子どもがピアノを続けるコツとは

小さい子どもがピアノを弾き始める時のポイント

ピアノを習っているお子さんがいるなら、飽きずに楽しくレッスンをしてほしいと多くの保護者が願うものです。趣味や運動といったどの分野でも共通ですが、興味があったり、楽しかったりすると熱心に続けられるケースが増えます。一つのことに一生懸命に取り組んでいたら、いつの間にかこんなに時間が経っていた、という例もよくあります。

子どもがピアノに興味を示し始めたなら、まずは時間を決めずに、鍵盤に慣れるところから始めると良いでしょう。キーを叩いてみるとどんな音が出るのか興味を持たせたり、叩く力をいろいろ変えてみるよう教えたりします。音に合わせて歌う、リズムをつけるなど、子どもが楽しいなと感じることを見つけて、積極的にやっていきます。

ほめるのもピアノを続けるコツの一つです。できていない点を指摘するのではなく、できたところをほめて、子どもが苦手意識を持たずにピアノへ向かえるよう努めます。小さいうちは、上手にできることよりも興味を持って自らピアノを続けるのが大切です。

また、集中力が続く時間は人によって異なります。幼い頃は日によっても異なるでしょう。集中して練習するのは効果的ですが、ダラダラと時間が過ぎていくような練習は上達しにくく、子どもも楽しさを感じにくくなります。

親は同じ年代の、他の子と比べてあせってしまう時もありますが、練習時間を設定しないように気をつけます。強制的な練習ではなく、短くても充実した取り組みができるよう、その時間は集中するように上手にすすめてみることが大切です。

親のサポートも重要

子どもがピアノを続けていくために、親のサポートも欠かせません。ピアノ教室へ定期的に通ったり、コンサートを聴きにいったりする場合、どうしても親が送り迎えをしたり、一緒に付き添ったりする必要があるからです。

親自身も忙しい生活を送る中で、子どものレッスンに付き添うわけですから、長く続けるためにはサポートしやすい条件を満たさなければなりません。

コツとしては、家から近いところにある教室を探すことです。レッスンの時間帯も送り迎えがしやすい時間帯かどうか、始める前に確認しておきます。自分たちの生活の中で、うまくレッスンが続けられるなら良いでしょう。

加えて親が先生とよくコミュニケーションをとるのもポイントです。子どもが小さい間は、先生から出される課題などに対して意味がよく理解できないこともあります。親がなぜその練習をするのか、何を意識して練習すると良いかといった点を先生に聞いておくと、家で効率の良い練習が行えます。

上手に弾けるようになるとさらにやる気が出てくる、という良い循環が生まれます。少し大きくなってきて自主的に練習する時間が増えてきたら、客観的に練習を聴いてあげたり、ちょっとしたアドバイスをしてあげたりするのがおすすめです。

根気の必要な反復練習や、ソルフェージュの練習は飽きてしまいがちです。また集中せずに練習する、手を抜くといったこともあります。飽きずに続けられるよう、そばで見守りつつ励ますのがコツとなります。発表会といった身近な目標を決めて、ピアノを披露するチャンスを作るよう助けることもできます。

教室の雰囲気を確かめる

教室でピアノを習う場合、その教室の雰囲気や教えてくれる先生との相性もポイントになってきます。子どもがピアノを習う際には、自分たちが通えるところにどのような教室があるか、方針はどうなっているかなどをサイトから調べます。

ピアノ教室はマンツーマンなのか、グループレッスンなのかといった基本的な部分をチェックしましょう。講師の紹介やよくある質問といった部分があるなら、そのページを見ておくとある程度の様子をつかめます。ホームページには教室の写真がアップされているケースも多いので、それらも見ておくようにします。

実際に教室を決める前に、体験レッスンができるようになっているところがあります。実際の先生の教え方、雰囲気などを体験できるので、最初に体験レッスンを受けてみるのも良い方法です。レッスンを受けたあとに、具体的な質問をすることもできます。

定期演奏会や発表会を開催している教室も見られます。その教室で勉強する子どもたちが一堂に集まり、日ごろの練習の成果を発表する場です。こうした演奏会に参加できるなら、子どもと一緒に聴きに行ってみましょう。

どんな曲目を学ぶことができるか分かりますし、同年代の子どもたちの雰囲気なども感じとれます。すでにレッスンを始めている知り合いなどから情報を得るのも良い方法です。レッスンを続けていくうちに、弾きたい曲やメロディーが増えていきます。

ピアノはソロでも演奏できますが、アンサンブルや他の楽器と合奏することもでき、味わいが深まっていく楽器です。様々な曲、いろいろな演奏方法を組み合わせて教えてくれる教室なら、子どもが飽きずに音楽の奥深さを学び続けるコツを得られます。