• 小林音楽教室 新宿教室
  • スタインウェイ
  • ストラディバリウス

東京(新宿・麻布・船堀)の音楽教室なら小林音楽教室トップ > コラム > 船堀の楽器教室でロマン派の音楽を習う

船堀の楽器教室でロマン派の音楽を習う

日本はクラシック音楽教育大国です。ピアノはもちろん、ヴァイオリン、その他クラシック演奏に必要な楽器、声楽のいずれについても都市部はもちろん、地方に至るまでたくさんあります。その背景には、日本人のクラシック音楽への造詣の深さ、普及の広がりがあると言えます。 もちろんどこにでも同じような割合で、専門的かつ高度に楽器教室があるわけではなく、地域ごとの違いはあるようです。やはり比較的都市部には多く、それも、山の手と言われるような高級住宅街の近くや、文京地区と言われるような、各種学校があるような地域では多めになるようです。また、それこそ音楽大学の近くの地域も多いはずです。音楽大学でなくとも、総合大学で、音楽の教員コースのある学部を持つところの近くだと、地方でも楽器教室は多くなります。 というのも、楽器教室が主に教育する相手は幼児期からの子どもがメインなことが多いですが、それだけ、早期からの教育が必要で、将来、子ども自身が楽器演奏を必要とする仕事に就こう、あるいは保護者が子どもに就かせようと思うなら、教育を早く始めるに越したことはないからです。 また、習う人の多くが子どもであるということは、教室に通うとして、家から近く、子どもひとりでも通うことができるほうが助かります。そういう背景もあり、楽器教室は都市部ばかりに集中するのではなく、地方であっても、需要のありそうな地域のすぐそばにあるため、全国に散らばっています。 また、こうした教室は、クラシック演奏に触れる機会の多い地域でも増える傾向があるようです。 それは東京の船堀でも同じでしょう。船堀の場合、江戸川区のシンボル的なイベントホールがあり、そこでクラシック演奏会なども行われるため、地域のクラシック熱は高いと思われます。これは一般的にクラシックにやや距離があると思われる、下町地区のなかでも高そうです。 クラシックの演奏会で最も良く演奏される時代区分的なジャンルは、ロマン派です。おおよそ1800年代の全体にわたる期間に生まれた作曲家の属する時代で、一般の人にもお馴染みの曲の多くもこのロマン派時代に生まれています。 楽器教室で教える時に使用される曲も、古典派と並んでロマン派は多く、コンサートの曲目、音楽教育で使われるという両方の用途で重要な位置を占めています。ですから当然、船堀の楽器教室でもロマン派の曲を使っての指導が行われるはずです。 それは近くのイベントホールでも日夜聴かれるものでもあり、地域の人にとっては馴染みがあるでしょう。馴染んだ曲で習うと、きっと上達も早いはずです。この地域でクラシックの楽器を習おうという人はこれらの事情を考慮するとわかりやすいでしょう。

船堀の楽器教室でロマン派の音楽を習う|東京(新宿・麻布・船堀)の音楽教室なら小林音楽教室