• 小林音楽教室 新宿教室
  • スタインウェイ
  • ストラディバリウス

東京(新宿、麻布、代々木、船堀)の音楽教室なら小林音楽教室トップ > コラム > 相対音感とはどんなタイプの音感なのか

相対音感とはどんなタイプの音感なのか

相対音感とはどんな能力のことを指すのか


絶対音感というフレーズはよく耳にされますが、相対音感はなじみがないという方も多いのではないでしょうか。日ごろ音楽に携わっている人でなければ分からないこともよくあるでしょう。
相対音感は英語に訳すとレラティブピッチです。絶対音感は、その音を聞いたときにドレミなどの音を正しく答えられることを言います。相対音感は歌声や楽器が奏でる音を聞いたときに音階を答えられないものの、基準となる音を最初に聞かされていれば音階が答えられるという状態です。このような状態の人を相対音感がある人と呼びます。
例を挙げると、一つの音を聞いたときに音階を答えるのは難しいけれど、次に聞いた音と比べてさっきの音が高かったか、もしくは低かったのかが判断できる場合は相対音感があるということです。
人間は、生まれ持って相対音感があることが判明しています。しかし、何気なく暮らしているとその能力を使うきっかけがほとんどありません。そのため、能力が備わっていることに気付かないことが多く、音感が衰えてしまうこともあります。逆を言えば、鍛錬することにより、その能力を高めることも可能ということになります。あまりにもいろんな音を聞き取る能力が長けていると、まるで乗り物酔いしているような感覚で気持ちが悪くなることもありますが、相対音感を高めてもそういったことはないので安心して能力を高めることができます。
基準になる音があれば音階が分かるわけですから、その場ですぐに楽器を演奏したり歌ったりすることは少々苦手になりがちです。分かりやすいのがカラオケです。デュエットをしたり、みんなと一緒に歌ったりするとき、誰かが歌っている途中でキーを変えたとします。このときその音に影響されずに歌い続けることができるものの、最初の音が何なのか把握できないままだと、ずっと音がズレたまま歌い続けてしまうのが特徴の一つです。

相対音感があることはメリットなのか


もともと自分にあった能力なら、その能力を鍛えてみたいと思う人も存在します。もしも相対音感を手に入れることができたら音の高さはもちろんのこと、長さもすぐ把握できるようになるので、難しいと言われている楽譜を覚える作業も特に苦にならず、スラスラと覚えられるでしょう。歌を歌えるようになる感覚と似ている感覚と言われています。楽譜を見て練習を何度か繰り返していき、そのあと、楽譜を見ずに歌えたとしましょう。これは楽譜を暗記する暗譜ができたことになります。
歌が歌えるようになったということは、それを楽器で表現する作業に変えても同じで、楽譜を見ながら楽器を演奏できれば、あとは楽譜を見なくても難なく演奏することができるようになります。
この能力が備わっていると、耳コピといって耳で聞いただけの音楽をそのまま歌ったり、楽器を演奏したりすることも可能になります。これは大きなメリットと言えるでしょう。手元に楽譜がなくても歌えたり演奏できるようになるので、ふとしたときに耳にした曲が歌えるようになったり演奏できたりすると、音楽の楽しさが何倍にも増えていきます。

相対音感は訓練次第で身につくものなのか


相対音感は誰でも鍛えることができます。もちろん年齢は関係がありません。子供から大人まで、誰でも音感トレーニングを重ねることで身につけることができると言われているのが相対音感です。例えば音楽関係の高校や大学に入学することを希望していると仮定しましょう。入試のときに聴音に関する問題が出されることがありますが、多くの学校ではト長調やハ長調のように調の種類、さらには主和音が与えられて答えることになるため、相対音感が備わっていれば難なく問題を解くことが可能です。日本の音楽教育において、義務教育の段階では相対的な音程感覚を育てることを目的にしています。そのため、移動ド唱法などが用いられています。
例えば、ドレミの歌の音階はドーレミードミードーミーとなりますが、これをミから始めるとミーファソーミソーミーソーとなり、ハ長調の歌をト長調に変える固定ド唱法です。移動ド唱法はミから始めてもドーレミードミードーミー歌うことを意味していて、主音になるのはあくまでもドというわけです。相対音感を身につけるために移動ド唱法を採り入れることが勧められているのです。
そのため、最初に基準になる音を聞くことから始めます。最初に音を聞くことで正しい音を判断できるようになります。必ず軸となる基準の音を鳴らしてから聴音を始めましょう。その他に、楽譜を見ながら声を出して歌うレッスンも効果があることが分かっています。この場合も先ほど同様に、ピアノやオルガンなどを使って音を確かめながらレッスンを継続すれば、音感の能力を高めることができます。どちらも繰り返しレッスンすることで年齢問わず鍛えられますので、根気よく続けていきましょう。聴音で音感が身につけられるようになると、いずれは楽譜を覚えられるのはもちろんのこと、自ら音を聞き取って楽譜が書けるようになる能力も備わります。

相対音感とはどんなタイプの音感なのか|東京(新宿・麻布・船堀)の音楽教室なら小林音楽教室