相対音感の鍛え方

相対音感の鍛え方

相対音感はインプットとアウトプットで鍛える

絶対音感とは基準となる音無しに音名をすぐに判別できる感覚で、相対音感は基準となる音と比較して音の高低を把握し音名を判別できる感覚のことを指します。
音楽を学ぶ場合、絶対音感を身に付けていると音を瞬間的に正確に理解し再現できるため有利とされていますが、幼児期にしか身に付けることが難しいとされています。
相対音感は後天的に身に付けることが可能な能力とされており、年齢を問わず、鍛え方によって強化できます。

日本の義務教育でも、音楽の授業で相対音感を育てる移動ド唱法と呼ばれる歌唱法が実施されています。
その方法はドから歌い始める曲をソから始める場合でも、音名の読み方を変えずにハ長調をト長調に移調して歌います。
移動ド唱法に対し、固定ド唱法は各音に対応した正確な音名を割り当てて歌う方法です。
移動ド唱法は、相対音感の鍛え方としては役立つ場合もありますが、絶対音感を持つ方にとっては混乱が生じて歌えないこともあります。

ポップスやロックなどのポピュラー音楽では、相対音感の能力が求められる場面が多くあります。
カラオケで歌うときに、伴奏の音程に合わせて歌のキーを変えるときにも有効に働きます。
相対音感を鍛えるには、音を聴き分けるインプットの力と同時に、発声することや楽器を演奏するなどの正確な音程をアウトプットする力が必要です。
英語を習得する際に、リスニングもスピーキングも重要なのと同じ関係性と言えます。
ボーカルの場合は、出したい音が出せるように声帯や体の使い方を考え、発声をコントロールします。
楽器の演奏ではピアノの鍵盤や、ギターの指版の位置と音を把握することが必要です。

相対音感を着実に鍛える方法の紹介

相対音感のインプットの力を鍛える方法として、ドレミで旋律を歌う訓練を繰り返すと、旋律と音名をリンクさせられるようになります。
アウトプットの鍛え方には、旋律を聴いて音名を判別する方法、逆に五線譜の音名を見て旋律を奏でる方法の2通りがあります。
音源から鳴っている音名やコードを特定するスキルを耳コピと言います。
これができると即興演奏やアレンジに役立ちます。

旋律を聴いて音名を判別する力は、お馴染みの曲や知らない曲の旋律を音名に変換したり、目をつぶったままピアノの鍵盤をランダムに鳴らして音名を当てたりする鍛え方があります。
音名から旋律を弾く力は紙にランダムに音名を書き、ピアノやギターで音を鳴らし旋律を歌ったり、知っている旋律や即興的なフレーズを楽器で演奏する前に歌い、音程が合っているか確認したりする鍛え方があります。
インプットとアウトプットのトレーニングを繰り返していくと、耳コピの能力も鍛えられます。
楽器の演奏やコーラスを耳コピすると相対音感を鍛えられます。

ピアノやギターなど、コードを使用して楽器を演奏できる方は、知っている曲の伴奏の音源から耳コピすると良いでしょう。
1つの単音同士の音程感と、コードの音を聴き分ける力を鍛えられます。
コーラスを耳コピすると、インプットとアウトプットの両方を鍛錬することができます。
コーラスのパートごとに細かい違いがあるので、音の正確な聴き取りと発音が重要になります。
同じ音を伸ばしたり切ったりするなど、アドリブ演奏をするとさらに鍛えられます。

耳コピで注意するポイント

耳コピは、音階や和音、コード進行を判別する音感が必要とされるので、相対音感の鍛え方として効果的な方法です。
音階には音名と階名があります。
音名は音の高さに付いている名前で、階名は曲調が変われば名前が変わります。
例えばハ長調のドの音と、ヘ長調のドの音では階名が変わります。
音階を認識するためには、階名を判別できる力が欠かせません。
和音の認識においては一つひとつの構成音を聴き分ける必要はなく、音の響きの特徴を捉えられれば大丈夫です。
一番低い和音のベースとなる音が、その曲調のどの音階なのかを判別するのがコツです。

コード進行は、和音が曲の進行とともに変化していく流れを掴む音感です。
耳コピをするのが難しく苦戦するケースも多いですが、その原因は主に3つあります。
1つは元々の相対音感の基本的な能力が低く、習熟していないことが挙げられます。
能力を高め習熟させるには、1オクターブの音階をイメージし、音と音との距離のインターバルで覚えるといいでしょう。
順々に音階を上げて音程を覚えたら、ドの基準音からソの音程に移ります。
一般的に、インターバルが近い方が移動しやすいので、童謡は覚えやすいです。
2つ目の原因は、基準音がしっかり聴けていないことが挙げられます。
楽器の音で探さずに、自分の耳で直に基準音を判別できるように鍛えましょう。
音質の良い音源、イコライザーの調整、繰り返し聴くために再生デバイスがしやすいなどに注意して、正確に基準音を聴くようにします。
3つ目は、耳コピをしながら演奏してしまうことです。
耳コピは、音を聴き取って後で演奏することが目的です。
まずは耳コピに集中することが重要です。