイオリン教室を探すために

東京で自分に合ったヴァイオリン教室を探すために



ヴァイオリン教室に通う理由


クラシック音楽には欠かせない楽器であるヴァイオリン。その登場は16世紀初頭にまで遡るとされています。当初はソナタ音楽に使用されることが多かったものの、18世紀後半にオーケストラ音楽が誕生し、多くの楽曲で使用されるようになりました。


ヴァイオリンは現代でも様々な楽曲、シーンで演奏され、美しい音色による存在感を遺憾なく発揮しています。東京都内でもヴァイオリン教室は多く開かれており、初心者から経験者まで多くの方が美しい音色を奏でるためにヴァイオリンを習っています。ヴァイオリン教室では演奏時の正しい姿勢や持ち方、腕や手の添え方という基本はもちろん、その人に合った練習方法で楽曲の演奏を教えてくれます。


東京にはいくつもの教室がありますが、中でも個人レッスンの可能な教室、グループレッスンのできる教室など、細かく分類されます。教室によって教えている方法や内容は異なります。長く楽しくヴァイオリンを続けたい、基礎から徹底的に勉強したい、人によって何故ヴァイオリンを習うのか、どういった理由で教室に通うのかは異なります。自分に適している教室を探すのであれば、条件を明確にしたうえでいくつかの教室を見比べて選ぶと良いでしょう。教室の合う合わないをきちんと判断することが重要です。




気になる授業料の支払い形式ついて




ソナタ形式やアンサンブル、オーケストラまで様々な楽曲で使用されるヴァイオリンは幅広い年代の方から愛されています。そのため全国各地に教室があり、いざヴァイオリンをはじめようとするとどこで技術を学べば良いのかと悩んでしまうこともあるでしょう。


東京近郊に限らず、教室選びをする際には授業料、授業の内容、さらに先生の人柄という3点がポイントとなります。授業料に関しては大きく分けて3つの支払い方法があります。月謝制、回数制、コース制が主な支払方法であり、それぞれにメリットがあります。


月謝制とは言っても現金での支払いだけではなく振り込みなど支払い方法を選ぶことができるところもありますが、月謝制を採用している教室の場合、月々の授業回数が決まっており、毎月定められた授業料を支払うという方法です。例えば月に2回、週に1回など教室によって異なりますが、事前に設定された回数と時間分の授業料をまとめて支払うという方法です。主に個人で行っている教室などで採用されていることが多い支払制度で、授業回数や支払金額が事前に決まっていることから続けやすいというメリットがあります。


回数制となっている場合、1回の授業につき何円、といった設定がされています。毎回の授業につき支払いが発生しますが、月に何回、といった設定がないことも多く、時間の融通が利く際にまとめて通いやすいというメリットがあります。


コース制は月謝制と似た部分があり、回数分の授業料を支払う形となります。ただしコース制の場合一月というくくりに捉われず、3か月や半年など比較的長めに設定されている期間の中で何回分授業を受けられる、といった内容になっていることが多くなります。月によって忙しさが変わる場合や試しにやってみたいという場合におすすめです。


支払い形態によって異なるメリットがありますが、続けて勉強をしたい、と考えている場合には月謝制などある程度決まったスパンで支払いを行うようにすると良いでしょう。




ヴァイオリン教室を選ぶ際の基準




教室を選ぶ際に気にすべきことは授業料だけではありません。授業の内容というのは教室によって異なるため、そちらも気にして選択する必要があるのです。例えばコースの種類です。初心者コース、上級者コースといった難易度の違いが設けられているかどうかという点は教室を探す際に注意してみておきましょう。コースという明確な定義がなくとも、その人の技量に応じた練習法で対応してくれるかどうか、という見方で考えます。大手のヴァイオリン教室の場合はコースとして用意されていることもありますが、授業が個別なのかグループなのかでも異なってきます。一人ひとりに合った方法で教えてくれる教室を探すことが大切です。


また、先生の人柄もヴァイオリンを続けるうえでは重要です。練習法が自分に合っていても、先生との相性が合わなければ楽しく続けることは難しくなります。しっかりと自分と向き合ってくれるかどうか、教え方は丁寧か、やる気を引き出してくれるか、といった長く続けるために、という観点から先生と接してみると良いでしょう。


先にも述べたように、どういった理由で教室に通いたいか、という点は教室選びでは非常に重要なポイントですが、それでも多くあるヴァイオリン教室の中からどこを選択するかは難しい問題です。特に東京近郊、首都圏においては人口に比例して教室も多くあります。自分にあった教室を探すため、体験レッスンなどを受けてみることもおすすめです。自分のペースで続けることができるかどうかしっかりと見極めながら選ぶことで、楽しく、かつ正しくヴァイオリンを習うことができるでしょう。


東京で自分に合ったヴァイオリン教室を探すために|東京(新宿・麻布・船堀)の音楽教室なら小林音楽教室