• 小林音楽教室 新宿教室
  • スタインウェイ
  • ストラディバリウス

東京(新宿・麻布・船堀)の音楽教室なら小林音楽教室トップ > コラム > 移動の際のチェロの持ち運び

移動の際のチェロの持ち運び

チェロはヴァイオリンと同様に身長の大きさに合わせて演奏するために、サイズは7種類あります。
しかし、ヴァイオリンとは違い、他の楽器と比べて大き目で、とても持ち運びが大変な楽器の一つです。
ケースは本体よりも重く、二つの重量を比べるとても重くなります。ケースの中には、グラスファイバーなどを利用して
、ただ軽いだけではなく、衝撃などにもとても強いものもあるために、そういったものを利用することで、安心麺と、持ち運びに関しての安心感があります。さらに、ストラップが2本あるものだと、リュックのように持ち運ぶことができるので、肩への負担を軽減させてくれます。キャスター付きのケースもあるので、そういったものを選ぶと持ち運びがとても楽になります。
また、肩の疲れは重さだけではなく、肩紐によっても違ってきます。フック式のものなら脱着がとても簡単になり、肩パットが肉厚のものほど、肩への負担は軽減されます。
保管する際にも持ち運びをする際にも利用するケースは、少し値段が高くはなりますが、ハードケースを利用したほうがメリットもあります。
ハードケースを利用すれば、雨の日でも持ち運びができます。さらに、ソフトケースの場合、湿度の変化で調弦が狂ってしまうこともありますが、ハードケースを利用している場合には、大きな狂いを生じません。
電車を利用する際には、改札はなるべく広いところを利用することになりますが、日本には狭い改札もあるために、工夫が必要となります。また、バスに乗る際には断られてしまうこともあります。
チェロの持ち運びの際には、飛行機に持ち込む場合は、自分の席の分ともう一つチェロのための席も購入しなければいけません。
チェロを飛行機機内に持ち込む際には、飛行機会社によっては、必ず一番後ろの席に載らなければいけないところもあります。席に乗せる場合、緊急避難などの場合、通路側に置くと危険な場合もあり、窓際の席に置くことになります。
他にチェロを運ばなければいけない場合は、宅急便を利用する方法もあります。宅急便を利用すれば、移動する際に乗り物を利用しても制限がないために、とても移動が楽になります。
また、サービスとして、チェロを貸してくれるサービスもあるので、そうったサービスを利用すると、移動の際に生じる破損や移動時の乗り物などの制限などもないために、様々なリスクを解消することができるので、安心して移動することができます。

移動の際のチェロの持ち運び|東京(新宿・麻布・船堀)の音楽教室なら小林音楽教室