• 小林音楽教室 新宿教室
  • スタインウェイ
  • ストラディバリウス

東京(新宿・麻布・船堀)の音楽教室なら小林音楽教室トップ > コラム > 高音を手に入れるボイストレーニング

高音を手に入れるボイストレーニング

カラオケで歌が上手く歌えるようになりたい、自分の音域を広げたい、好きな歌の上手に歌いたいなど、それぞれの夢や思いがあってボイストレーニングは人気を博しています。
初めてボイストレーニングに臨む人はだいたい高音を習得したいと思い、高い声を出す事ばかりに必死になりますが、必要な知識を付けずに、ただただ高い声を出し続けて上手くなるものではありません。
子供が高い声を出して悲鳴を上げるのと、高音で美しく歌を歌うのはまったく違います。

歌はまず音感を鍛える事から始めなければ意味がありませんし、数学や英語と言った系統学と同様に、ひとつこなさなければその次に進んで行けないという特徴を持っているのです。
ですから、歌をいきなり始めるのも良いですが、音を聞きとる、音階を理解するという意味で楽器を使って教わるのもよいのではないでしょうか。
そのような方式で教える教室もよくあります。
これは音感を習得するのには最適な方法であり、なんとなく遠回りのように思われますが、これが逆に上達を早めるポイントにもなるのです。
音を上手に聞き分けられるようになったら、自分で声を発声するときにも大きく違いが出てくるのに気が付くでしょう。

音感を身に付けたら今度はリズム感を習得する事になります。
もちろん順番は教室によっても違いますが、どちらもボイストレーニングには必要な条件であり、どんなに高音を発する事が出来てもリズムがおかしければ美しい歌声にはならないのです。
これらも楽器による演奏をする事や鑑賞する事でも鍛えられますから、それを面倒だと思わずに必要な事として捉えて一生懸命学習する事が大切です。

また、歌を上手に歌うには声の出し方、力の入れ方、というものも大切になってきます。
ただただ声を出し続けて「慣れる」というような方法で上達した場合そのクオリティーは長続きしません。
一時歌わなかったら戻ってしまいます。
声を出すための技術とお腹に力を入れる方法とタイミング、このような細かい部分を基礎から教わるのはとても重要な事と言えるのではないでしょうか。

日本に限らず世界にはたくさんの音楽教室、ボイストレーニングの教室が存在しています。
ただ歌うだけなら家でも外でも出来ますが、身体の構造を理解して、一から教えてくれる教室を選択するのはとても大切です。
本当に上手になりたい気持ちがあるのであれば、そういった部分をしっかり吟味して比較するのを忘れないようにしましょう。

高音を手に入れるボイストレーニング|東京(新宿・麻布・船堀)の音楽教室なら小林音楽教室