• 小林音楽教室 新宿教室
  • スタインウェイ
  • ストラディバリウス

東京(新宿、麻布、代々木、船堀)の音楽教室なら小林音楽教室トップ > コラム > 音楽中学を受験するための準備とは

音楽中学を受験するための準備とは

音楽中学とは



音楽中学という言葉を聞いたことがない方もいるでしょう。
これは、音楽科のある中学校のことです。
音楽を専門に学べる中学校は東京都内を始め全国にありますが、かなり数が少ないので世間一般にはそれほど知られていません。
そのため、インターネットで音楽中学について検索しても、どのような学校があるのか、音楽中学受験に必要な準備や知識といった情報は少ないのが実情です。
そんな時は音楽コースや音楽科を設置している高等学校や大学を探し、その高等学校や大学に付属している中学校がないか調べると良いでしょう。


また、どの音楽中学へ行くのかを選択する際は、選択肢にある中学校を単体で見るのではなく、そのまま進学した際に通うことになる付属高校や、大学の教育カリキュラムまで調べておくようにします。
そうすると、親子で将来のビジョンがイメージしやすくなります。
さらに学校の雰囲気などはインターネット上の情報や学校資料だけでは分からないことも多いため、実際に学校の説明会に行くなどし、しっかりと自分の目で見たり聞いたりして細かい点まで確認するようにしましょう。


親が忘れてはいけないのは、中学受験ということは受験する本人はまだ小学生であるということです。
小学生の知識や力だけでは、受験するべき学校の判断はできません。
そこで、親のサポートが必須になってきます。
普段からしっかりと家族でコミュニケーションを取り、どんなことを学びたいのか、どういう学校に行きたいのかということを話し合っておきましょう。


音楽中学を受験するために必要な準備



音楽中学の受験を決めるきっかけは、各家庭によってさまざまでしょう。
その中でも特に、親が子供の音楽の才能に気づいて中学受験を進めるケースの場合は、子供の意思を尊重することが何より重要になります。
これは、同じ試験を受けるライバルたちに勝つために必要になるのは、自分自身がその中学校で学びたいという強い気持ちだからです。
親に言われたから仕方なく試験を受けるのでは、音楽を楽しんで学べませんし、ライバルたちに勝つことは難しいです。


また、音楽中学の入試を受けるということは、音楽が大好きで今まで相当な時間を練習などに費やしてきた方が多いでしょう。
ただし、それはライバルたちも同じです。
今までしてきた音楽の練習に加え、ソルフェージュなどの基礎的な勉強もしておくようにするのがおすすめです。


試験を受ける本人はもちろんですが、親も子供のために必要なサポートを全力でしなければなりません。
音楽以外の学力については、音楽中学ではあまり求められないことが多いため、平均程度あれば大きな問題はないでしょう。
もし、学力が平均より下回っているようなことがあれば、音楽の勉強とは別に塾に通うなどして基礎学力を高めておくと安心です。


音楽中学は私立が多く、金銭的に普通の公立の中学校に進むよりも授業料などの費用がかかり、その金額も3年間で数百万円とかかることが珍しくありません。
金銭的な問題についてもよく考えておき、準備しておくと後々困るようなことも減るでしょう。


音楽中学での授業内容



入学した音楽中学により授業内容は多少異なりますが、基本的には音楽の基礎的な訓練を中心に行います。
演奏の基礎になる基本的な訓練というのが、ソルフェージュというものです。
ソルフェージュはこれから先音楽を学んでいく上では欠かせません。
受験の時にチェックされる部分ということもあり、受験の準備段階でほとんどの生徒がある程度学んでいますが、中学教育で行うのはより本格的な内容となります。


ソルフェージュの授業では、実際に音を聞き取って楽譜を読み書きしたり、歌を歌うなどの実践的な活動を行ったりして、音楽をどう表現するのかや音楽を自分の色に仕上げる力を身につけていきます。
また、音楽中学では実際に楽器に触れることで技術面を向上させていく授業もあります。
たとえ受験に受かって音楽中学に入学できたとしても、基礎がしっかりと身についていなければ、ついていくのが難しくなってしまいかねません。
受験のためはもちろん、その後の学生生活のためにも、基礎はしっかりと身につけておくようにすることが重要です。


音楽中学はほとんどが中高一貫教育です。
大学付属の学校である場合も多いので中学3年間で基礎的な学習をし、高校生になったらさらにレベルアップして本格的な学習をするというような形式の学校がほとんどです。
そのため、長い時間をかけてゆっくりと音楽について学ぶことができるでしょう。


このように音楽中学は、音楽を本格的に学びたいという生徒には最適の教育環境と授業内容になっています。
もちろん音楽の専門的な勉強だけでなく、国語や数学といったいわゆる普通科の勉強も行うため、その点に関して普通の中学と大きな変わりはありません。
大きな夢があるのであれば、早い段階から音楽教室などに通い、受験に備えておくようにしましょう。

音楽中学を受験するための準備とは|東京(新宿・麻布・船堀)の音楽教室なら小林音楽教室