• 小林音楽教室 新宿教室
  • スタインウェイ
  • ストラディバリウス

東京(新宿・麻布・船堀)の音楽教室なら小林音楽教室トップ > コラム > 東京の幼児のためのヴァイオリン教室について

東京の幼児のためのヴァイオリン教室について

音楽に関する幼児のための英才教育は、音楽の才能を伸ばすだけでなく、脳の発達にも非常に有益だといわれています。そして今現在自分のお子さんに音楽教育を施そうと、東京エリアのヴァイオリン教室など本格的な幼児向けの音楽教室を探しているお母さんたちもいらっしゃることでしょう。

特にヴァイオリン教室は、ピアノなどとは違い楽器が場所をとらないので、東京エリアでの楽器教室としては人気があるものの一つです。またヴァイオリン教室は、クラッシック音楽の基礎的なところも同時に学べるので、お子さんの才能を最大限に引き出せるものの一つでしょう。ただ幼児年齢のお子さんがバイオリンを学ぶ際には、まだ体が小さいので、大人用のバイオリンを使用するには無理があり、子供用のバイオリンを体の成長に合わせて使用して行くことになるでしょう。

これらの子供用のバイオリンは、分数バイオリンとも呼ばれ、お子さんの体のサイズに合わせて新調していくことになります。この分数バイオリンは、大人用のサイズのバイオリンを分数スケールでそのサイズを縮小してあるもので、16分の一から4分の3のスケールで製造されていることがほとんどです。そしてこれらの分数バイオリンは、お子さんの体の身長に合わせてその都度買い換える必要があります。そしてお子さんが身長145センチ程度になれば、大人用のバイオリンでも十分に使いこなせる背丈となります。

バイオリンは場所をとらないので、東京のように住宅事情が狭い場合にうってつけと前述しましたが、やはり子供のうちからバイオリンをお子さんに習わせるためには、どうしても子供用のバイオリンを買い換えて行く手間と費用は必要不可欠となって行くことでしょう。
またもう一つ非常に重要なことは、お子さんが楽しんでバイオリン教室に通えるかということも、この楽器を上達させるための一番の重要なポイントです。もしお母さんが子供に習わせたいと理由だけで通わせていて、実はお子さんはやる気が無い場合ですと、どれだけ良い教師が指導しても才能が開花できないケースが多くあります。

お子さんのやる気が芽生えていないうちに無理やり教室に通わせたことで、将来音楽が嫌いになってしまえば、それは様々な面で無駄になるだけでなく、お子さんの成長にも影響してきます。もしお母さんが方がヴァイオリン教室を選ぶ際は、これらの点を考慮に入れて、良い教師の下でお子さんのやる気を最大限に引き出す努力をご家庭でも行いましょう。そしてこれらの努力が、音楽の才能を伸ばすのに一番の教育となるかもしれません。

東京の幼児のためのヴァイオリン教室について|東京(新宿・麻布・船堀)の音楽教室なら小林音楽教室