• 小林音楽教室 新宿教室
  • スタインウェイ
  • ストラディバリウス

東京(新宿・麻布・船堀)の音楽教室なら小林音楽教室トップ > コラム > 船堀で作曲したい人もまずバイオリンも習っては

船堀で作曲したい人もまずバイオリンも習っては

いつの時代も音楽に携わる仕事は憧れの的でしょう。それは現代でも同じです。 音楽の仕事と言ってもいろいろあり、大きく分けると、演奏する側と、曲を作る側に分かれています。 テレビやCDの発達により、歌謡曲やロック、ポップスの世界がクローズアップされ、主にそれらのジャンルを歌う歌手がもてはやされてきました。 一方で、彼らの歌う曲の多くは、専門の作詞家や作曲家が作っているものです。ただ、あまり作る側の名前や顔が大きく取り上げられることがないのが特徴です。 他方、音楽と言っても、いわゆる西洋の伝統的な音楽であるクラシックの世界では、演奏家ももちろんもてはやされますが、作曲家のウェイトが大きいように見受けられます。 言われてみればそうではないでしょうか。しかも時間が経って、歴史的な過去を見ればそれはなおさらです。クラシック音楽の世界では200年以上前くらいから、作曲家の名前は有名ですが、その当時の演奏家の名前はそれに比べて大幅に少ないでしょう。 ですから、クラシック音楽の世界で名を上げたいなら、演奏家だけでなく、作曲家を目指すのもいいかもしれません。しかし、クラシック音楽は長い伝統があるだけに、その曲の作り方は難しく、とても独学できるものではないとされています。ですから、もし、作り手を目指すとしても、専門的な教育を受けることが肝心です。 また、クラシック音楽の場合、曲作りだけを独立して勉強するというのはあまり考えられず、普通は何らかの楽器演奏の教育も受けて、演奏もマスターするものです。まずピアノ、さらにはバイオリンを弾けるのが普通です。 これらは幼少期から始めるのが普通で、そんな教えてくれるところはどこにあるの、と思うでしょうが、日本は音楽教育が進んでおり、両方対応する教室は結構あるようです。たとえば、東京の船堀にもあります。江戸川区という下町地区ですが、近くにコンサート対応のイベントホールがある関係か、クラシックに触れる人も多く、需要がある船堀は相応しい立地です。 もちろん、船堀に住んでいる人でなくとも都内ですので、幅広い地域の人に教室を利用してもらうことができます。習う楽器としてはピアノが最も定番ですが、習得が難しいので、バイオリンもいいでしょう。船堀の教室で始めることを考えてみてはどうでしょう。 バイオリンを弾きながら曲を作る、というのもカッコいいではないですか。映画にもなった、パガニーニという人はまさにそれでした。現在の日本にもテレビの携帯電話会社の宣伝でバイオリンを弾いている有名な人がいますよね。あなたも彼らを目指してみては。

船堀で作曲したい人もまずバイオリンも習っては|東京(新宿・麻布・船堀)の音楽教室なら小林音楽教室