• 小林音楽教室 新宿教室
  • スタインウェイ
  • ストラディバリウス

東京(新宿・麻布・船堀)の音楽教室なら小林音楽教室トップ > コラム > 東京都内のピアノ教室はジャズも盛ん

東京都内のピアノ教室はジャズも盛ん

ピアノというものは日本国内でも昔からポピュラーな楽器なので、幼少期よりピアノ教室などで習っていたという人は、かなり大勢いるのではないでしょうか。そして、たいていの人はその練習題材としてクラシック音楽というのが一般的です。そして、今そんなクラシックを学んできたような人が大人になって改めてジャズを習うという人が増えてきています。

例えば東京都内のピアノ教室などではサラリーマンが仕事帰りに立ち寄り、ジャズなどの今まで習っていなかった、しかしよく聴いていたというような音楽をプレイすることで、新鮮な感覚を得ているようです。ある意味それはストレスの解消としても有効なようです。現代のサラリーマンはお酒の量が減ったといいます。お酒の代わりに音楽学習でストレス発散というのは、ちょっとかっこいいかもしれません。

ジャズなどは実際に東京都内のちょっとしたバーなどで生の演奏を聴ける機会は結構多いのです。そしてクラシックとの最大の違いはその自由度です。クラシックは楽譜通りに演奏していかに表現を豊かにプレイできるかが評価のポイントになりますが、ジャズの場合はその即興性のセンスが何よりも重要なので、多少テクニックに自信が無くともセンスでカバーすればよい演奏になる可能性もあります。そして、お酒の席などではクラシックよりもそういった音楽のほうがよりムーディーでリラックスできるので、ある意味より生活に根ざした実用的な音楽ともいえます。それが人気の秘密かもしれません。

現在の東京都のピアノ教室を初めとした音楽レッスンの状況は昔に比べれば多様に変化をし続けています。例えば同じピアノでも、クラシックではなくボサノバなど、今まで日本国内でポピュラーではなかったようなジャンルにスポットが当てられている場合も多いのです。

今、CDが売れない自体といわれている背景に、人々の聴く音楽の多様化が指摘されています。一枚のCDが爆発的にヒットしていなくても広い範囲で人々は音楽をおのおの楽しんでいるという状況なのです。こういった状況に音楽教室が連動しつつある状況なのです。今後音楽教室の運営に携わる人たちはもっと広い視野での顧客開拓が必要になってくるでしょう。そして広く深い意味での音楽レッスンを人々に供給することが出来れば、日本国内の音楽シーンがもっと豊かになるかもしれませんし、人々の生活スタイルも変化して豊かになってくる。音楽にはそんな大きな影響を与えられる可能性があるのです。

東京都内のピアノ教室はジャズも盛ん|東京(新宿・麻布・船堀)の音楽教室なら小林音楽教室