• 小林音楽教室 新宿教室
  • スタインウェイ
  • ストラディバリウス

東京(新宿、麻布、代々木、船堀)の音楽教室なら小林音楽教室トップ > コラム > 音楽の先生になるために必要なこと

音楽の先生になるために必要なこと

音楽の先生という仕事



音楽の先生と一口に言っても、学校教諭や専門学校の講師、スクールの先生など、職業は色々あります。
その中でも学校教諭の仕事内容は、非常に多岐にわたります。
通常の授業では歌唱指導が中心となりますが、音楽が必須科目となっている小学校や中学校、選択科目になる高校では内容や使用する楽器が違うため、幅広い知識が必要になるでしょう。
また、教育用楽器であるリコーダーや鍵盤ハーモニカの器楽指導も行います。
自分で選択する高校はともかく、小学校と中学校は必須であるだけに、やる気が起きない生徒に対して工夫しながらの指導も求めらます。


こういった通常授業の他にも、入学式や卒業式での校歌斉唱など学校行事の際にも責任者となることが多いでしょう。
中学校であれば、合唱コンクールの運営や歌唱指導が代表的です。
その他音楽以外の部分でも、ホームルームや生徒会の活動、文化祭などを通して、物事に取り組む姿勢や協調性を生徒に指導する役割も担います。
場合によっては、吹奏楽部や合唱部など音楽系クラブの顧問を依頼されることもありますので、歌唱と器楽、専門知識以外にも多くの資質が求められます。


これに対して、専門学校の講師やスクールの先生は、歌唱指導ならボーカル講師、器楽指導ならピアノ講師やギター講師など、教える内容が単一化されています。
文化祭や発表会という授業以外の行事に関わることはあるでしょうが、学校行事ほど多岐にわたることはありません。
何よりも音楽が好きで通っている生徒がほとんどなので、やる気に関しては心配せず、指導に集中できるでしょう。


音楽の先生への道



学校教諭がその他の先生と大きく違うのは、教員免許が必要であるという点です。
教員免許は、大学や大学院などで必要な科目を学び、単位を履修することで取得可能です。
専門分野と教職、どちらも学べるのは音楽大学や教育大学、芸術大学です。
免許は卒業証書と共に発行される大学と、卒業後に各都道府県に申請する必要がある大学があります。


しかし、教員免許の取得はあくまでも教職に就くことを国から認められたという段階であり、まだ仕事がスタートとなるわけではありません。
実際に教職に就くためには、教員採用試験を受ける必要があります。
公立の中学校や高校で教員として職に就くことを希望する場合は、地方自治体の採用試験を受けます。
合格すれば名簿に登録されますが、欠員が出るまでは採用とはなりません。
私立の場合は、独自に採用試験を行っていますので、選ばれれば仕事がスタートします。


これに対して専門学校の講師やスクールの先生になるための免許はなく、それぞれの専門学校やスクールで採用されれば、その時点で仕事がスタートします。
音楽大学などを目指す生徒のためのコースがあるところなど音楽大学や芸術大学卒業を採用条件にしているところもありますが、学歴を問わないところも多々あります。
そのようなところで採用の際重視されるのは、今までの活動実績や指導の経験です。
音楽の先生と一口に言っても、どういう形での先生を目指すかによって、そこへ向かう道や積むべき経験は違ってきますので、まず目的をしっかり決めることが大切です。


必要なのは技術と知識そして指導力



教職課程には、日本国憲法や心理学、語学などの音楽に直接関係のない科目もありますが、これらはしっかり勉強すれば修得できます。
指揮法や音楽教育法、西洋音楽史も授業を受けていればクリアできるでしょう。
それまでの経験によって得意不得意が大きく分かれるのが、教職課程の必須科目である声楽とピアノ、そしてソルフェージュです。
授業で必要になる技術は複合的であるため、楽譜を見て歌えるスキルや楽器の演奏技術が高いというだけでは成立しません。
歌唱指導であれば、伴奏だけではなくメロディを弾きながら歌い、同時に生徒を観察する能力が求められます。
お手本を見せるため、部分的に歌って聴かせたり、移調して伴奏を弾くこともあるでしょう。
これらは、声楽やピアノを専攻している人にとっても、ある程度の訓練が必要となります。


専攻していない場合は、どちらも一朝一夕にできるものではないため、多大な練習時間を費やすことになるはずです。
学校教諭を目指すと決めたなら、なるべく早い時期からピアノと声楽、そしてソルフェージュを学ぶことをおすすめします。
声楽や楽器レッスンと共に、教員試験の受験対策のコースが設けられているスクールもあるため、情報を収集した上で上手に活用することが大切です。


専門学校やスクールの先生の場合、ボーカルは発声練習や伴奏などでピアノが必要になりますが、それ以外は専門分野のスキルのみで仕事が可能です。
そのかわり、専門分野におけるより高い技術力と指導力が求められます。
音楽の先生になるためには、技術と知識はもちろん、指導力も必要です。
これらを磨くためには自身が一流の先生に習うことが重要です。

音楽の先生になるために必要なこと|東京(新宿・麻布・船堀)の音楽教室なら小林音楽教室