• 小林音楽教室 新宿教室
  • スタインウェイ
  • ストラディバリウス

東京(新宿、麻布、代々木、船堀)の音楽教室なら小林音楽教室トップ > コラム > 高い声を出したい人必見!自宅で出来るボイストレーニング

高い声を出したい人必見!自宅で出来るボイストレーニング

高い声が出にくいのはなぜなのか


理想とする高い声を出したいと考える人もいるでしょう。高い声を出すためのボイストレーニングを始める前に、なぜ高音が出しにくいのか原因を解明していくことから考えるとその理由が分かることがあります。その原因は、大きく分けて3つ考えられます。

1)息の量が少ない


ひとつは、声を出すときの息の量です。声を長い時間出そうとしたとき、吐く息の量が少しだと長く声を出すことができません。途中でどんどん声が小さくなってしまいます。
事前に吸い込んだ息の量が思っているより少なかった、もしくは声を出すときに体の軸が安定していないと高い声を出すときにしっかり息を吐き出すことができません。

2)喉の締め付け


もうひとつが、喉を締め付けている状態です。うまく高音を出せない人の多くは喉に力を入れてしまいがちです。この状態は喉を締め付けてしまうので、高音を出そうとするたびに喉が苦しいと感じてしまうでしょう。本来は必要のない力が喉にかかっていることで、喉を締め付けてしまいます。
高音をしっかり出すために必要なのは、喉を通る空気をたくさん流してあげることです。そのため、喉が締め付けられた状態だと声帯を震わせることができずに、高音が出にくくなってしまいます。声帯の近くに力が入ってしまうことにより、周りの筋肉が緊張状態になるため、空気の通りが狭くなってしまいます。

3)精神状態


最後にメンタル部分も原因であることが分かっています。声の高さは生まれつきだろうからと諦めてしまうことは、自分の中にある可能性を無くしてしまうことに繋がります。
ボイストレーニングで必要なことは諦めないことです。誰もが最初から上手にできるわけではありません。それでもいつかは高音が出せるようになると信じて自宅でもトレーニングを継続することが、一番の近道になります。

自宅でできる簡単なトレーニング法


毎日ボイストレーニングを続けることで、理想の高い声を出せるようになる力が付きます。その方法のひとつとして、リラックスした状態を作ることが重要です。精神的にリラックスできる状態を作り、さらに喉を締め付けて周りの筋肉が固くならないように、喉の周辺もリラックスさせましょう。これはボイストレーニングを始めるときに意識したいことです。

ため息の練習をする


ため息は、自分が本当にリラックスしてるかどうか確認するための方法です。体全体を使ってため息をついてみましょう。体をそらして息を吸って、大きくため息をつきます。これを何度か繰り返していくと、体や喉に入っていた不必要な力がどんどん取れていきます。この感覚を覚えることもトレーニングの一環です。

低い声を出す練習をする


次にエッジボイスといって、低い声を出すトレーニングをします。極限まで低い声を出すことで喉の緊張状態がほぐれます。リラックス状態を作るためのトレーニングを続けることで、リラックスした状態から声をスムーズに出しやすくなります。エッジボイスは、喉の緊張状態が解放されたときにはじめて出すことができる声です。

本格的なボイストレーニングを実践しよう


高い声を出すための準備運動ができたら、さっそくボイストレーニングを始めます。まずはロングトーンといって、一定の音の大きさのまま息継ぎせずに同じ声を出し続けます。この練習を続けていくと、これまでぶれていた音がだんだんぶれなくなってきます。ぶれなくなるのは呼吸に必要な筋肉が鍛えられている証拠です。

次にロングトーンに感情を乗せて声を出してみます。感情を乗せたときに、どんどん高い声が出ることを実感できるようになります。楽しいときや悲しいとき、怒ったときなどの感情を乗せてみましょう。

リラックスした状態で声を出すことができるようになったら、今度はポルタメントと呼ばれるレッスンを始めます。ロングトーンのレッスンの応用編です。ロングトーンをしながら、フっと勢いよく高い声を出してみます。いきなり高音を出すのではなく、徐々に高くしていきます。

これによって、声が低いのは生まれつきだからと諦めていた人でも高い声を出すことができるようになります。そのほか取り入れたいのが遠吠えです。オオカミや犬のような遠吠えをイメージして実践します。遠くの仲間に自分の声を伝えるイメージを持って、発声します。
これまで出ないと思っていた高い声が出るようになると、音域のある歌も上手に歌えるようになります。ちょっとしたコツと、毎日のボイストレーニングに
よってどんどん音域が広がり、自分に自信が持てるようになります。トレーニングを始めたばかりのころはなかなかうまくいかず、途中で諦めてしまいそうになりますが、継続していくと身に付く方法です。

憧れのアーティストの曲を歌えることを目標に立てれば、毎日のトレーニングも楽しくなります。自宅にいながら簡単にできるトレーニング法ですから、ぜひ今から始めてみましょう。さまざまなトレーニングについて指導を行っている音楽教室などもありますので、自宅でのトレーニングと並行して行うとより効果が得られます。

高い声を出したい人必見!自宅で出来るボイストレーニング|東京(新宿・麻布・船堀)の音楽教室なら小林音楽教室