楽器の良い活用法は歌

音楽や歌が好きな方は世の中にたくさんいますが、これを自分のものにして人に届けるには好きというだけではどうにもなりません。音楽教室などで、学ぶことによってその違いが分かるでしょう。東京にもたくさんの音楽教室が存在しますが、これは、音というものに関心の強い人が多い証拠と言えるでしょう。

歌が上手くなりたいという思いを持っている方は多いものです。もちろんその道でプロになりたいという大きな夢を持って挑戦する人もいますが、社会人になってもカラオケで歌ったりする機会は多く、上手な歌を披露することで、その人の価値が上がりますし、なんといってもその場を自分自身が楽しむことが出来ます。

このような場合、ボイストレーニングという手っ取り早い手もありますが、音感を養うという基礎から学ぶのであれば、ピアノ教室やバイオリン、フルートなどの楽器での演奏を学ぶ学校に行くのもよいでしょう。東京には、そのような楽器の教室もたくさんあり、自分の好きなものを選ぶという選択肢がいっぱいです。

ピアノやバイオリンなどの楽器は、まず音階が良く分かっていないとこなせないですから、そこから覚えて自分のものにしていく必要があります。小学校や中学校で少しは習っていますから、だいたいは分かるかもしれませんが、本格的な音のレッスンでは、音の本質が理解出来ますし、ただ耳で聞いているだけでもそれがどの音なのかを聞き分けることが出来るようになります。

これはまさにプロの技と言えるでしょう。それを習得したら、次にリズム感です。どのような音楽にももちろんそれぞれのリズムがあり、演奏することによりそのリズム感を手に入れることが出来るのです。これは聞いているだけではなかなか習得出来ないものであり、自分の指や手を使って演奏することにより、脳にもそのリズムが伝わっていくという仕組みで、ここまで習得すれば、様々なものへの活用法が出てきます。

その活用法のひとつが歌です。音の本質をしって、ずれないように発声する事が出来る上、リズムについても身に付いているわけですから、誰のどんな曲でも自分の曲のように仕上げることが可能なのです。ピアノやバイオリンなどは、プロのためのものであり、一般人にとっては意味のないものと思われる方もいるかもしれませんが、意外に身近なところに活用法があるのです。

そして、学んでいくうちに、さらに極めたいという思いも強くなり、趣味として生きる場合もあるでしょう。