• 小林音楽教室 新宿教室
  • スタインウェイ
  • ストラディバリウス

東京(新宿・麻布・船堀)の音楽教室なら小林音楽教室トップ > コラム > 船堀の中高生は是非バイオリンを学ぼう

船堀の中高生は是非バイオリンを学ぼう

船堀と言えば、江戸川があり、新宿まで直結している地下鉄の都営新宿線の駅であります。都心から見れば最東にあたる場所で、平日の昼間などはのんびりした雰囲気で、中高生などのお子さんをお持ちのご父兄にとって安心して暮らせる街でもあります。 多くの中高生は勉強以外に何かの趣味的なことにも力をいれて取り込むことが推奨されています。それは勉強と言うものがあまりにも実利的であり、人としての心の豊かさを築く上ではそれだけでは足りないからという理由です。船堀はスポーツなどを含め多くの課外授業に適した環境の街です。 スポーツか音楽かというような選択肢が学生の間で存在するのが現実です。そして音楽を志す生徒の中でもエレクトリックギターのようなポピュラー音楽やロックなどに進むか、クラシックにいくかで方向性が分かれるところもあります。クラシックを選んだ生徒の多くがバイオリンかピアノを選択するでしょう。なぜならどちらもクラシックミュージックの中でソロイストとして脚光を浴びる可能性があるからです。そういった願望がないにしてもあこがれる対象として一般的なのです。 クラシックの音楽では物理的に上のほうから価値が高いと言われます。それはつまり、一番価値が高いのがヴォーカルパートです。人間の喉がもっとも価値のある楽器なのです。そして次にくるのがトランペットなどの吹奏楽器です。さらにその下がバイオリンなのです。喉にあてがい演奏する光景はおそらく誰しも記憶にあるでしょう。そして、その次がギター、ピアノと続くといわれています。 バイオリンなど、いずれの楽器でも、音楽に触れ、そしてそれを理解し感じるということは、技術的には成人してからでも可能ですが、人間の脳の仕組みとして、そういった感性に関わることはなるべく若いときにすべきだということがわかっています。音楽とは芸術のカテゴリーですが、これを理解するということは世の中の感情的な部分をほぼ理解したと言ってもいいでしょう。 偉大な作曲家の多くが若い時代に成果を残しています。多くの音楽家は昔の時代ではありますが若いときに他界しています。音楽を学ぶということは、よく言うところの「後でもできる」ということではありません。実利主義の現代であるからこそ、中高生までには音楽などの感性を鍛える学習をさせるべきであるかもしれません。船堀という環境はそれに適しているのです。バイオリン教室を探してみてはいかがでしょうか。

船堀の中高生は是非バイオリンを学ぼう|東京(新宿・麻布・船堀)の音楽教室なら小林音楽教室