ピアノを習うなら何歳から始めるとよいか

音楽を子供に習わせたい

音楽は聴くだけでも楽しいですが、弾けるようになるともっと世界が広がります。そのため、音楽を子供に習わせたいと思う保護者はたくさんいます。多くの楽器がある中で、音楽の基礎となるピアノは一般的なもののひとつでありながら、多種多様な技術が必要です。また、バイオリンのように成長に合わせて楽器を買い替える必要はないため、1つの楽器で長く習うことができます。

基礎の勉強として、姿勢や手の形を学び鍵盤のタッチを練習します。基礎ができていないと、鍵盤を叩いてもキレイな音が出なかったり、効率的に強弱をつけることが難しくなります。悪い癖や自己流の姿勢を覚えてしまうと、あとで修正するのに時間がかかります。

正しい姿勢と同時に、楽譜の読み方や音階を理解する必要があります。各指を独立して動かせるように練習し、和音などのアルペジオを学びます。まずは簡単な曲からはじまり、練習を積んでいろいろな曲を弾けるようになると自信もついてきます。伝統的なクラシックはもちろんですが、様々なリズムの曲をバランスよく弾けるよう練習することで、音楽をもっと楽しめるようになります。一人で弾くのも楽しいですが、連弾曲に挑戦したり、他の楽器とのアンサンブルを学べばさらにピアノの魅力がわかってくるでしょう。

ピアノは、指の使い方や手首の動かし方などを習得しながら、曲を表現していく必要のある奥が深い楽器です。
技術が向上するとまた弾くことが喜びとなります。大人になってから勉強したいという人もいるほど年齢を問わずに楽しめる楽器であり、何歳からでも習い始められます。

小さい頃に習うメリット

ピアノは、小さい頃から習い始めるのがおすすめです。ピアノを小さいうちに始めるといろいろなメリットがあるためです。例えば、絶対音感が習得できる可能性が挙げられます。普通の人はある音を聞いて別の音と比較をして、高いか低いかということを判断します。

これを相対音感といいます。相対音感は誰しもが習得できますが、絶対音感という能力は幼児期にしか習得できないとされています。絶対音感を持っている人の中で、音楽を学び始めた年齢を調査したところ、5歳以下が一番多かったという結果が出ています。何歳から初めても努力次第で弾けるようにはなりますが、本格的に音楽の道に進んでほしい、音楽に関わる仕事をしてほしいと思うなら、5歳頃までに習わせるのが良いでしょう。

さらにピアノは両手を使う楽器なので、右脳と左脳が両方活性化されます。脳の発達は4歳までが急速に伸びる時期です。そのため脳が大きく発達する幼い間に、刺激を与えることが重要といえます。

ただし、身体的な面も考える必要があります。ピアノはバイオリンなどと異なり、子供用の大きさの楽器はありません。大人と同じものを使うので指が小さい場合や、椅子にきちんと座れないなら身体にある程度負担がかかっているといえます。こういった理由から子供が長時間椅子に座れるようになる小学校に上がる年に音楽教室に通い始める、という選択肢もあります。

家庭によって、また子供の身体の成長の違いによって若干の差がありますが、大体4歳から6歳前くらいが練習を開始する目安といえるでしょう。

レッスンのポイント

子供にピアノを学ばせたいと思ったら、音楽レッスンができるところを探していきます。たくさんの音楽教室の中から、子供にピッタリ合うところを選ばなければいけません。何歳から通うかにもよりますが、子供が小さいなら保護者が付き添ったり、一緒にレッスンに参加したりすることが多いでしょう。

レッスン場が自宅から遠すぎると、送り迎えに時間がかかります。保護者の職場から近いところや、子供の生活圏内で通いやすい教室を探しましょう。また、電車やバスを利用するなら駅や停留所から歩いていける範囲が良いです。

次に教室の雰囲気を確認します。ピアノのレッスンは長く続けることにより技術が上達し、表現できる曲が増えていきます。教材についても同じ系統の教本を使うことによって、系統立てて必要なスキルを学んでいけます。
教室を一度決めたら、ほとんどの場合そこにずっと通うことになるので、雰囲気が良く通いやすいというのも大切です。

多くの教室がホームページに教育方法やレッスン内容を掲載しているため、事前に情報を調べておきましょう。どんな教材を使うのか、技術面の指導方法などを事前に理解できます。特に子供がレッスンを行う場合、モチベーションを上げるため、またどれくらい成長したかを確かめるために発表会を行う教室が多いです。本格的にピアノを習う前に発表会を聞きにいくのも良い方法です。

体験レッスンの申し込みを受け付けているところなら、体験してみることも可能です。実際の教室の雰囲気やどんなピアノを使うのか目で見て、確かめられます。先生にも実際に会ってみると、相性が良いかどうか判断しやすくなります。