• 小林音楽教室 新宿教室
  • スタインウェイ
  • ストラディバリウス

東京(新宿・麻布・船堀)の音楽教室なら小林音楽教室トップ > コラム > 江戸川区の楽器教室で古典を習うと

江戸川区の楽器教室で古典を習うと

古典音楽というと、特別な響きがありますが、ひいおじいさん、ひいおばあさんの頃には、礼儀作法のひとつとして先生に教えて頂くごく普通の教養だったのです。そういう古典の楽器を気軽に、しかも江戸川区で楽器教室へ通って習えるなら、これからの国際的な日本の文化発信の素晴らしい方法として手に入れてみたいものです。江戸川区というところは、もともといくつかの村が集まってできていますが、弥生時代頃の成立といわれていて、江戸時代には海や川の恵みを生かした漁業などが盛んだったようです。8代将軍の徳川吉宗が鷹狩りに訪れる場所として好んだという記録や、野菜の小松菜の発祥の伝説として、吉宗が名付け親であるなどのエピソードが伝わっています。歴史的にも古典文化に親しむには絶好の環境ですから、江戸川区での楽器教室通いは、普通の音楽教室と違って、中身の濃い学習ができるでしょう。国際的なイベント行事など、日本開催の度に海外からの観光客が増加していますが、日本文化の伝え方としては、あまり目に付く機会が少なく、一般の人が日本文化をどんな風に海外の人へ伝えられるのか、よほどの事でなければ、話題として取り上げられる機会も大変少ないのが現実です。日本の文化は海外からの観光客に最もわかりにくいとされている日本語がキーワードとなるものが多いので、日本を楽しむには日本語が理解できないと本当に楽しめない、外国からのツアー客はそう指摘しています。ここで楽器教室を勧めるのは、日本文化の紹介として、言葉を使わないコミュニケーションを可能にする、伝統的な楽器を使った音楽を習得することで、より広く、自分の考えている気持ちを伝えられる理想的な方法である点です。そして、古典楽器の強さである、上品さ、品の良さがあります。自分が何かを伝えたい時、夢中で物事に取り組む姿を見てもらうのですから、身じまいを整えて、凛とした態度で表現ができれば、理想的な自分の姿を意識して、演奏も緊張感あるものを奏でることができます。昔ながらの楽器には作法がつきものであり、それが山の木材など、自然の素材を楽器として使っている、日本の感謝や細やかな感情の表現法でもあります。良い教室なら、作法についての知識も教えているので、技能の習得に加えて専門知識も獲得することができます。身近に歴史を感じる環境の江戸川区なら、理想的だといえます。特に海外からの観光客を相手にするなら、絶好のコミュニケーション方法です。

江戸川区の楽器教室で古典を習うと|東京(新宿・麻布・船堀)の音楽教室なら小林音楽教室