• 小林音楽教室 新宿教室
  • スタインウェイ
  • ストラディバリウス

東京(新宿、麻布、代々木、船堀)の音楽教室なら小林音楽教室トップ > コラム > 保育士になるために必要な音楽スキルとは

保育士になるために必要な音楽スキルとは

ピアノを演奏できる方が良い



保育士と言えば、ピアノを演奏しながら子供たちと一緒に歌う姿を想像する人は多いでしょう。
そのため保育士の資格を取得するには、ピアノを弾けることが絶対条件と思われがちですが、決してそうではありません。
保育士の資格を取る際には、ピアノ、アコースティックギター、アコーディオンの中からいずれかを選択できるため、資格取得の実技試験段階ではピアノが弾けなくても問題ありません。
ただ、いざ保育士の資格を持って面接を受けようとすると、ピアノを弾けることが採用条件として挙げられていることがほとんどというのが実情です。
そのため、資格試験には必要ないとは言え、弾けるに越したことはありません。


ピアノのスキルと言っても、レベルはさまざまです。
保育士採用の際に求められるスキルは、入門教則本修了程度とされています。
小さい頃から音楽に親しみのある方、大学で保育士を目指すための授業を受けている方は、特に問題なく身につけることができる程度のスキルです。


独学で保育士を目指す方の場合、ピアノになじみがあれば問題ありませんが、全く触れたことがない方は音楽教室などに通う必要があるでしょう。
最近ではインターネットにアップされている動画を使って、見よう見まねで弾く方も多くいます。
しかし、独学では独自の癖がついてしまうことがあります。
また、基本的な部分からしっかり学んだ方が応用も利き、難しい曲にもチャレンジしやすくなります。
そのことを考えると、少しお金をかけてでも音楽教室に通うのをおすすめします。
保育士になるための情報も手に入るため、一石二鳥です。


楽譜を読むスキルは身につけておこう



ピアノの上達のためには、楽譜を読むという能力がとても重要です。
読譜力とも呼ばれますが、極めることができれば、さまざまな効果が期待できます。
例えば、音楽には音の強弱が存在し、心地よく聞かせるために大切な要素です。
メロディーからも感じることはできますが、譜面をしっかり読み込めば、強弱の位置をはっきりと確認できます。
単に音符をなぞって弾くのではなく、強弱をつけることができれば、表現力という観点からも評価されるでしょう。


保育士として、読譜力を上達させるためには、いくつかの練習方法が有効です。
一つ目は楽譜をじっくり眺める時間を作ることです。
ごくごく当たり前のことですが、楽譜を読むのが苦手な方はこの工程が短くなっています。
楽譜を眺めて全体像を把握し、曲の大切な部分や難しい部分をチェックしておきましょう。


二つ目は和音に慣れることです。
ピアノ初心者の方がつまずきやすいのが、この和音です。
二つ以上の音が重なってしまうと難しさが増します。
見た目の形を覚えて、和音に慣れていきましょう。


三つ目はブラインドタッチです。
ピアノに不慣れなうちは鍵盤ばかりを見てしまいがちですが、それでは楽譜を読む力は上達しません。
慣れてくれば、鍵盤の位置は自然に覚えられるため、譜面に集中することを心掛けましょう。
まずは、片手ずつ練習するのをおすすめします。


読譜力は練習で身につきますが、もっと早く上達したいと考えている方は、プロに相談しましょう。
音楽教室では独学では身につかないスキルを教えてくれます。


弾き語りスキルは子供との距離を縮めてくれる



一般的には弾き語りと呼ばれるスキルですが、手と口を同時に動かすのはなかなか難しいものです。
どちらかに気を取られてしまうと、もう一方が止まってしまう可能性があります。
子供と一緒に歌を歌うことは保育士として重要なスキルであるため、おろそかにすることはできません。


演奏と歌、両方をうまくこなすためのポイントの一つは、行き詰まったらまずは演奏してみることです。
ピアノでもアコーディオンでもそうですが、最初から演奏しながら歌うのは簡単ではありません。
まずは演奏に集中して、演奏がスムーズにできるようになったら、歌を合わせていきます。
最初はリズムだけで、少しずつ歌詞をつけていくと良いでしょう。


二つ目は、リズム力とボーカル力です。
弾き語りの場合、リズムを取る能力と、声に出して歌うボーカル力が必須になります。
それぞれ個人の練習で高めることが可能です。
リズム力を高めるためには、メトロノームを使った練習法がおすすめです。
自分の演奏がテンポ良く、聴いて心地よいものになっているかを確認しましょう。
ボーカル力は、声量が大切になります。
歌がうまい方に共通して言えることは、声が相手に響くという点です。
リズム良く歌えていても、声が聞こえなければ意味がありません。
自信のない方は、音楽教室のボイストレーニングなどへ参加してみましょう。
発声練習をすることによって、相手に響く声が出せるようになります。


保育士として仕事を始めると、子供からはやりの曲を演奏してほしいとお願いされることもあるかもしれません。
そんな時にさらりと弾き語りができれば子供も喜び、自信もついて仕事がより楽しくなるでしょう。

保育士になるために必要な音楽スキルとは|東京(新宿・麻布・船堀)の音楽教室なら小林音楽教室