• 小林音楽教室 新宿教室
  • スタインウェイ
  • ストラディバリウス

東京(新宿・麻布・船堀)の音楽教室なら小林音楽教室トップ > コラム > 船堀のヴァイオリンレッスンでテクニックを磨こう

船堀のヴァイオリンレッスンでテクニックを磨こう

船堀は都営新宿線が走るアクセスの良い場所でありますが、同時に千葉からも程近い雰囲気的にはのんびりした街です。特に平日の昼間などは都内とは思えない静けさがあり、音楽の独習に適している街と言えるかもしれません。船堀ではヴァイオリンレッスンの教室がいくつかありますが、主だったものは大手楽器店の主催するヴァイオリンレッスンスクールになります。 大手楽器店の主催するヴァイオリンレッスンスクールでは、小さなお子さんさらサラリーマンまで多くの世代を対象としたレッスンが売りです。これは当然、幅広い世代を網羅したほうがビジネスとして潤う可能性が高いからということなのでしょうが、サラリーマンなどある程度の年齢の人が初心者の状態で新たに何かを学ぶためにスクールに通うということは、音楽に限らず、照れもあるので、なかなか第一歩を踏み出せないというのが現状です。 そういった中で現在の幅広い世代をターゲットとした音楽教室の運営方針は、生徒にとっても歓迎されるべき事柄であるといえます。ヴァイオリンに限らず、何かひとつの楽器をたしなんでいく中で、別の楽器にもトライしてみたいと思うことはあるものです。それは楽器が違っていても、音楽というひとつの大きなジャンルの中のものということで大きな違いがないからです。 さらに複数の楽器を習得することで、ひとつの楽器の奥深さを再認識できるといったことはよくあることなのです。以前に比べて音楽教室、もしくは習い事全般に生徒数が減少の傾向にあります。それはみなさんお気づきかもしれませんが、少子社会というものが大きなひとつの原因です。 新しく楽器を始める新規の生徒数に対して、楽器を教えられるだけのテクニックと知識がある大人の割合が多すぎるということがあります。これは新規の生徒の立場から言えば、テクニック向上のためには競い合う相手が必要となるので、そういったライバルがいない状態は技能の向上にとってはいいことではないでしょう。しかし、音楽を教える先生側の視点で見てみれば、飽和状態の中から選ばれた音楽教師というのは、以前では考えられなかったほどの質の高い音楽家、または指導者ということになるでしょう。 前途のような、音楽をひとつの競争と考えずに、楽しむものとして考えるのであれば、今のこの状況は学ぶ生徒にとって良い時代と言えるかもしれません。船堀でヴァイオリンを学ぶと言うことは他の時代では味わえない意義のあることかもしれません。

船堀のヴァイオリンレッスンでテクニックを磨こう|東京(新宿・麻布・船堀)の音楽教室なら小林音楽教室