• 小林音楽教室 新宿教室
  • スタインウェイ
  • ストラディバリウス

東京(新宿・麻布・船堀)の音楽教室なら小林音楽教室トップ > コラム > 音楽教室から子供達へ!奏でる音楽の贈り物

音楽教室から子供達へ!奏でる音楽の贈り物

音楽教室で子供が受けとれる贈り物とは


わが子の成長は愛しく早いものです。子どもの将来を考え、小さい頃から習い事に通わせようと思われた際、選択肢の一つとして音楽教室があげられます。
幼い頃から音楽に触れることは、子供の成長に良い影響をもたらします。先ず、音楽を聴くことによる効果として、言語認知能力が高くなることがわかっています。「聴く」という行為は同じ音楽と言語ですが、実は右脳で音楽は処理され、言語は左脳で処理されているのです。つまり、右脳の刺激が左脳に作用しているとの関連性が認められるということなのです。
また、音楽を聴いて歌ったり踊ったり身体を動かすことで身体能力の向上にもなります。同時に、音楽から受ける楽しさや喜びは感受性を育ててくれます。音楽療法という言葉があるように、ある時はストレスを解消し、ある時は癒してくれるなど、音楽は思っている以上に私達を支えてくれているものです。幼い子でも、それは同じことです。楽しい音楽は笑顔をもたらしてくれ、優しい調べの感動は幼い子にも届くのです。
そして、音楽は協調性も育ててくれます。合奏や合唱、和音の響きがハーモニーを奏で協調することの美しさや感動を知ることができます。もちろん音楽を聴く頻度や個々で効果の程度は違いますが、音楽教室に通うことにより心身共に子供の健やかな成長が望めるのです。

多様性を見せる子供の音楽教室


子供の音楽教室といえば、昔はピアノやヴァイオリンでしたが、今では多様なレッスンが受けられる教室が増えてきました。楽器はピアノやヴァイオリンに加え、フルートやチェロなどのレッスンが受けられる教室があります。この他にも、ボイストレーニングや楽譜を読み、音楽の基礎を学ぶソルフェージュのレッスンを受けられる教室もあります。これらのレッスンは小学生を対象にレッスンのカリキュラムが組まれています。就学前の乳児期から幼児期のお子さん向けには、ベビーと幼児向けのリトミックや絶対音感などの成長に合わせたレッスンカリキュラムを設けている教室があります。楽器やボイストレーニングに加え、リトミックや絶対音感の教室が増えてきたのは、子供のために良いものだとメディアで取り上げられていることに起因しています。
リトミックとは、スイスの作曲家兼音楽教育者であったエミール・ジャック・ダルクローズが考案した音楽教育のテクニックです。リトミックは、音楽を聴き身体で感じ表現することにより、好奇心や自立心などの心の成長を促します。そして、集中力や表現力などの力を培い、社会性や感受性などの性を育て、人間が潜在的に持っている基礎的な能力を伸ばすことを目的としています。心と力と性を同時に伸ばすことは偏りがちで難しいものですが、音楽を介することでバランス良く自然に身についていくのです。
絶対音感とは、聞いた音を音名で答えられる能力のことです。絶対音感は持って生まれた能力ではなく、後天的に習得されるもので、幼少期であるほど身につきやすいと言われています。しかし、世の全ての音楽家が絶対音感を持っているかと言えば、その限りではありません。音感には絶対音感と相対音感があります。相対音感は基準になる音より高いか低いかが分かる音感のことです。気候で例えれば相対音感が今日は昨日より暑いか寒いかわかるのに対して、絶対音感は今日の気温と昨日との気温差までわかるという感じです。温度がわからなくても、その時の温度で服装を変えることで生活に支障がないように、絶対音感が身についていなくても音楽を生業にするのに支障はありません。しかし、絶対音感が身についていることが音楽に携わる際の強みになることも事実です。また、絶対音感といっても音名がわかることから何ヘルツか周波数がわかるまで、習得に幅があります。習得には習練が必要ですので、音楽教室の先生と親がよく話し合い子供のストレスになっていないか気をつけてあげましょう。
就学前でも楽器の個人レッスンは受けられます。義務教育でない習い事は、必ずこうしなければならないという決まり事はありません。子供がレッスンを受けることの出来る教室が多くなり、選択の幅が広がるにつれ、通う音楽教室を選ぶ親の役割も重要になってきています。

子供を音楽教室に通わせる際の心得


音楽教室に子供を通わせることに早いも遅いもありません。親の「通わせてみよう」、子どもの「やってみたい」が始め時です。その際注意したいのが親の役割です。教室では先生方が指導してくれますが、子どもをサポートするのは親なのです。
まず、教室選びが重要です。体験レッスンをしている教室があれば一度参加されることをおすすめします。教室の雰囲気や先生方の指導方針がわかるからです。厳しく指導される教室もあれば優しく指導される教室もあり、自分の子供にはどのような指導が合うか考えて選びましょう。
次に何を学ばせれば良いか、子どもがやりたいと言ったことを学ばせるのが一番ですが、まだ何をやりたいかわからない子にはリトミックで音楽に触れることから始めるのも一つの方法です。教室に通うことになった際は、親も子どもと一緒に音楽を楽しみましょう。子供にとって親がつまらなさそうにしていると、どんなに楽しくてもつまらなくなるものです。共に楽しみ音楽と親しんでいきましょう。
また、レッスン中は一歩間を置き温かく見守ることも親の役目です。教室でのレッスンは週に何回かですが、自宅ではいつでも練習できます。子どもが楽しく練習出来るよう環境を整えてあげましょう。音楽教室は子供に多くの贈り物を与えてくれます。奏でられる音楽が子供に豊かな時間を与えてくれるのです。未来へ続く音楽教室の扉を叩いてみませんか。

音楽教室から子供達へ!奏でる音楽の贈り物|東京(新宿・麻布・船堀)の音楽教室なら小林音楽教室