• 小林音楽教室 新宿教室
  • スタインウェイ
  • ストラディバリウス

東京(新宿、麻布、代々木、船堀)の音楽教室なら小林音楽教室トップ > コラム > 音楽の習い事は、大人が通ってもおかしくない?

音楽の習い事は、大人が通ってもおかしくない?

大人こそ習い事をするべき理由



習い事と聞くと、ピアノなどの音楽に関するものや運動系など様々想像できますが、それらは子供が通うものと考える方は多いでしょう。
しかし、大人になってから習い事に通うメリットは多くあります。
大人になると、どうしても会社と自宅との往復という味気ない日々になりがちです。
そこにアクセントとして趣味が入れば、それだけ生活に幅ができます。
仕事以外の何かをするというだけで、生活は豊かになるでしょう。
仕事だけの人生では、仕事を失ったときに虚無感に襲われる可能性もゼロではありません。
しかし、仕事以外の趣味の時間を持つことで日常にハリが出てきますし、それがかけがえのない大切な時間になっていきます。


また、習い事は自分を成長させてくれます。
時間をかければかけるだけ技術が向上し、それを通じて色々なことに気づかされます。
もし発表会や展示会などがあれば、己の成長を肌で感じることができます。
それらの技術がより優れたものになれば、社会へ貢献することも夢ではありません。
それは自信にも繋がり、あらゆることに積極的に取り組めるようになるでしょう。

習い事の場は出会いの場でもあります。
趣味を通じて様々な人と出会い、多くの発見ができます。
社会的立場や年齢、性別を超えてお互い対等な立場で接することができるのは、このような場だからこそといえます。
そこから思いもよらない交友関係が広がることもあります。
また、皆が同じ内容に取り組むため共通の話題を持ちやすく、友人関係が築きやすいのも利点です。


音楽の習い事がおすすめ



色々な習い事がありますが、おすすめは音楽です。
理由は、音楽には笑顔と感動と成長を味わうことができる要素がすべて詰まっているためです。
クラシック音楽であれポピュラー音楽であれ、自分の好きな曲を聴くだけで大人も子供も自然と笑顔になります。
また、音楽は自分を表現することにも繋がります。
ピアノやギターなどの楽器を演奏することは、自分そのものの表現であり、曲を通じて心を表現していることに他ならないのです。


音楽の習い事として一番ポピュラーなものはピアノであり、まさに楽器演奏の要といえるものです。
ピアノを習うことで拍子やリズム、ハーモニーなどを楽譜からしっかりと読み取る力が身につきます。
バイオリンも大人に人気の楽器です。
ピアノと違ってバイオリンなら持ち運びが可能なため、いつでも演奏を楽しむことができます。
持ち運びができるという点ではフルートも良いでしょう。
フルートには腹式呼吸が身につくという利点があります。
また、楽器全般にいえることですが、演奏する際は指をかなり使う必要があるため、脳の活性化に良い効果をもたらします。
演奏するだけで、認知症や脳の老化予防になるとも言われています。
その他に、声楽やカラオケもおすすめです。
ボイストレーニングをすれば、呼吸法だけではなく歌唱力やステージ力までバランスよく身につけることができます。


音楽は大人になってからでも十分に習えるものであり、むしろ大人だからこそより多くの楽しみ方が可能です。


楽器選びのポイント



大人になってから楽器を習おうと思い立っても、何の楽器を選ぶべきか迷う場合があるでしょう。
その際は、バンドのように誰かと一緒に演奏したいのか、それとも自分だけの趣味として続けたいのか、未来を想像してください。
手軽に持ち運びができて、どこでも演奏できるものを希望するのかという点も、選ぶ際の重要なポイントとなります。
そして何より重要なのは、好きな楽器であるということです。
昔から演奏したいと思っていたものの、様々な事情により習えなかったのであれば、今こそチャレンジしてみるチャンスです。


大人だからこそ、様々な選択肢の中から自分の意志で習いたい楽器を決めることができます。
大人になってから初めての楽器を演奏するとなると、手が動きにくく、楽譜も覚えられないなど困難もありますが、自分の意志で決めた場合はモチベーションも持続しやすく、おのずと練習時間も増えるので上達も早くなります。


また、教室が近くにあるかどうかも重要なポイントです。
自宅から遠ければ何かをきっかけに継続が難しくなる場合もあるため、近くにある音楽教室が教えてくれる楽器の中から選ぶのも良いでしょう。


習い事を始めると同時に楽器の購入を検討する人もいますが、高価な場合が多いため、初めのうちはレンタルを選択する方法もあります。
ただ、レンタルできる楽器とそうでない楽器があるため注意が必要です。


初めてでも習いやすい楽器としてピアノが挙げられます。
ピアノは鍵盤を押すだけで音が簡単に出ますし、取り組みやすいといえます。
バイオリンは多くの人が憧れる楽器ですが、きれいに音が出せるようになるまでかなりの練習が必要になります。
他にもサックスやトランペットなどの管楽器、ドラムなどの打楽器といったように選択肢は多く可能性は無限です。
いずれも習得は簡単ではありませんが、一度できるようになれば一生楽しめるものばかりですので努力する甲斐があるでしょう。

音楽の習い事は、大人が通ってもおかしくない?|東京(新宿・麻布・船堀)の音楽教室なら小林音楽教室