バイオリンは独学よりも音楽教室で学ぼう

小さな頃から楽器を習い事でやっている人も多いですが、最近では社会人になってから何か趣味を持ちたいと楽器を始める人も多くなってきました。社会人になるとストレスばかりでリフレッシュするものが必要になりますが、音楽は楽しめてかつ心を癒す効果も高いので多くの人に選ばれています。

オーケストラの演奏を聴きに行ったことをきっかけに音楽を自分でもやってみたいと思う人も多いです。中でもバイオリンは自分もやってみたいと興味を持つ人が多い楽器です。バイオリンは弾く人の体に合わせて大きさを変えるという珍しい楽器でもあります。

幼少期からバイオリンを始める子には、その体の大きさに合ったサイズの楽器を買ってあげるようにしましょう。独学で学ぶにはなかなか難しい楽器なので、基本を学ぶまでは音楽教室に通うのがおすすめです。独学ではじめてしまうと変な癖がついてしまう場合もあり、本格的に学びたいと思った際の支障になることもあります。特に小さなお子さんにバイオリンを与える場合には音楽教室に通わせましょう。

最初は趣味の一環として通わせていた音楽教室でも、子供に才能があることが分かってどんどん伸びていくこともあります。独学ではそのような才能を見出すこともできません。コンクールなどに出場できる特別クラスもありますので、実力に合ったレッスンを受けることができます。どこの音楽教室でも無料体験を実施していますので、それを利用してその教室と先生が合うかどうかを試すこともできます。

合わないなと思ったら違う教室を探せばいいだけなので、気軽に無料体験に足を運んでください。音楽教室に通えば定期的に発表会に出ることもできます。人の前で楽器を弾き、拍手をもらうといった経験は大きな自信につながりますし、人前で何かをすることに慣れるといったメリットもあります。

独学では発表会を開くことはできませんし、そういった面でも音楽教室に通うことはメリットになるでしょう。ステージ上でのマナーや聴衆としてのマナーを学ぶ講座などもあり、将来オーケストラなどを聴きに行って恥ずかしい思いをしないためのレッスンも受けられます。発表会の前にはステージホールで練習もできますので、本番も不安なく発表会を楽しむことができます。

発表会は自分にとっては大きな経験となりますが、家族にとっても子供の成長が見られる楽しいイベントです。おじいちゃんおばあちゃんも喜んでくれるでしょう。