• 小林音楽教室 新宿教室
  • スタインウェイ
  • ストラディバリウス

東京(新宿・麻布・船堀)の音楽教室なら小林音楽教室トップ > コラム > 子供の習い事は音楽がオススメ!聴力を鍛えて心を育てる

子供の習い事は音楽がオススメ!聴力を鍛えて心を育てる

耳からの刺激に注目


子供の将来をより良いものにするためには、色々なことに挑戦させることが大切です。学校や塾での勉強ももちろん大切ですが、それと同時に勉強以外のことにも挑戦させることで、様々な能力を身に付けさせることができるでしょう。例えば習い事の種類によって、学べることは大きく変わりますが、音楽にまつわる習い事は、音楽的なスキルを身に付けることはもちろん、耳からの刺激により、心を育てることにもつながります。特に小さいうちから色々な音に触れる機会を作ることで、様々な面での成長が望めます。
音楽にまつわる習い事は色々ありますが、どれも共通しているのが、聴力を鍛え、脳を成長させることができるという点です。子供の脳は大人よりもはるかに学習能力が高く、様々なことを吸収することができるといわれており、赤ちゃんのころから積極的に話しかけた場合、そうでない子供よりもはるかに言葉を覚えるのが早くなるといいます。さらに成長するごとに色々なことに興味を持つようになったり、色々なものを見聞きしたとき、色々な感想を持つようになったりと、感受性がより強く育てられるといわれています。
子供の心を育てるためには、色々な習い事にチャレンジさせ、より興味を持ったものを重点的にさせるのが良いでしょう。音楽にまつわる習い事には色々な種類があり、身体を動かしたり楽器を演奏したり、大勢の人と歌ったりと、一つの形式に縛られること無く、様々な形で脳に刺激を与えることができます。心が育ち、色々なことに興味を持てるようになると、他のジャンルについても興味を持つようになり、積極的に色々なことに挑戦するようになるなどの効果も望めるので、心の成長を促し、より充実した人生を送ってもらうためにも、子供が気持ちよく学ぶことができそうな習い事が無いか探してみてください。

コミュニケーションを学ぶ


聴力は人間にとって非常に重要な感覚で、特に他の人とコミュニケーションをとる上で重宝します。日常的な会話を通して、自分がどのように思われているのか、相手がどんなことを望んでいるのかなど、様々な情報を受信し、相手のことを考えて行動するなど、高度な人間関係を構築することができるようになります。聴力を鍛えるためには、積極的に耳を使う環境に置くのが理想的といわれており、音楽にまつわる習い事も非常に有効な手段として注目を集めています。さらに習い事をさせることで、コミュニケーション能力を育てることができ、精神的な成長が期待できます。
コミュニケーションを学ぶ上で、習い事は非常に有効です。親とは違う大人から色々なことを学び、一緒に習い事をしている同世代の子供と触れ合うことで、自宅や学校では学ぶことができない多くのことを学ぶことができるでしょう。何よりコミュニケーション能力を身に付けるには、他の人と積極的に触れ合うことが重要なので、学校とあわせて習い事をさせることで、より強いコミュニケーション能力を身に付けるきっかけを作ることができるでしょう。
習い事をさせることは、知識やスキルを身に付けるだけでなく、協調性を身に付ける効果も期待できます。特に音楽にまつわる習い事の場合、他の生徒と一緒に歌ったり演奏したりと、一つの目標に複数で協力して挑戦する機会が作りやすいので、より強いコミュニケーション能力を身に付けることができます。更に大勢の生徒と競い合うことで、競争心が芽生え、自分から色々なことに挑戦する気持ちが育つことも期待できます。

感受性を育てるには


子供の成長において、感受性が育てられるかどうかは非常に重要です。色々なものを見聞きしても、それに対して興味を示さず、何も感じてくれないと、精神的な成長も望めません。感受性を育てるためには、小さいころから色々なことに挑戦させ、自分から色々なことに興味を持つきっかけを作ることが大切といわれていますが、その為の方法として音楽に関する習い事が注目されています。色々な音に触れさせて、聴力を鍛え上げることで、徐々に感受性を身に付けることができるので、まずはどんな習い事があるのかチェックしてみましょう。
音楽にまつわる習い事は、実に様々な種類があります。歌やお遊戯など、簡単な内容で幼児からでも挑戦できるリトミックや、ピアノやバイオリンといった、習い事の定番ともいえる楽器演奏、自分で声を出し、同世代の子と色々な歌を歌う合唱など、他にもたくさんの習い事がありますが、どれも色々な音に触れながら聴力を高めていくことができるので、子供が興味を持ったジャンルに触れさせて、音を聴く機会を作っていきましょう。そうすることで徐々に感受性が磨かれていき、様々な視点で物事を見ることができるようになるはずです。
感受性が強くなると、相手の気持ちを汲んで行動できるようなったり、芸術的なセンスが磨かれたりと、学校の授業だけでは得られない多くの能力を身に付けることができるようになります。ここ最近は学力以外の能力が求められるようなってきており、感受性のような後から身に付けることが難しい能力がある人は、必ず様々な場面で求められる人材として活躍できるはずです。小さいうちから感受性を育てるためにも、音楽に触れられる習い事に挑戦させてみましょう。

子供の習い事は音楽がオススメ!聴力を鍛えて心を育てる|東京(新宿・麻布・船堀)の音楽教室なら小林音楽教室