歌唱力をアップするにはどうすればよいの?

歌唱力とは

あの人は歌唱力が高いという言葉を、一度は耳にしたり言ったりしたことがある人もいるでしょう。しかし、歌唱力が高いとはどういったことを指しているのか、定義が曖昧です。上手に歌うことができるか判断するために、カラオケの採点システムを利用する人も多いです。

誰が一番上手に歌えるのかを競うために、点数を競うという行為もメジャーに行われています。カラオケで高得点を獲得する人は歌唱力があると思いがちですが、実は違います。なぜならカラオケの採点システムは、音程やリズムが元の音源と正確に一致しているかを機械的に計測し、その結果を採点として算出しているからです。そのため、高得点だったからと言っても歌唱力あるとは限らないのです。

歌唱には、正しい音程、リズム感、声量といったような基礎的要素に加えて、表現方法やテクニックが必要になります。これらが全て均等に高いレベルであることで、歌唱力があるとする指導者も少なくありません。つまり、これら全てのバランスが良いことが、より多くの人々を歌によって感動へと導くためには重要です。

例えば、基礎的な歌唱スキルがいくら高くても、強弱などの表現方法が無く最後まで一本調子では、人に感動をさせる歌唱にはなりません。その逆も一緒で、テクニックや表現方法をマスターしたとしても、基礎的な歌唱スキルである音程やリズム感が劣っている場合も歌唱力があるとは言えません。

歌唱力を高めるポイント

歌唱力を上げるには、まず基礎的な歌唱スキルを高める必要があります。基礎的なポイントの一つが音程です。
音程を正確に取り、メロディーラインに沿って正確なピッチをキープします。この音程が不安定であったり、ピッチが合っていなかったりすると、いわゆる音痴という状態になります。

音程の他に、リズム感もとても重要なポイントの一つです。リズム感はセンスと同じで、人によって得意不得意が別れてしまいがちですが、練習することでリズム感は身につきます。そのため、自分はリズムセンスが無いからと諦めずに、練習して正確なリズム感覚を身につけましょう。

声域が広いことも上手に歌うために必要なポイントです。幅広い範囲のキーで歌えることで、テクニックや表現力の幅も広がり、歌唱力のアップに繋がります。自分の声の範囲や特徴をしっかりと熟知しておくことも大切です。

リズム感と同じく、声域もトレーニングによってある程度広げることができます。基礎的ポイントが上達したら、表現の仕方によってさらに歌にメリハリをつけます。より表現力を豊かにするには、感情を込めてたり強弱のアクセントをつけたりしてその曲に合った歌い方をします。

例えば、バラードのようなスローテンポで雰囲気のある曲調の時には、柔らかさや優しさのある声で感情を込めて歌います。ビブラートなどのテクニックを取り入れる、さらに雰囲気のあるバラードに仕上がります。アップテンポの場合には、はっきりとした発音や強弱のアクセントをつけることによって、力強さやスピード感があらわれます。いきおい任せにならず、スピード感を持ちつつ正しいリズムと音量で力強く歌いましょう。

歌唱力アップを目指すならプロの講師に学ぶ

もっと歌が上手くなりたいと思ったら、独学で歌唱について学び練習する方法もありますが、プロの講師に師事してもらうとより歌唱力アップへの近道に繋がります。講師の中には、プロの歌手として活躍している人や、数々のコンクールで受賞経験のある講師など、歌のプロフェッショナルと呼ばれる人々が在籍しています。

そういった実力のある講師からは、歌唱力はもちろんステージでの演出法やプロとしての強いマインドなど、独学よりもはるかに多くのことが学べるのです。より美しい声を出すための基本とも言える発声や呼吸法は、自分では注意していても日頃の癖が出てしまったり、間違いを見落としてしまったりすることも多くあります。

講師にしっかりと指導してもらって、正しい発声と呼吸法を身につけると歌唱力が上がります。歌を練習しようと思った時に、どんな曲を選択し、どんな練習を行ったら良いのかわからないという人も少なくありません。プロの講師がいる音楽教室へ通えば、声域や声質を判断して、その人に合った練習曲や練習法を教えてくれます。何をしたら良いのか悩む心配も無く、安心して練習に取り組めます。

さらに音楽教室の多くでは、ステージでのパフォーマンス力を伸ばすために定期的な発表会が行われています。発表会に向けて、ステージでの演出方法から人前で発表することに慣れるための練習ができます。実際にステージに上がって歌唱する経験ができるのは、音楽教室の大きな魅力と言えます。

他の人に自分の歌を聞いてもらえる機会や、他の人の歌を聞いて刺激を受けるのは、歌唱力を高めるための大きな成長に繋がります。歌唱能力を高める指導を専門的に行っている講師から指導を受けると、歌が上手になること以上のメリットがたくさんあります。