港区でピアノ教室を選ぶ際のポイント

まずはインターネットで情報収集すること

港区にはピアノ教室がたくさんあります。そこで問題となるのは、どこの教室に通うべきなのかという点です。まずは、インターネットを使って情報収集するのがおすすめです。

港区にあるピアノ教室の多くが、ホームページを開設しています。こちらをチェックすると、教育方針がどうか、どのような講師が指導をしているのかなどをチェックできます。自宅に居ながらにしてチェックできるので、インターネットを活用する方法は効率的です。

また、ピアノ教室の中には、生徒が音楽学校へどのくらい進学したか、受賞歴があるかなどを記載しているケースもあります。このような実績のある教室の場合、先生の指導力が長けていることが分かります。

他にも、インターネットで情報収集する際は、教室のホームページだけでなく口コミもチェックするのがおすすめです。ホームページでは分からない情報が、口コミで紹介されていることもあります。

例えば、教室内の雰囲気はどうか、生徒同士は仲良くやっているかなどの情報が掲載されている場合もあります。もし友人でピアノ教室に通っている、または子供を通わせている知り合いがいれば、その方に直接教室の様子はどうなのか聞いてみるのも一つの方法です。

口コミは良いことばかりではなく、悪いことも書かれていますから、よりフラットな視点で教室の選別ができます。ただ、この口コミは匿名で投稿できますから、中には感情的な口コミが書かれている場合もあります。

そのため、口コミサイトに書かれている書き込みを全て鵜呑みにしないことも重要です。参考までにチェックする程度の感覚で閲覧しましょう。

先生との相性は体験レッスンを受けてみるのがいい

港区でどんなに評判に良いピアノ教室でも、自分に合っているとは限りません。どんなに良い指導者で実績があっても、そもそも相性が合わないというケースも十分考えられます。

この先生との相性は、インターネットだけで理解できるものではありません。港区にあるピアノ教室の中には、本格的に入会する前に体験レッスンを設けているところもあります。

もし体験レッスンを行っているのであれば、積極的に申し込んでみると良いでしょう。自分が通う場合でも、お子さんを通わせる場合でも、最初に体験レッスンを受けるのはおすすめの方法です。

自分が通うのであれば、楽しく学べそうか、先生の言っていることが理解できるかなどをチェックすると良いでしょう。

また、子供を教室に通わせたいと思っているのであれば、先生の指導法をチェックしてみることです。例えば、ピアノを演奏する際に柔らかなタッチで引いてほしかったとします。上手な先生であれば、雲のような感じでふわふわと弾いてみようなどと、子供でもイメージをつかめるような分かりやすい説明をしてくれます。

子供がしっかりと理解しながらレッスンを受けているかどうかの視点も大切です。これらは体験レッスンでも確認できますし、教室によってはインターネットなどの口コミがあればチェックすることができます。

また、子供を教室に通わせるにあたって、親の方針も人それぞれでしょう。そこで、自分の方針を教室側に伝えておくことも重要です。

子供を通わせる際には、子供と先生だけでなく親御さんと先生の相性も重要になります。そのため、お子さんを体験レッスンに通わせる際には、親御さんも先生とコミュニケーションを取ってみましょう。こちらの話をきちんと理解してくれるかどうかという点もポイントになります。

一旦持ち帰って冷静に判断すること

実際に体験レッスンを受けて、先生との相性も良さそうで、教室内の雰囲気も良かったとなると、体験レッスンが終わってその場で本申し込みをする方もいらっしゃいます。

しかし、このようなその場の勢いで安易に決めてしまうのは考えものです。どんなに良さそうと思っても、一旦考えを持ち帰って、家族などに相談して意見を聞いてから正しい判断をすることが大事です。一見すると良いレッスンだったと思っていても、冷静に考え直してみると色々と気になることが出てくるかもしれません。

子供に体験レッスンを受けさせた場合、親御さんはこの教室がいいと思っても、お子さんが異なる印象を持つこともあり得ます。

そこで、自宅に戻ってから子供がどう思ったのか聞いてみるといいでしょう。すると、自分が気が付かなかったり見えなかったことを子供から指摘されることもあります。

親子間でしっかりコミュニケーションをとって話し合ったうえで、この教室でお世話になりたいと思ったのであれば、電話などでコンタクトを取って本格的な入会手続きに進みましょう。

安易に即決してしまって入会後に後悔し、何度も教室を変えることになってしまったというケースも多くあります。一旦持ち帰って冷静な目で見直すことは、ピアノ教室だけでなく商品やサービス選び全般に共通することです。